講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

若いコーチはどうやって生まれる?

今日はU15ハンガリー代表チームがうちの体育館で練習していたので見てました。
トレーニングマッチをしているんですが、
監督が若いんですよね。
見た感じ、30歳前後。
審判しているスタッフは50歳前後。
日本では考えられないですよね。
どちらかと言えば年配の人間が総指揮をして、若い人がサポートというか、
雑務を含め全般をやるって感じ。
とてもじゃないけど、一番の年配が審判することはないよね。
なんでだろうね~。
若い人でもチャンスを与えてあげればいいのにね。
と思っていました。
そして、先輩がサポートに回るというね。
先輩がドンと構えてサポートしてあげれば若い人もやりやすいし。
日本の社会では年長者があーだこーだ言って気を遣いながらやってる感じでしょうか?
若い指導者の育成、日本では必要ですよね。
この前聞いた話。
不来方が春に全国制覇しましたよね。
監督は内記先生。
近年では最年少監督らしいです。
滝川先生が若い時に伊奈高校を全国制覇させて、
それ以降、滝川先生より若い指導者が全国制覇させていない。
それを内記先生がしたらしいです。
内記先生、何才だろう?
不来方で10年以上務めているしね。
でも、20代で全国制覇させるというのはかなり難しいですね。
新卒採用されることも難しいし、
採用されてもハンドボール強豪校に配属されることは稀ですからね。
教員という社会ではハンドボール人事に関わるまでには実績が必要だし、
それこそ、教育委員会のトップにコネクションがあればどうにかなるでしょうけど。。。
体育以外だとまた難しいしね。
日本でも指導者対象のスクールみたいなことをやった方がいいかもしれませんね。
講習を受けたら資格を出すような講習会ではなく、
ナショナルコーチアカデミーみたいなやつ。
いろんな分野の専門家を呼んでのハンドボールオリジナルのコーチ研修。
若いコーチがコーチになっていく過程を学べる研修。
ハンガリーにそんな制度があるのかどうかわかりませんが、
若いコーチが年代別の代表を指揮しているので、こんなことを思ってしまいました。
メカルが中学の時、港川中には功子先生がいて、東江さんがコーチでいて、3年の時には
小波津先生が赴任してきました。
功子先生が学校の現場で生徒の様子を見ていて、
東江さんがハンドボールを通しての指導をして、
小波津先生が、学校と部活動とで生徒に近い立場でサポートして、、、
すごく恵まれた環境でした。
小波津先生は当時30歳になってなかったし。
でも、ちゃんとした役割があって、その中で指導者として経験も積んで、
次の赴任校の神森でも全国制覇したし、U16の監督にもなったし、
若い指導者として日本の中ではトップですよね。
やっぱり、コーチングは生で学ぶに限るかもしれませんね。
でも、その中でしっかりと役割を与えてやらせてみるというのが大事。
コーチングは机上で学んだとしても現場で役に立てないと意味がない。
コーチをコーチする学者がいいチームを作るわけではないですからね。
大西先生は文武合一と言っていましたが、
机上で学んだことを現場で活かし、
現場で出た問題や疑問を、机上で学ぶというが大事。
文武両道でそれぞれを極めても、融合させて
互いにいい影響を及ぼさないことには現場で使えない頭でっかちな指導者になりかねません。
有望な若い指導者を優秀な指導者の下において、
現場で力をつけるのが一番かもしれません。
い指導者を積極的に起用していくことが大事かもしれませんね。
日本の指導者育成ってどうやったらうまくいくのでしょうか???
酒巻さんは車体の合宿とかをオープンにしていますけどね。
いろんな指導者の考え方などを見て聞いて、その人なりの
ハンドボール論を構築していくことですかね~
でも、ハンドボールの基本はこれ。
日本のハンドボールはこれを目指していきますよ。
というのが前提にあることですね。

画像は日本では学園祭の時期ということで…
この中に男の子がいます
メカルも犯罪にならないうちに女装したら可愛くなれたかな??(笑)
女子プロみたいになったかなー(^_-)-☆

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. 8番 より:

    先輩がドンと構えて、若い人がサポートに回るケースがホトンドですよね。二人三脚でやってるチームでも、年上の先生がどうしても主導権を握られてたりしていると思います。日本特有の風土なんですかね。色々考えさせられました。

  2. 稲葉です より:

    「年配の方を敬う」…というのは、よい意味で日本の文化の一つだと思います。
    一方で、私たち…いわゆる経験の長い(ベテラン?)の教員は若い人たちをいかに大きく育てていくか…が大切な課題だと思ってます。

  3. meka より:

    8番さん
    日本では若い人間が出てくると叩かれる風習?がありますよね?
    狭い島国だから、自分の地位を脅かす人間には敏感かもしれませんね。。。
    稲葉先生
    日本の良いところだと思いますが、そこにしがみつこうとする人間もいますよね。そこが改善されない限りは日本はやりにくい世界です。ただでさえ狭い世界なのに。。。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。