講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

心の栄養とは何か?たった一言が人生を変えることがある。あなたは信じていますか?

img_6268

たった一言が人生を変えることがある。。。

と思いませんか???

ばーつくのメカルの後輩が教えてくれました。

「中学の時に銘苅さんにハンドボールを教えてもらって筑波を目指しましたー。」

メカルは車体にいる時からあちこちでハンドボールを教えたりしてた。

だから、いつ、どこで、どんな練習をしたのかメカルも忘れてしまっている。。。(笑)

でも、その時の記憶が強烈に残ってるらしい。

そこで聞いたんですよ。

どんなことしてた?って。

そしたら、練習は基本的なことなんですけど、

「練習だけの練習じゃ意味無い」

「ダラダラするんなら帰っていーよ。」

「やる気ない人に教えるほどメカルは暇じゃないんだ」

とかも言ってたらしい。

笑える。

初対面の中学生にそんなこと言う??(笑)

でも、

あの講習会があったから、練習の取り組み方も変わったし、

ハンドボールに対する意欲も大きくなりました。

と言ってくれる中学生もいるんです。

中には、なんだあいつうっぜ―うるさい奴だな。

って思った中学生もいたかもしれない。

たった一言で人生が変わるかもしれません。

良くも悪くも、、、です。

身体の栄養は食事です。

しっかりとした食事をすれば、しっかりとした身体になります。

心の栄養は言葉です。

人からかけてもらった言葉、本で読んだ言葉、映画で見た言葉。

それら言葉を心の栄養として継続的に摂っていると、

心も豊かになっていくことでしょう。。。

もちろん、それを感じる感性というものが一番大事なんだけれども。。。

皆さんは何か一つ、心に置いている言葉はありますか?

心の栄養を積極的に摂取していますか?

尊敬する人、好きな人と話をする。

いろんな分野の本を読んでみる。

映画やドラマの中にだって名言がたくさんあります。

きょうは会社休みます。

の中で

傷つくことを恐れるよりも、変化できない自分を恐れた方がいい。

という言葉。

野ブタをプロデュースから

明日やろうはバカ野郎。

などなど、メカルもブログとかによく書きます。

いい言葉がいい心を育みます。

悪い言葉を使っていると心も荒んできます。

いい言葉、使っていきたいですね。

しかし、中学生に

「やる気のないやつに教えるほどメカルは暇じゃないんだ」

なんていうのはどうかと思うけどね。。。

言葉というのは、自分が知ってるもの以上のものは出てきません。

しかし、美辞麗句を並べて言葉だけを発してもまた、心の琴線には響きません。

最終的には何を言うかではなく、どう伝えるかですからね。

そのツールの一つとして、言葉があるんですよね。

使えるものは使った方がいい。

使える道具が多い方が、情況に合わせて取り出して使い方も工夫できる。

でも最後はシンプルだったりしますけどね。

それはもう、言葉の選び方も、発するタイミングも、、、

センスだわ(笑)

タイミングも大事です。

皆さんの人生の最善のタイミングで、素敵な言葉に出会えますように。

素敵な人や本や出来事と出会えますように。

その栄養を日々の活力に、頑張る力に変換できますように。

心の栄養を自然界から摂れないから、名言集とかが流行るのかしら。。。

のサプリメント、、、ありかな(笑)

画像は浦添中の全身インパル少女。

インパラーガール。

隣にいた子もタオル持って持参。

この時の出会いが何かを変えるか??

浦添中とか毎年当たり前のように行ってるからな。

また来たよ、あの人。とか思われてるかもね。

それはそれでいいんだけど。(笑)

明日という日もこれまでの続き☆

↑これはこの一年のメカルの中の栄養補給です。(笑)

シェアする

フォローする

コメント

  1. 上田 成樹 より:

    リーグ開幕初戦、勝利でいいスタートダッシュきれましたね。
    試合を散らかしてしまったってコメントありましたけど、体のキレはどうでしたか?
    新天地ということと、スペインリーグの特色など体で感じ取ることはできましたか?

    本当に毎日のコメント、参考になり共感出来ます。
    心の栄養………
    僕はすごく大事にしていて会社で部下に発する言葉も結構考えて発してます。
    人に伝えるには、どのタイミングで・どのトーンで・どんなスピードで・どんな言葉で。
    難しいですよね。自分の娘・息子にも最近は言葉を送るようにしています。
    まだ高校生と中学生なのでどこまで理解してくれているか・・・???
    でも、『アノ人のアノ時のコ・ト・バ』が数年後にその人にしっかりと残っていることありますよね。

    淳さん、京田辺市にも講習会来て下さいよ(笑)
    息子に人生変える体験とコトバを下さいよ(笑)

    ■目標がその日その日を支配する■

    • mekaru atsushi より:

      身体はまだキレてはいませんね。日々の生活とトレーニングを見直さないといけません。
      人の上に立つということは、いろんなものを伝えていかないといけないので、言葉のチョイスは難しいですね。
      でも、独裁者は演説がうまいです。話というのは、言葉というのは人を引き込みますからね。
      言葉もいい方向性をもって使うと万人に良いものを促せると思います。。。
      講習会は呼ばれてタイミングさえ合えばどこでも伺います。
      その価値があるかどうかはお声掛けくださる人次第ですけどね。

  2. takahashi より:

    あーはじめの頃 小学生に言ってたなぁ
    (笑)
    帰っていいよとか(゜▽゜*)
    暇じゃねーんだとか
    40過ぎてたのに(笑)

    心に残る言葉、、、
    いっぱいある

    体は衰え、輝きは失せてゆく

    取り替えの利く人形にはなりたくない

    ZIGGYですなー(笑)

    人生は死ぬまでの暇潰し

    みうらじゅん(゜▽゜*)

    うーん、斜め後ろ向き
    (´・ω・`)

    • mekaru atsushi より:

      帰れなんてハンガリーでも言ってました(笑)
      世界中でどこでも言うんですね。でも、嫌な思いをするためにハンドボールコートに来てるわけではないので、
      気分が乗らないのなら、帰った方が幸せかもしれません。。。

      • takahashi より:

        うーん、はじめの頃は本当に頭にきたんだけど今はそうではなくて、ハンドボール以外にも好きなことあるでしょう?
        俺もゲームとか好きだよ、皆は?

        ピアノ
        友達と遊ぶ など

        だから、やる気がないなら(時は)俺も君達も体育館には来ない方がいいんだ。(居ない方が)
        来るならやってくれと、言ってますけどね。お互い気分悪くならないでしょ?と本気で言ってます
        さすがに、今は初対面の子に言いませんけどね

        • mekaru atsushi より:

          それもどうやってモチベートするのか、小学生でもわかる言葉でやる気を起こさせるのか、という部分で過去の自分は未熟だったと痛感しています。

  3. 明日へ より:

    言葉は言霊なので、とても良いと思います。
    例えば…自信をなくしてる子がいる時に
    銘苅選手に、たった一言頑張れって言われるだけで…もしかしたら、その子の人生が変わるかもしれませんよ
    是非、教えに来ていただきたいです…

    • mekaru atsushi より:

      できるだけ子どもたちがハンドボールをしている場所に行きたいとは思っています。
      自分が何かできるかどうかは別として、筋肉すごーいでも、シュート速ーいでも何でもいいから、
      残せるものがあれば。。。それが一つの言葉ならもっといいですけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。