【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

銘苅さんが考える強さって何ですか?の質問に対して考えてみた。

time 2016/10/05

銘苅さんが考える強さって何ですか?の質問に対して考えてみた。

img_5445

フェイスブックで質問がきたんです。。

銘苅さんが考える強さとは何ですか??と。

フィジカル的なことなのかメンタル的なことなのか、

そもそも強さの定義とは何なのか??

 

考えてみるけど、なかなか難しいですね。

 

どうなんだろう。

難しい。

でも、最近、メッセージのやり取りでもしたんだけど、

シンがあることかなと。

物事に取り組む時、その姿勢にシンがあることが大事かと思われる。

 

真:まっすぐであること

清:清らかであること

親:やさしくあること。

深:深みがあること。

芯:ぶれないものがあること。

信:自分を信じ切れること。

進:勇気をもって前に進めること。

新:新しいことを怖がらないこと。

伸:自分を高めるために取り組めること。

神::やることやったら最後は神頼み

心:そこに心がこもっていること。

 

抽象的かもしれませんが、

取り組みとかその姿勢にシンがある人が強いのではないかと思って。

横道にそれてみたい時もある。

誰かがインチキしてたら自分もしたくなる。

別に見て見ぬふりもできる。

表面的なきれいごとを並べて終わらせたいときもある。

自分のすべてを否定されそうなときもある。

これでいいのかって疑問に思うこともある。

後ろ向きになるときだってある。

誰だって、今までの自分に新しい変化を起こすのは怖い。

厳しい道とラクな道ならラクな方を選びたくなる時もある。

できることはまだまだあったのに、そんなときだけ神様が出て助けてくれたらうれしいことはない。

どうでもいい。適当で別にいっか。って思っちゃうときだってある。

 

そんなとき、強い人はシンをもって取り組めるんだと思う。

流されるままに受け入れることも大事。

だけど、情況によって、対象によって、人によって

自分の立ち位置を損得で考える人は、、、

強い弱いというか、ちゃらんぽらんな感じ??

常に強い側に立って、自分は何もしていないのに、

周りに合わせて弱い人を見下してる人、いませんかね?

そういう勘違いしてる人、結構数いますからね。

 

昔の人は強かった??

特攻隊の人たち、強かったと思う。

遺書を読むと、本当に泣けてくる。

 

自分がこの国を守ると思っている。

自分が死ぬことで国が良くなると思っている。

家族が死なずに済むと思っている。

大事な人の幸せを願っている。

 

本当は死にたくない、逃げ出したいこともあったと思うけど、

それを受けいれて遺書を残す。

シンがあるなぁと思う。

強いなーと思う。

 

人は基本的に弱いです。

メカルだってないものねだりをするときもあるし、

すべての原因を外のせいにしたいときもある。

 

メカルにはどんなシンがあるだろうか。

どんな強さがあるだろうか。

 

強い人の定義は人それぞれ。

 

みなさんが考える強い人とはどんな人ですか?

メカルはしゃべりすぎてしまうので、

短くまとめ切れていませんが、

くどい!ではなく、幅広いと思ってください(笑)

よくドリカムでどの曲が一番好きですか?

って聞かれるんですけど、

その時その時の情況によって一番は違うんですよ。

だから、情況によって、強さを感じることも違うかもしれませんね。

 

強くなりたい、と思っている時点で弱い。

弱さを認識しているからこその強さもあるはず。

その状況下でのベストを尽くす。

不完全の中の完全を目指す。

それは大事にしていきたいです。

 

あれ、短くまとまったかな(笑)

 

画像は今年の一月、バーレーンにて。

成田が西田くんみたいになってる(笑)

今年もあと3か月。

早いねー。。。

 

明日という日もこれまでの続き☆

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。