【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

コーチの称号

time 2013/08/31

今日は和田さんとお話してました。

その中でコーチングの話に。。。

ハンガリーのフェンシング界にはmesterと言われるコーチが存在するそうです。
コーチとしての存在が認識されているからこそ、だと思います。

その条件として、、、
オリンピック6位以内、世界選手権、ヨーロッパ選手権で3位以内に導いたこと。
コーチと選手が契約関係にあること。
ハンガリーの体育大学でコーチの専門の勉強を3年終えていること。
海外ではなく、ハンガリー人を上記の成績を収めていること。
そのコーチを年に1人だけ表彰されるらしいです。

年に1人ですよ!!!
コーチとして実績を残していても、いろんな勉強や条件を満たさないとこの称号は得られないんです。

どうですか??
コーチとしてこの称号を持っているとやっぱり一目置きますよね。

日本においてもコーチ資格制度があるんですが、どちらかというと資格を与えるための講習会で、受ければ出る資格みたいな感じ。

もっと言えば、筑波をはじめ、専門性の高い大学で特定の授業を取っていて、
講習を受ければ公認コーチになれます。

大学生でチームを指導したことない人間がなんでコーチという資格を得るんだ?という問いになりかねませんが、まぁ、得られるものは得ればいいと思います。

問題なのは、システムというか仕組みの問題です。
コーチとしての立ち位置がどうなっているんだという話です。

日本において公認コーチを持っていたとしても、
国体の監督になれるかどうかというだけです。
はっきり言って、実際の現場で役に立つわけでもない。。。

持っていなくても優秀なコーチはいるし、
持っていてもどうなの?ってコーチはいるでしょう。

でも、年に一人にしか与えられず、それだけの実績の条件があるとするならばすごいことですよね。
コーチとして目指すべきところもできるし、学び続けるという意味でもいいことなのかもしれませんね。

ただの経験則とか、政治的な根回しでなった人が優秀なコーチ。ではないですからね。
日本にも優秀なコーチはいる。
だけれども、必ずしもその人たちがトップの現場にいるとは限らないということですね。だって、コーチだけでは生活していくことが難しいシステムですから。
メカルも現役を終えたら、ハンドボールに携わっていきていきたいとおもいます。
出来ればコーチという仕事を持って。

だけど、今の日本でコーチとして本当にハンドボールの単独チームの強化をしている人間は片手で数えられるくらいです。
大学の監督も企業の監督もそれぞれの本業があってのコーチですからね。

でも、ハンガリーにおいても、上記の条件を満たした監督がそれだけで生活していけるかどうかというのはまた別の問題です。
プロのコーチとして生活できるのは、ナショナルチームのコーチだけで、一般的なクラブのコーチはそんなにサラリーをもらえていないと聞きます。

ハンドボールの場合はもらえているのでしょうけどね。

学校部活動にしてもハンドボール界にしても、情熱で支えられている部分は大きいです。
その熱をもっと波及させることができるように、
お互いが熱を発することができるように、
仕組み作りも大事かもしれませんね☆

画像は教育実習の時に生徒が作ってくれたもの
メカルの特徴がよく表れていますね(笑)

コメント

  • こんにちは☆
    いろいろ考えることはありますね…。自分ができることは精一杯子供達のためにやる…が、それだけではむずかしくなってきいる現状…何年子供達と一緒にできるかわからないけど、とにかくハンドボールを好きになってほしい、この想いだけは変わらずやっていこうと思います☆

    by クマ €2013年8月31日 5:47 PM

  • 日本では、ハンドボール選手は基本的にはどこかの会社に属していて、会社の仕事もされてますもんね。監督やコーチも一緒ですかね~。
    ハンドボールにせんねできるシステムづくり…。
    うーん、どうしたもんか。
    確実なのは、銘苅さんは、生徒さんたちから恋されてます(^_-)-☆

    by うめ €2013年8月31日 9:57 PM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。