講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

パラレルで大事なのはスペースに位置を取り、動き、攻め、コンタクトされた状態でパスができること。

phoca_thumb_l_IMG_2234今日は午前中の練習。

身体が重い。

昨日はスプリントでインターバルして、

軽くフィジカルやって、ジャンプトレーニングして。。。

そこまで量はないけど、やっぱりシーズン終盤で疲れがあるのだと思われる。

考えると、去年の夏からシーズンが始まり、

年末はゆっくりしよう、と思ったら、

そのままアジア選手権に行き、

移籍して翌日には試合が始まり、

2月から22試合をこなすというスケジュール。

そして、あと2週間で4試合あるという。

この夏もゆっくりできる感じではないという。

疲労をしっかりと取っていい状態で練習に臨まないと、

いいパフォーマンスはできませんからね。

今日もストレッチポールに乗って寝ます。

昼寝も3時間したけど(笑)

ということで手抜きです。

動画を載せておきます。

最近調子のいい1:1からのずらし。

ずらしはパラレルの基本ですが、

パラレルに置いて大事なのは、

間を攻めることと、コンタクトパスができるかどうか、ですね。

スペースに位置を取り、

そこに動き、そこを攻め、コンタクトされた状態でも

ボールを生かしてパスができること。

しかし、きっかけはやっぱり一人で二人を引き付ける動きができることです。

やっぱり1:1で勝てないといけませんね。

コンタクトパスについてまとめています。

ご参考までに

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。