ハーフタイムはどうやって過ごすか??より良く後半を迎えるために。

IMG_6348

さて、今日から9月。

9月というと、もう秋。

な感じですが、メカルが住んでるところは夜12時を越えても30度あります。

全然秋っぽくないし。

秋らしいさんまとか、いもくりかぼちゃを食べたい。

できれば美味しいスイーツで食べたい。

 

さて、今日は社会人選手権の映像を見ました。

湧永製薬さん、いつもありがとうございます。

結果は1点差でトヨタ自動車東日本が勝ちました。

20-19でしたね。

他の試合は30点以上を取り合っていたのですが。。。

 

一つ気になったのが、、、

ハーフタイム。

ハーフタイムは15分なんですが、

その使い方がさ、あんまりよくないと思う。

試合に出ていない選手は身体を動かさないといけないと思うけど、

そのテンションというか強度は低い。

もちろん、映像の中でしか見てないけど。

ハーフタイムの練習で会場中がどよめくシュートを打てとは言わないけど、

後半スタートからいけまっせ!!!

という感じのアピールにも似た動きはだいじじゃないのかな??

メカルは前半出番がなかったら、ハーフタイムで更衣室にいかないもんね。

後半に向けて身体を準備させる。

試合に出ていた選手もほとんどずっとベンチに座りっぱなしなんだよね。

30分動いて、15分座りっぱなしだったら、

後半のスタートは動かんぜ、身体。

もちろん、疲労とかは人それぞれだけどさ。

なんか15分のハーフタイムを持て余してるような。

選手が持て余しているなら、観客は間延びして退屈してしまうよね。

まぁ、メカルが言うことじゃないけど、

そういう意識というか使い方を上手にしていかないと、

海外とかでプレイするときに戸惑っちゃうからね。

 

そもそも、ハーフタイムで大事なことは

体力の回復と頭の休憩。

戦術的な前半の反省と確認、後半への修正と改善。

チームとしての戦い方の共通認識の確認。

ハーフタイムで怒鳴り散らしても、

だからお前たちはダメなんだと言っても、

逆速攻で10失点していても、

すぐに後半は始まるのです。

 

後半に向けて身体を休めるためには水分やアミノ酸、エネルギーを摂るかもしれません。

戦術の変更をするなら、選手の起用を変えるかもしれません。

ベクトルが違った方向に向かっているなら修正しないといけません。

大事なことは、チームとして闘う準備をするということですね。

そのためには個人的にできることはしなければならない。

後半でいいパフォーマンスをするための準備をしないといけない。

 

一度クーリングして、身体を冷やしすぎないようにしながらも

顔を拭いたり氷を使ったりしてリフレッシュして、

頭もクリアにして、それでいて、闘う準備をしないといけない。

指導者の言葉かけや戦術変更だけがハーフタイムではないですからね。

もちろん、相手チームも対策をするでしょうから、

前半と同じで、このままやればいけるぞ、

という指示は危険ですね。

何が前半と同じかわかっていないと後半に再現できませんからね。

ミスばかり指摘してもダメですね。

なんでミスになっているかわかっていないと修正できませんからね。

シュート決めろと言ってもダメですね。

外したい選手はいませんから。

でも、言わないといけませんよ、シュートを決めるような言葉を。

 

いい試合の入り方、いいハーフタイム、いい試合の終わり方を見たいですよね。

試合観戦に行く方は、ぜひそういうところにもご注目ください。

 

明日という日もこれまでの続き☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。