【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

いいこと思いついた。ハンドボールと農業テーマパーククラブ構想。

time 2016/08/31

いいこと思いついた。ハンドボールと農業テーマパーククラブ構想。

IMG_6351

まずはこの記事

初期投資は143万円。農業で1200万

福岡にフレッサ福岡という農業をしながら

ハンドボールチームを運営するというチームがあります。

人手、後継者不足の農家に選手を在籍して、

農業を支援、後継者を育みながら、ハンドボール選手を育むという。。。

まだ一年めなので今後どうなるのかわかりませんが、

農家にもハンドボール界にも、

どちらにとってもハッピーになるようになればいいですね。

 

そこで、冒頭の記事。

自分が農業をすればいいんじゃないのか??と思いました。

農業をして自分が生活していく。

その中で、農業を通してハンドボールクラブをつくる。

自分の農園をテーマパークみたいにして、

月に何度かは農業体験もする、

週に何度かはハンドボールもする、

総合型スポーツクラブにしてしまう。

 

これから、食の安全も求められるし、

農業体験のような非日常も求められると思います。

スポーツと食というのは切り離せないものだし、

そこの意識を高めることができる。

農作物を加工販売する中で、社会性を身につけることができる。

ハンドボールをしているんだけど、

いつの間にかいろんなことを体験する。

それを成長過程の中で自分にあったやり方や道の中で

自己実現をしていける生きる力にしてほしい。。。

 

と思った。(笑)

思いついたときに、これは最強なんじゃないかなと思ってね。

農業のボランティアを募るのは難しいでしょう。。。

だけど、自分の子どもがやってるなら、保護者の協力も得られるはずだ。

みんなでジャム作りとか、ジェラート作りとかして、

それを店頭販売して、ネット販売して、やれないかな。

稲作体験、芋ほり体験、収穫も全部。

一つの作物を作り上げるにはいろんな苦労があることを知るだろうし、

それはスポーツにおいても同じことで、

オリンピックの映像には映らない

しんどいトレーニングやうまくいかない時への自分への葛藤、

いろんな想いが出来事があったからこそ、

最後に出来上がったものは、表現したものが美しくなる。

教育活動の中にハンドボールを取り込みたい。

ハンドボールの中に教育活動を取り込みたい。

ハンドボールや教育活動のなかの手段として農業テーマパーク構想が出てきた。

メカリーHAPPYライフプロダクツ。完成だな。

小学生だけではなく、中学生から一般、マスターズの人もみんなでやる。

いろんな年代の人と関わることで、社会性が生れるし、

マナーもモラルも育まれると思う。

それを自治体の首長に認めてもらって、

地域の活性化にもつなげて、製品も街の特産品にしてもらう。

クラブチームというのはそういうものが。

地域が認めて、地域が活きて、地域が支えて、

地域で物産・人材の資源を育む。

こうしたら、ハンドボールの街になる。かな。

 

とか言ってるけどさ、

メカル、農業したことないからね。。。(笑)

虫とか本当に苦手。。。

あ、スペインに来て、何年かぶりにヤモリをみて、テンション上がった。

沖縄にいる時にはヤモリが当たり前だったからねー。

 

メカルが農業を子どもたちに指導できるレベルにない。

となれば、メカルのブレインを見つけて、一緒にやり遂げるだな。。。

さて、このメカリーHAPPYライフプロダクツ農園テーマパーク部門。

一緒に志してくれる人を探すかな。。。

 

農業してるから筋トレはしないよ。

農作業でナチュラルマッスルを鍛える。

だけどいまは、プロテインに少しだけ力を借りています。

だって、家に帰ってくるのが22時とかなんだもん。。

そこからご飯食べるのがちょっとね。。。

13879208_1036772189774608_51047245406215882_n

明日という日もこれまでの続き☆

 

 

コメント

  • 初めまして。上田と申します。

    ここ2週間ばかり、『銘苅淳のおにあくま』拝見しています。
    きっかけは、息子がハンドボールをしていて、いろいろと情報を集めてた時に
    パパ友達から宮崎大輔の次に今がんばっている日本人で、海外ハンドボールプレイヤーがいると聞き、『銘苅淳のおにあくま』を拝見する様になりました。
    独自の発想・視点で話されているのでなかなか面白い内容で、自分には興味津々です。

    京都府の京田辺市というところから拝見しておりまして、この地はハンドボールが盛んな都市?田舎?です。全国小学生ハンドボール大会の開催地です。ネット検索してもらえれば解りますよ。そんな土地柄から息子も小学4年の後半からハンドボールをやっています。現在は中学1年生で、中学でもハンドボールを部活動としてやっています。

