講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

あなたは難民を感じることがありますか?

img_6685

今日はスペイン語教室。

そこにはシリア人が5人います。

アジア人に興味を持った一人がメカルに話しかけてきます。

「日本人が何しに来てるんだ?」

もちろん、ハンドボールというのですが、

わざわざスペインに来て??とびっくりされました。

皆さんご存知の通り、シリアは国内が大変な情況です。

彼が言うには政府がとんでもないらしい。

シリアで何をしてもどれだけ稼いでもいい。

政府は関係ない。税金も取らない。

だけど何もしてくれないとのこと。

トヨタの車を1000ドルで買っても、

政府に1500ドル払わないといけないって言ってた。

だから国外に出ているとのこと。

シリアの中でもこちらに来れるということは

ある程度裕福な部類だと思います。

レバノンまで車で行き、

そこからエジプトに入り、アルジェリア?モロッコを通ってスペインに来たとのこと。

命がけで国を出て、スペイン語を学んでいる。

本当に大変なことですね。

昔は日本でも移住政策があった。

南北アメリカやそれこそ満州とかにも移民しました。

沖縄の人もブラジルとか南米に多く移民したと聞いています。

しかし、それは仕事があると信じているからですよね。

シリアは命の危険があって、

国の未来に見通しが立たないから否応なく、、ですよね。

政府にコネクションがある人は何不自由なく暮らせるけど、

それがないととてもじゃないけど、、、って言ってました。

今年、シリアと試合したんだよって言ったら、

彼らはみんな政府とつながりがあるんだって言ってました。

スペインに来てこんな感じで難民を感じるとは思いませんでした。

でも、日本では感じないことですね。

生きていくためにスペイン語もがんばるわ。。。

彼らは同時に英語のクラスも受けるらしい。

生きていくというのは大変なことだ。

日本という国は本当に平和でいい国だと思った。

メカルももう少し目標高く生きようと思いました。

しっかりと踏みしめていかないとね。

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。