講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

講習可能日

1月 21,24,28

2月 10,11、18、21、28

3月 3,7,10、11日以降平日。24,25日

4月以降もお問い合わせください。

その他、春休み等日中対応可。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

ハンドボールのシュートを速くする14

258

ハンドボールのシュートを速くするポイント

遠くで放す

ボールをどこでリリースするかというのは大きなポイントです。

力の流れを考えた時、

中心より遠いとこでリリースする方が大きな力が出ます。

これまで紹介した考え方やトレーニングを経て、

怪我をしない身体を作れたら、

より遠くでボールをリリースできるようにしてみましょう。

しかし、パスは速さよりも取りやすさや

正確性がより重要なので、コントロールしやすい

身体に近い部分から投げるといいと思います。

シュートはぶつける、ではないですが、

スピードも大事なので身体から遠いところで

大きなエネルギーを使ってリリースできるといいと思います。

しかし、ボールを大きく振り回すというわけではないです。

バックスイングの時にも紹介しましたが、

コンパクトなスイングの中で、より遠くでリリースするというのを

意識できればいいと思います。

身体に負担が大きいので、

指導者がトレーニング量などをコントロールした方がいいと思います。

遠くでリリースするとなると、

コントロールが難しくなるのですが、

そこはしっかりとリストを効かせてコントロールする必要があります。

いつもよりも数センチ遠くでリリースする。

それを意識すれば少しシュートに変化があるかもしれませんね。

IMG_0038

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。