バレーボールのコーチに学んだよ。世界を知っている指導者というのはすごいな☆

o0500028113534901491

今日はウエイトトレーニングをしました。

そこに男子バレーでコーチをしている方が。。。

マサジェディさんというイランのスーパースターなんですが、

なんと奥様はハンドボール元日本代表。

 

テレビで見ていると、選手よりもコーチの方が体格がいい(笑)

そこで、いつも疑問に思っていたことを聞いてみました。

そしたら、いろんなことを話してくださいました。

その中でも印象的だったのが、

選手は自分の子供で、チームは家族だ。ということです。

選手と指導者は子どもと保護者くらいに違う。

子供の時は何かをしてほしいということを考える。

でも、親になると何かを与えることを考える。

 

指導者は教え続けるために学び続けなければいけない。

親が子供の疑問に答えるように、

何かを聞かれたらしっかりと対応できるように。

 

選手からの信頼も厚く、日本のチームのことを本当に考えているのが、

少し話をしただけでわかりました。

日本が世界を相手に戦って勝つためには、

世界を知っている指導者じゃないとダメですね。

世界を知らないのに、世界と戦えるわけがない。

ということは指導者が世界レベルでないと、

やっぱり難しいのでしょうね。

日本でしか戦ったことがない、

日本しか知らないというのは、世界で戦うにおいては

ディスアドバンテージですね。

 

以前にも言いましたが、

日本人という気質は、指導者次第だと思います。

真面目に少々理不尽なことでも、疑いもなく、

粘り強く取り組めるというのは日本人のストロングポイントです。

それを引き伸ばせるかどうかは指導者次第

 

世界を知っている指導者が、日本人の可能性を見出し、

導いてくれるのならこんなに嬉しいことはないですね。

 

こうやって少しでも親近感がわくと、

メカルも男子バレーをめっちゃ応援したくなります。

指導者を呼んでくるのが早いか、

選手を世界に送り出す方が早いか。

世界的な指導者を連れてきても、

その指導者が求めるレベルと選手のレベルにギャップがあるから、

やっぱり世界的指導者と世界を相手に戦える選手が必要。

選手を世界に送り出して、

指導者を招へいする。

それしかないな、きっと。

日本を飛び出して、日本よりも高いレベルで戦える個人を育成して、

チームとしてまた日本人の良さを出していくしかないです。

 

と思う。

 

明日という日もこれまでの続き☆

 

 

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • たくみのちち より:

    いつもブログ楽しく読ませてもらっています。
    銘苅さんが言うように、日本が世界と戦って勝つためには、選手を海外に送り出す事、世界を知っているコーチを招聘する事、これらは大切だと思います。ただ、サッカーは既にそういった仕組みを整えていると思いますが、十分に成果が上がっているとは言えないのではないでしょうか。もう少し何かが必要なような気がするのですが・・・(;^_^A
    銘苅さんは、どう思われますか?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。