【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

プロと言われても雇われているからいつクビになるかわからないという生活

time 2014/10/09


うちのチーム、女子のチームもあるんです。

話を聞くと、今シーズンから2部に上がったようです。

だから、はっきり言って、大したレベルではない。

メカルたちが練習する前によくやってるんで見たりするのですが、

沖縄の中学生の方が強いんじゃないか?って思うくらい。

身体は大きいけど習熟度が高くないわけね。

そのチームの監督が変わったんですよ。

見てて、大したことはしてないな、、、と思ってはいたのですが、

4,5試合して一回も勝てないから首になったみたい。

新しい監督が来てさっそく気合い入った練習をしています。

でもさ、3部から2部に上がって、4,5試合しかしていないんだよ。

2部の最下位からのスタートだと考えたら、ちょっと交代が早くない??と思うのはメカルだけ???

いや、ここではそうなんです。

監督が結果に対して責任を取ります。

チームを変えようと思ったら、

  1. 監督を変える
  2. 選手を補強する
  3. オーナーを変える

ぐらいでしょうか??

手っ取り早いのが指導者を変えることですね。

同じ選手でも監督次第で全然違うチームになります。

監督が変わると、戦術が変わります。

マネジメントの仕方が変わります。

チームの空気が変わります。

良くも悪くもそうなると思います。

こちらのクラブチームは一つの会社みたいになっているので、

チームのオーナー(社長)がいて

監督(部長)がいて

社員(選手)がいて

マネージャー(渉外、広報、総務みたいな部署)がいて、

株主(スポンサー)がいるという感じです。

そしてその会社の商品を買ったり、サービスを買ったりする消費者(ファン)がいます。

やっぱり、オーナーの権限が強いと思います。

オーナーに好かれているなら、監督に言って選手を残すこともできるだろうし、

飛ばすこともできると思います。

日本は多くの場合、企業の中にチームがあるので、

監督を変えるということは、社員を変えたり、新たに社員を雇用するということなので、

シーズン途中で変えるというのは難しいですよね。

クラブチームでも、日本リーグに新規参入して5試合で監督を変えるなんてありえないでしょう。

とりあえず、1年は様子を見るか、、、的な。

改めてシビアな世界にいるんだなーと思いました。

毎日が戦い、闘い。

結果を出すしかハンドボールで生きてはいけない世界だなーと。

メカルも明日大怪我したら、日本に帰れ。と言われて契約が破棄されるかもしれない。

逆にめちゃくちゃ活躍したら、日本でもらっていたサラリーよりもらえるかもしれません。

プロだから結果が大事。

その過程の取り組みが大事。

その取り組みへの姿勢が大事。

その姿勢を貫く意志が大事。

その意志を強く常に持てるような想いが大事。

その想いを支えてくれる応援やサポートが大事。

そのサポートはやっぱり皆さんの想いなんだと思います。

その想いを少なくとも裏切ることはしたくないですもんね。

今日も日本から素敵な贈り物が届きました。

胡麻ドレッシングとかポン酢とか、テンション上がるー!!

これで水炊き決定!!!

皆さんの想いに支えられてメカルはハンガリーでも生きていけます。

改めまして本当にありがとうございます!!

そしてそして、今日もタブレットをご購入してくださった方がご連絡をくださいました。

さっそく練習に取り入れてくださったみたいです。

その時のチームの状況に応じてアレンジしてくださればと思います。

なので、トレーニングの紹介には全部詰め込むのではなくて、

余白の部分を残しておいたつもりです。

いろんな発展をさせて、子どもたちが飽きないように工夫してもらえるかと思います。

トレーニングメニュー以外にも、

メカルの言葉かけとか熱意という部分を評価してくださったみたいです。

メカルの本気の講習を受けたことがある方はご存知かもしれませんが、

メカル、めちゃくちゃなことしますよ、普段は。

めちゃくちゃなことを言いますよ、スイッチ入ったら。。。

映像として残るものなので、悪い言葉を使わないように気を付けています。

だから、そんなメカルを知っている方は、かなりよそ行きな感じがすると思います(笑)

でも、いつもどんな時も意識しているのは、

選手に全力でやってもらう

ということです。

基本的にポジティブな言葉かけをしますが、ネガティブなことを言ってあおるときもあります。

もちろん、子どもたちとの信頼関係ができたと思えた時に、ですが。

子どもたちの指導者がいても保護者がいても、誰がいても同じです。

選手が全力でやってくれれば、ただ走るだけでもいいトレーニングになります。

そこに対してモチベートするというのは意識していますね。

あとは自分が一番楽しむこと。

選手と会話しながら冗談でも言いながらやっています。

今回の映像ではそんな部分を出していないので

メカルの講習を受けたことのある人、見たことある人からしたら

かなりよそ行きな感じだと思います。

まぁ、このブログと同じです。

情報の価値というのは受け手の状況によって変わるので、

好き勝手やって必要な部分を切り取って、自分の都合のいいように解釈してもらえれば、、、(笑)

まだサンプル画像をご覧になっていない方はぜひこちらからどうぞ

銘苅淳のハッピーハンドボール

発売すぐにご注文下さった方々のお手元にもうすぐ届くと思います。

楽しみにお待ちくださいねー

2014年も282日連続でいい1日でした☆

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。