ハンドボールのシュートを速くする15

 

 

ハンドボールのシュートを速くするポイント15

リラックスしろ。力を抜け。は間違い。

 

初級者というのは、どうしても効率的な動きを学習していないので、

ぎこちない動きになりがちです。

体全体のいろんなところに力が入って、ぎちぎちになっています。

力が入って、一生懸命やってるのに、なぜかシュートは速くならない。。。

という選手もいるでしょうね。

そんな時に、

「リラックス、力を抜け。」

というアプローチはあまりよろしくないですね。

もちろん、情況によりますよ。

 

でも、本人はどこの力を抜けばいいのかわからないんです。

メカルもそうでしたから。

どこの力をいつ抜けばいいのかがわからないのに、

リラックスしろというアドバイスは混乱させます。

 

じゃあ、どうすればいいのか???

 

逆に力を入れるポイントを教えてあげればいいんです。

 

いつ、どこに、どんなふうに力を入れるのか??

それを教えてあげると、それ以外の部分に意識がいきにくくなるので、

適切な場所に適切なタイミングで力を入れようとします。

 

そこで、有効なのは、やっぱりオノマトペかもしれませんね。

 

大きな試合の前に緊張しすぎている。

そんな時に、リラックスだぞー、力入りすぎてるぞー。

と言うのもいいんですが、そうすると、

過度に力が抜けて本当に必要な筋肉や脳への血流が落ちることがあるんですね。

 

もちろん、情況によりますが。。。

 

技術の発達は全体の流れが大事です。

でも、全体の流れを細分化して、

取り出してトレーニングするということも大事です。

 

部分をしっかりと踏まえてから全体で整える。

全体の流れを確認して、また取り出してみる。

設定を変えて変化をつける。

などの工夫で、最終的にオリジナリティあるシュートを身につけたいですね。

 

なかなか、シュートのどの場面でどう力を入れるのかというのは

感覚的なものなのでわかりにくいと思います。

だけど、選手が理解できるまでにかみ砕いて、

自分で考えて、試行錯誤して、

身につけていきたいですね。

 

過去にブログにも書いているのでご参考までに。

 

シュートに力が入りすぎてしまいます。って人いる??

http://handball-mekaru.com/2013/11/27/rikimu/

 

これまでのものを動画にしてみました。

ご参考までに。

連載をしてみましたが、今回が最後です。

今後新しい発見やまとめ方をひらめいたら

その時のベストの形でお知らせしたいと思います。

 

これまでお付き合いくださいましてありがとうございます。

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。