    そんな中、淳さんのブログを見ていて、ハンドボールについて是非やりとりしてみたいと感じましたのでメールさせて頂きました。

    今回は初メールなので、このあたりで終わりたいと思います。
    また、ブログ拝見し、コメントさせて頂きたいと思います。

    淳さんの海外での活躍を期待しています。
    また、淳さんのポリシー、どんどんブログにアップして下さい。

      ~目標がその日その日を支配する~

    by 上田 成樹 €2016年8月31日 8:54 PM

    • このメカルワールドを知ってまだ2週間なんですね(笑)
      どうでしょうか?こんな人間が一人くらいいても不思議じゃないですかね??(笑)
      京都は毎年小学生の全国大会を開催してもらっていて、本当にありがたいです。
      私自身が小学生の経験がないですが、小学生が毎年京都を目指して頑張るのが嬉しいですね。
      お子さんのハンドボールも楽しみにしています。
      ハンドボールの世界は狭いのでいつかどこかでお会いできると思います。

      by mekaru atsushi €2016年9月1日 7:37 AM

  • ご無沙汰してます。
    ヒロシマ国際ではありがとうございました。
    スペインの生活はいかがでしょうか。

    先日のメカルチャンネルでは少し触れてはいましたが、銘苅さんが農業に興味があるとは・・・
    唐突ではありますが、E県の福岡自然農園だったらご紹介できますよぉ(^^)/
    野菜ではなく、果物(とお米?)がメインなので、スペインのヴァレンシア州のような感じでしょうか?

    話は変わりますが、
    日本のハンドボールとE県のハンドボールが重なってみえて仕方がありません。
    東京オリンピックを契機に日本のハンドボールが強くなることはない!のであれば、E国体を契機にE県のハンドボールが強くなることはない!のかなぁ。
    次回大会には開催地で出場できるけど、その前の大会には出場できない。
    どうすれば強くなるんでしょうか。
    一父兄として、子ども達のために何ができるのかなぁと悩んでいるところです。

    今度帰国された際はぜひお越しください。農園でのんびりしながらお話しできればと思います。
    また、よろしくお願いします。

    by たくみのちち €2016年8月31日 11:09 PM

    • お世話になっております。
      はっきり言って、どこの自治体もそんなもんです(笑)
      強豪というわけでもないのにしがらみがあったり、一強すぎて周りが何も言えなかったり。。。
      どこも選手を第一に考えていないと思いますよ。
      沖縄は1988年?の海邦国体からハンドボールが一気に広まりました。
      ハンドボール会場になった浦添市の中学に使用したゴールなどをおろして、活性化したんです。
      強化については何といっても指導者です。
      指導者が信念もって協力しながらやってきたからこそ、いまの沖縄があります。
      選手としてトップでやってきた人間が指導者として地元に戻ることも大事ですね。
      農業は、、、ネットで見つけた記事に触発されたんです。
      でも、案外行けるんじゃないかなと思っています(笑)
      だって、需要がありますから。将来の夢の一つにジェラート屋をするというものがあるので、
      農業とコラボしてその夢も実現するかもしれません。。。
      何年もかけて、土地を探します(笑)

      by mekaru atsushi €2016年9月1日 7:42 AM

      • 返信ありがとうございます。
        強化はやはり指導者ですよねぇ(笑)
        外野でいくらブツブツいっても・・・

        ハンドボールは小学校卒業でやめるといっていた長女も、中学校入学後にクラブチームで続けています。
        質問もしやすく楽しい雰囲気で練習できているようです。
        練習後は疲れてグッタリしてますが・・・(^^;)
        先日の全国大会も一人少ない人数で参加してボコボコにされたようですが、サイドから積極的にシュートが打てたようで、超ハイテンションで帰ってきました。
        この子達が大きくなって母親になったら、その子ども達(僕にとっては孫?)もハンドボールをしているような気がしてなりません。
        そうやって競技人口が増えれば少しは強化できるのかなぁ。
        そういう意味でも指導者(コーチかな?)のかかわり方って大事ですよね。
        いろいろとありますが気長にかかわっていこうと思っています(^^)

        あと、
        アンヘルヒメネス・プエンテヘニルのレプリカユニフォームの入手方法ってわかりますか?

        by たくみのちち €2016年9月3日 12:36 AM

        • そうなんですね。
          ハンドボールをしたい子がハンドボールできる環境を作る事が一番ですね。好きだからこそ、勝ち負けを超えた何かを感じてもらえたらいいですね。
          日本協会から指導者を派遣して月に一度でも指導者を含めた講習会を開催できたらいいですけどね。

          うちのレプリカは販売するかと思いますが、どういった経路で購入できるかわかりません。
          シーズンが始まってから本格的になるかと思います。
          もしかしたらアスリートエールを通して販売送付するかもしれません。

          by mekaru atsushi €2016年9月3日 12:40 AM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。