講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

ユースの選手たちありがとう。バーレーンの皆様、ありがとうございます。

IMG_6362

頭の中JET!!心の中JET!!

好きが噴き出す!!

という感じな楽しく興奮する試合でした。

今日はネットでユースのアジア選手権を見てました。

準決勝、韓国戦

結果は1点差での勝利。

前半からリードを重ねますが、

試合終盤に追いつかれてしまいます。

しかし追い越されることなく、我慢して試合を運び、

ラスト10秒で決勝ゴール。

この試合は何といっても、キーパーがよく止めた。

二人とも誰が出てもよく取ってた。

ノーマークシュートをことごとくセーブして、

終盤、テクニカルミスを連発したときもチームを救いました。

韓国も1;1などフェイントがきれる選手がいましたが、

良く守っていたと思います。

後半の中盤から終盤にかけて、

シュートが打てない時間帯が続きましたが、

強気で攻め続けた選手の強さが出たと思います。

右バックの徳田廉之介は何点取ったかわからん。10点はとったんじゃ??

ミスもいっぱいした。

だけど、勝負どころではしっかりとシュートを決めていたし、

メカルが監督でも彼はミスをしたとしても外さないと思う。

チームとしてもよくまとまっていたしね。

前半の速攻で徳田が打ったシュートがバーに当たり、

リバウンドを拾った2番の選手。

韓国の選手3人くらいいたけど、身体を投げ出して飛込み、負けずにとった。

彼はポストで何度もオフェンスファールを取られていたけど、

しつこく仕事をしていたし、見えないところでかなり貢献していました。

そのほかにもみんないい仕事してました。

試合終盤になると、観客席で応援してくださっている皆さんも総立ち。

思春期の中学生も就学前の子どもたちも。。。

試合後は涙を流して喜んでいる方も。

そういう想いが選手に伝わっていいプレイにつながるのでしょうね。

バーレーンの日本人学校では今年一月以来、

学校体育の中でもハンドボールを取り入れてくださっているそうです。

そういうハンドボールへの親近感が、

代表を応援するというモチベーションにもきっかけにもなるのでしょうね。

バーレーンの皆様。本当にありがとうございます。

そして、アンダーカテゴリーの試合を見てこんなに熱くなったのは初めてかも、、、

選手の皆さん、スタッフの皆さん。

本当にお疲れ様でした。

そして世界ユースへの出場、おめでとうございます。

だけど、このメンバーで世界ユースに行けるわけではないと思います。

若干の選手の入れ替えもあるでしょう、、、怪我もあるし。

なので、このメンバーで試合ができるのもあと一回だと思っていい。

このチームが好きでしょうから最高の状態で臨む準備をしてほしいですね。

スタッフにはケニー先輩がコーチで帯同しています。

トレーナーは代表でもお世話になった飯田さんです。

選手の名前とか、ごめんけど、あんまりわかんないけど、

めっちゃがんばってほしいなーと思います。

あ、日曜日恒例のメカチャンですが、

明日はチームメイトに誘われてちょっと外に出るんです。

だからこちらの午前中にしようかな。。。

って、話すことが決まってないんだけどね。

メカルとトークしたい人、募集します。(笑)

いないなら、中止で☆

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. 上田 成樹 より:

    こんにちは。

    数日前に初めてコメントさせて頂きました。
    スペインリーグ開幕!がんばってください!

    今回は、前回少しコメントしました我が町(京都府京田辺市)のハンドボール事情についてお話させて頂きます。
    興味があれば最後まで読んでください。

    我が町には9つの小学校があり、その全てにハンドボールクラブがあります。
    この背景については省略しますね。
    で、全小の全国大会をこの町で開催しているにも関わらず、手厚いサポートが一切ない。全国から来京して頂くのに宿泊施設は不十分、試合前のアップする会場すら無い、さらには、全国大会を開催する体育館がしょぼい!
    これでは今後も全国大会を開催する意義があるのか!意味はあるのか!って感じです。

    そうは言うものの、ハンドボールは盛んで、これら9つの小学校でハンドボールを経験した子供たちが中学校へ入り、半分以上の子供が引き続きハンドボールを部活動として選択します。
    でもなー……。
    我が息子の中学校も地区大会から勝ちあがって全国大会に出場するのはいいが、上位に勝上ることができない。これほど小学校から経験を積んでいる子供たちがいるにも関わらず。
    要は、ハンドボールをやる環境はあるが、あるだけで活用出来ていない。普及させる方法を知らない。中途半端な京田辺市の力の入れ様が今の現状。

    そこで、いくら一市民がこのテーマを考えても周りへの影響力は無い。
    そこで、いろいろとすべを探しているときに淳さんのこのブログを知りました。
    淳さんの考え方がすごく共感できて、毎日拝見しています。
    何かアドバイスを頂けると幸いだなぁと思い、メールさせて頂きました。

    ~目標がその日その日を支配する~

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。