オリンピックに出たとしたらどこの国にどうやって勝てばいいのか。。。

ちょっと画像を見てもらえますか??

これ。

13087870_978421082276386_1033584686744324454_n

チャンピオンズリーグのベスト4をかけての

ポーランドのKeilceとFlensbrug

この試合を見ていないのですが、

スタッツが出てたので見たら、、、

この数字を見て、どうやったらフレンスブルグが負けるんだろう。。。

勝ちに不思議な勝ちはあっても、負けに不思議な負けはない。

という言葉もありますが、

わからないんですよねー、どうしたら負けるのか・・・

シュート率もセーブ率もフレンスブルグが上。

速攻での得点が5でキルツェは0.

どうしたら負けるんだろう。。。

メカルの想像力が足りない。。。

 

そして、リオデジャネイロオリンピックの組み合わせが発表。

どこに入ったとしても超強豪チーム。

特筆すべきはアフリカ大陸から2チームが出場しています。

13076758_978421078943053_5709911856333760810_n

オリンピックというのは12チームしか出れないんです。

世界選手権の半分。

12チームのうち、ヨーロッパ勢が7チーム。

あとはアメリカ、アジア、アフリカ大陸から。

アジアのカタールはもうヨーロッパにカウントしてもいいくらい。

アメリカ大陸のブラジルやアルゼンチンは

ヨーロッパ各国に選手を送って強化しています。

 

みなさん、想像してください。

どこのチームが勝つか。

どこのチームに勝つのか?

 

2020年の東京だとして、

日本代表はどこのグループに入ったら

どこの国に勝てるか???

オリンピックに出るチームというのは、

このレベルの国々です。

 

オリンピックがどのようなシステムか知らないけど、

各グループの上位4チームがベスト8になり、

トーナメントになる、と考えて、

グループリーグ突破には、2勝しなければいけません。

 

あと4年でこのレベルのチームに2勝するだけのチームにしないといけません。

もう時間ないですね。

来年の世界選手権で、グループリーグ突破して、

もう一つ、二つ勝つことができれば、、、

オリンピックでも上位に行く可能性が出てきます。

世界選手権のグループリーグで2つ勝つというのは大変だと思いますが、

オリンピックで二つ勝つ方がよっぽど大変なんですよね。。。

 

世界はすごいスピードで進んでいます。

とりあえず、アンディシュミット目指そう。。。

アンディ、めっちゃイケメン。

 

あ、メカチャンやります。

今回は月曜日の夜。

テーマは「就活を考えてみよう」です。

学生にとっては就活が始まっていると思います。

ハンドボールをしている学生が、

ハンドボールだけで就職できるなんてことはないですからね。(笑)

学生はリーグ期間中だと思いますが、

ぜひ参加してくだされ☆

 

詳細は追って連絡しまーす。

 

明日という日もこれまでの続き☆

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • takahashi より:

    単純にシュート到達率は相手が勝っていたからですよね
    速攻の得点は無かったけど、、、

    • mekaru atsushi より:

      スタッツだけ見たらフレンスブルグの方が勝ってもおかしくないのになぁと思ったんですよね。
      ミスもそこまで大きな差がないし、シュート本数も4本しか違わないとのことなので。。。
      不思議だなと思いました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。