講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

4月 14日以外対応可能。

6月の依頼も来ていますので、

お気軽にお問い合わせください。

継続的にチームを指導できたらと思っています。複数回割を作ろうかと考え中…

3Fって知ってますよね?

今日はホームで昨シーズンまで所属したCegledとの試合
結果は33-26で勝ちました。
試合前、久しぶりに会う選手たちにあいさつして、
みんな「元気?ここはどうだ?」と声をかけてくれました。
みんないいやつで、本当に良かったと思います。
試合中でも目が合えばそれなりのやり取りをするし、
話しかけたりしています。
移籍してもこうやって話ができるっていいなぁと思いました。
こっちでは移籍が珍しいことではないので、
そういう意味では当たり前なんでしょうが。。。
試合の内容としては流れが頻繁にあっち行ったりこっち来たり。
3点リードしたかと思えば逆転されたりして
なかなかセーフティリードまで運べません。
でも、後半の中盤を過ぎたあたりからセットOFで点をとり、
セットDFでしっかり守れたうちのチームがリードを広げました。
メカルの出番は前半はなし。
試合前に今日は左45だから。と言われていて準備をしていたのですが、
前半はタイミングがなく。
ハーフタイムで監督に後半から行くぞと言われ、後半はスタートから
OF専門の時間を入れてずっと試合に出ていました。
OFではいい流れを作ることができたと思うけど、
ミスもしてしまったので反省です。
まだまだ信頼がないので2番手3番手という感じではない。
メカルでしょ?と思っても次の次くらいに呼ばれる。。。
特にDFで、メカルは守れないと思われているのでOF専門だったりします。
守ってもサイドとか。
DFをしてて、相手がフェイントをかけても付いていくことができるので、
ポジショニングをしたらメカルは相手がアクションを起こすまで待っているんです。
9m付近で。
でも、それだとダメらしくて、中途半端な位置にいるからダメなんだと言われます。
ここにきてまた、新しい課題ですね。
まだまだ伸びしろがあると思って、チャレンジしていきたいと思います。
できたことはより精度を高めて、
できなかったことはまたチャレンジして、次の試合に臨みたいと思います。
今日はカットインで2得点でした。シュート自体3本しか打ってないので、
もっと得点に絡んでいけるようにします。
でも、アシストや相手を退場にするプレイもあったので、
もっともっとプレイする勇気を持って取り組みます。
さて、タイトルの3Fですが、スポーツをする人ならわかりますかね?
メカルがこれを知ったのは中学の時でした。
中体連のマークが3つのFをデザインしたものだったんです。
Friendship
Fair play
Fighting spirit
の3つのF
スポーツを行うにあたり大事な要素ですよね?
今更説明することもないと思いますが、
こっちに来て、よりこれを感じるようになりました。
例えば、試合後にハイタッチして挨拶するんですが、
相手チームから「おめでとう」って言われるんですよ。
試合前は「いいプレイしような」的な感じ。
そして試合後には仲良く談笑する、みたいな。
相手を憎むほどに毛嫌いする。
ことを推奨する指導者もいると思いますが、
相手がいないことには試合はできないし、
相手チームは我々のチームを高めてくれる仲間だし、
同じハンドボールをする仲間です。
お互いに高めあって、その発表の場が試合という形で表れるのであって、
憎しみ合って、変なプレイして試合後にあいつがよ~。みたいな感じで終るのは
スポーツの本質からちょっと離れていますね。
もちろん、素行が悪かったり、スポーツマンらしくない言動をする選手、チームを嫌うことはありますが・・・
こっちに来て、こういう文化もあるよなーと。
日本はそういう面では、相手チームと口を聞いてはいけないとか、
負けた相手に対して祝福したりすることはないですね、あまり。
狭い日本で、狭い世界で生きているなぁと思いました。
もっとハンドボール全体のことを考えたら、
全力でお互いのハンドボールを表現して、その中で
勝った負けたの話だから、負けた相手に対しておめでとうと言えるだろうし、
勝った相手にいいプレイだったと言えるかも知れません。
そういう意味でもスポーツという文化的側面の発展が遅れているのかなぁと思ったりしました。
もちろん、ダーティなプレイをしてくる選手やチームに対しては祝福はできませんけどね。
皆さんの周りにあるスポーツで3つのFはきちんと表現されていますか?
倒れた選手に手を差し伸べたり、アクシデントで顔に当たってしまったら謝ったり、
そういうところから文化として発展していくんじゃないかなぁと思いました。
見ていて、そっちの方がいいしね。
お互いが口論したり、審判に文句ばっかり言うよりも。。。
さて、次の試合は水曜日。そしてまた土曜日。
プレイタイムを確保して、それでいて結果を残せるように準備します。
皆さんも素敵な日曜日を☆
国体に参加する皆さんはがんばってね。
その期間、合宿中の皆さんもがんばってね☆
優しい気持ちになれる動画。フェイスブックしてる人は見れるかな?

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1”; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); }(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));
<div class="fb-post" data-href="https://www.facebook.com/photo.php?v=1386525148247145” data-width=”550″>

<a href="https://www.facebook.com/photo.php?v=1386525148247145“>投稿 by <a href="https://www.facebook.com/kokoronokyukei“>ココロの休憩所 ~あなたに伝えたいこと~.

<iframe src="https://www.facebook.com/video/embed?video_id=1386525148247145” width=”620″ height=”360″ frameborder=”0″>

画像は歯の痛みにも効くかなと思って飲んだレオピン。(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. いづみ より:

    「試合で負けた相手を称える」本当に外国ならでは!だなぁ・・・と思いますね。私も、試合前や試合後はとてもじゃないけれど、そういう気持ちになれませんでしたから(^^;)
    相手がいてくれないと試合もできませんからね~。今となっては『感謝』ですねぇ。

  2. meka より:

    いづみさん
    メカルもこの年になるまであまり考えてもいませんでした。
    でも、コートの中と外ではやっぱり違うなぁと思います。
    友達だから馴れ合いになるというのも違いますしね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。