機関誌に登場の大学同期の柄谷氏.他競技専門の記者からハンドボールはどう見られているか??

昨日はハンガリーの育成事情ということで、

たくさんの方がお読みくださったようです。

シェアもたくさんあり、

日本以外の現状を知ってもらういい機会になったのではないかと思います。。。

鷲尾さんがまとめてくださった記事で恐縮です(笑)

今後もガンガンシェアとかお願いします☆

 

話しを変えて、、、

みなさん、日本で一番発行部数の多いハンドボールに関する書物をご存知ですか??

 

正解は、「機関誌ハンドボール」です。

なぜならば、日本協会から登録しているチームの代表等に隔月で送られてくるからです。

中には、いろんな登録をしているので、一度に4冊届く人もいるみたい。。。

そういう方は、、、協会に連絡して一冊にしてもらった方がいいですね。

送料もただではないし。。。でも、そういうの、、面倒なんですよね。(笑)

 

この機関誌には、日本協会が主催した大会のレビューや、

監督、キャプテンなど選手の寄稿、などがあります。

その中にですね、なんとですね、

メカルの大学の同期が寄稿してるんですよ。

筑波の同期で彼はバレー部でしたが、ハンドボール部の人間とも仲良くて、

友達の少ないメカルとも仲良くしてくれました。

いまは共同通信で記事を書いています。

そんな一流記者がハンドボールのことを書いています。

img_1929

選手はなかなか機関誌を見ることがないですよね。

チームスタッフ、関係者の皆さんも、

機関誌の隅々まで読み込む人はなかなかいないと思いますが、、、

ぜひご一読ください。

男子バレーと男子ハンドボールの比較をしながら記事にまとめています

 

この画像を送ってくださったのは愛知県の先生。

ご自身はハンドボールが専門ではないけれど、

一生懸命に生徒たちとハンドボールに没頭している熱心な先生です。

選手も大事だけど、指導者も大事。

やったこともないけど部活動の顧問になってしまった、、、

でも生徒と一緒にがんばりたい

という先生は、沖縄にだっているんですよ。

全国にたくさんいるであろう、

そういう先生方に対してもアプローチは大事ですね。

銘苅淳のハッピーハンドボールを協会に公認してもらうか。(笑)

 

みなさん、日本協会には機関誌をまとめてくださっている人もたくさんいます。

届くけれども見てはいない、、、という方は、

これを機にぜひ継続的にご一読ください。

 

明日という日もこれまでの続き☆

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。