講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

肩書きは強みか?肩書きを勘違いせずに誇りに思えるようにしたいものだ。

img_2003
めかるさんてこれ言ったらなんかよろしく無いだろうなとかってことでも
平気で言うじゃないですか?
でもめかるさんの今の立場は【日本人でトップレベルの海外プロ選手】 だから、
そこまで自分の価値を高めたからこそ、
多少影響力のある言葉を発信したとしても強いじゃないですか??
だからなにが強いってめかるさんは外から誰が見てもわかる価値を持ってるわけですよ。
それって強くないですか?
きっと、その中身をその人は聞きたいんだと思うけど、
めかるさんを強くしてる要因ていっぱいあるじゃないですか?
だからこれって言うのはハッキリ分からないけど、
肩書き的なのが持てればそれは十分強さですよね。
ってコメントが来ました。。。

それに対して、、、

ちょっと待って。 メカチャンの中でそんなこと言ってた??
一応いろんな気を遣って言葉を選んでるつもりだけど…(´・_・`)
 言葉というのは、抽象的で、受け手がどんな状況かというので心に響いたり、
に拒絶したりするよね。
もちろん、発してる人間の価値が、言葉の付加価値になるけどね。
言葉はただの表記だからさ、それにどう意味をつけるのかは、
発した人と受け手の関係だよね。
夢を持ってがんばる。
って、全てを諦めたホームレスが言っても説得力ないけど、
苦労に苦労を重ねて夢を実現させた人が言えば、ただの表記が力を持つよね。
君が言う通り、肩書きは大事かも。
これまでメカルも言われてたよ。
海外で結果を残しても、
「なんで日本代表じないの?あとは日本代表に入って活躍してほしい」
って。 日本の社会では海外での活躍よりも日本代表としての活躍の方が評価されるからね。 肩書はメカルも欲しいくらいだけど、
お金では買えないという価値があるからね。
肩書きが強さになるとしたら、運や縁も大事だし、
強さを育むのは責任感とか立場かもしれないね。
その場に立って、がむしゃらに何かをして、
その中で育まれたもの、結果としてついてきたもの、
それがその人の強さと言えるかもしれない。
客観的に見て、力があるというのは肩書きもあるね。
これで明日のブログができたわ(笑)
あとね、メカルはどうでもいいことは言わないよ。
興味がないことは言わない。 ようにしてる!!(笑)
というやり取りをしていました。
メカルは一役一人といつも思っていますが、
グループとかにするのではなく、
その役職を一人に任せることで、責任感も出て、
やるべきことがはっきりするのではないのかな。。と。
その責任の中で育まれる力というのが
強さになるかもしれないし、その結果として肩書がつくかもしれない。
メカルに肩書きがあるかどうかはわからんけど、
いまのメカル、偉くもなんともない。
櫛田さんとも話したけど、
日本リーグの選手はプロ選手ではない
だけどトップリーグ選手ではある。
トップリーグ選手だけれども、偉くはない。
偉くはないけど、すごい選手ではある。
べきである。
日本リーグ選手という肩書きは偉くない。
すごい、憧れという存在にはなるけど、偉くはないですよね。
そこに勘違いをするのはよろしくないけど、
自分の言動が影響力を持っているという認識はすべきだし、
そこの部分の肩書は強みとして持っているべきですね。
皆さんの肩書はどうですか?
どこ中の誰?どこ高の誰?どこ大出身の誰?
何組の誰?
ハンドボール部の誰?
〇〇さんのところの息子さん?
強みというか、誇りは常に持っていたいですね。
画像は六大学野球のポスター
なんか、肩書きを誇ってるのがわかりますよねー。
明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。