10分の1.Bリーグ開幕。スポーツ観戦チケットは「当たりますように」な宝くじじゃない。

10分の1.Bリーグ開幕。スポーツ観戦チケットは「当たりますように」な宝くじじゃない。

100217_223200

プロバスケットボールリーグのBリーグが開幕。

みなさん、フジテレビ系で生放送されたらしいですが、

ご覧になりましたか??

メカルはもちろん見てないのですが、

現地に行った方から動画をもらいました。

選手紹介の様子がこれです。

 

なんかワクワクしますね。

ドイツブンデスリーガの入場にも負けないと思います。

それこそ、世界選手権のような入場シーン。

素晴らしい!!

会場に来た観客にはLEDライトが配られており、

一斉制御で色が変わる仕組み。

会場には特別特典のシャツで2色に分かれて見事。

選手も興奮するでしょうね。

この映像を見たら、会場に行ってみたいと思います。

 

日本リーグの開幕戦。

一番入った山鹿で1000人ちょっと。

入っていない会場では400人ちょっと。

Bリーグの10分の1になっています。

もちろん、開幕戦にかけたお金は、、、

何十分の1になるでしょうね。

 

Bリーグのチェアマンが言ってました。

4年以内に1億円プレーヤーを輩出すると。

現状はマックスが推定5000万。

最低サラリーが保障されていて300万です。

野球に比べてバスケットは確保する選手の数が少なくて済む。

だから15億あれば絶対に赤字になることはない。

その15億をねん出するためには

  • チケット5,4億
  • パートナー協賛6億
  • 配布金1,5億
  • スクール売り上げ0,8億
  • グッズ収入0,9億
  • その他0,4億

これを達成して15億。

 

実力よりも経済力を重視してのBリーグ加盟審査。

エンターテインメント性を大事にしていることがわかります。

 

スポーツ観戦は宝くじじゃないんです。

当たるか当たらないかの一か八かでチケットを買うわけではないです。

当たりはずれでチケットを買うわけではない。

そこに行けば必ず何かがある!!

そういう確信と楽しみをもってチケットを買うんですよね

ディズニーランドに一か八か、

今日は当たりかどうか、なんて考えていかないですよね。

でも、そこに行けば非日常の何かがある。

会いたいミッキーやプーさんに会える。

そこでしか買えない何かがある。

ダンスや歌など、みんなでやったら楽しいことがある。

その楽しみがある。

 

ハンドボールの会場もそうだ。

競技スポーツなので、勝ち負けがあります。

でももし、応援しているチームが負けたとしても、

そこに行けば楽しい。何かある。

そんな空間が求められる。

もちろん、選手が素晴らしいプレイをして

ハイパフォーマンスを表現することが前提で求められます。

 

Bリーグの開幕戦に沖縄からは2000人が駆け付けたそうです。

それくらいキングスへの期待があるんですよね、

東京に行けばキングスが見れる。

そこに行けば何かがある。

そういう楽しみもありますね。

 

ネット配信もあります。

ソフトバンクなら月額500円で他のスポーツも見放題。

ハンドボールもお金を取って配信するべきだろうなー。

アーカイブも残すんだったら、会場に行く必要もなくなってくる。

それでいて、選手の入場や会場のエンターテインメント性がないと、

それこそネットであとから見よう―ってなっちゃうしね。

生は無料だけどアーカイブは課金性とかにすればいいのにね。

まぁ、メカルが考えることではないけど。

 

Bリーグのチケットは20万円から5500円まで。

それが完売して追加販売もあるんだから驚きです。

開幕戦のためだけのHPもあるんだから驚きです。

すでにFacebookページもあるし情報拡散の準備は整っています。

ハンドボールの場合、

プレーオフの決勝で、

二日間の通しでも5500円が高いと感じる人は多いでしょうね。。。

 

Bリーグを見習って、、、なんて言えなような距離感もありますが、

成功のモデルケースとしてハンドボールもどうにかしていきたいですね。

川淵さんが最後の挨拶で言っています。

「皆さんどうか力を貸してください」と。

さて、今後どうなるでしょうか?

 

画像は大学生の時にペクさんと撮った写真。

もうね、ペクさんを見に行く、そんな価値がある選手です。

そこでミーハー発揮して写真も撮ったもんね~。

好きな選手がいれば、ハンドボール会場、楽しんだよなー♬

 

明日という日もこれまでの続き☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。