疲れるけど譲れない。という信念

今日からANTCで合宿!!!

車体のトレーニングに混ぜてもらっています。

やっぱり、環境がいいですね。
体育館は涼しいし、食事は品数豊富で美味しいし。

車体は人数も多くて、トレーニングはいろんなことができるし。

毎日、人数が集まらずに攻防できなかったハンガリーが嘘みたい(笑)

これまでの疲れもありますが、
ハンドボールが楽しいから、いい感じ☆

実際は、自分のトレーニングはできていないのですが、
講習会をやるだけで労がたまります。

メカルの信念として、トレーニング中は座らない。
というのがあります。

メカルはこれは普通だと思っていたんですが、そんなこともない。

休憩中も座らない。
そんなに長い時間休憩もしませんが。

これは水上先生がそういうスタイルだったからです。

椅子に座って遠くから
「あーだこーだヨーダ」と言ってるのはコーチングとしては弱い。

正しいことを言ってても伝わる率は弱いと思うからですね。

だからと言って立って何をしているかと言われれば、
見ていたり、しゃべっていたりするだけですが。。。(笑)

そう言えば、ハンガリーでは監督は座って指示をするなんてことはなかったなぁ。

トレーニングする時は、必ず立って動きながら。

日本の場合は指導者が座って遠くから怒鳴って、ぼやいて、罵って、罵倒して、否定して、、、そんな光景もあるのかもしれませんが、
自分が立っているだけもできない時間なら長すぎるから短くした方がいいですね(笑)

まぁ、メカルも加齢に伴い、膝や腰の痛みが出れば座るのかも知れませんけどね。

でも、水上先生は座ってなかったんだよなぁ、トレーニング中は。

終わったら座って談笑してるんだけどね~。

だからメカルも65まではトレーニング中は立っていられるように筋トレしよう(笑)

さぁ、明日もハンドボールうまくなるように顔晴ろ~ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

画像は広島山陽高校の子供たち。


Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • ☆キャン☆ より:

    本当にありがとうございましたm(__)m
    また来てください!!

  • 山陽#7 より:

    顔晴るんばデス(*^^*)

  • るみ より:

    65まで、トレーニング!
    ムキムキのおじいちゃん姿、見てみたいです。
    そう言えば、ハンドボールリーグプレーオフの試合
    大同の末松さんは常に立って、と言うか
    動き回って選手と一体になって指示してたな~
    汗だくでした。
    そういうのって
    気合を感じますよね!

  • わかちこ より:

    あたしも2年前に指導してた時、試合中は一度も座らなかった~♪
    水上先生の背中を見て学んだ(笑)
    先生に座るなと指導されたわけじゃないけど、学んだもののひとつだった。
    大事よね。
    See u soon.;-)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。