講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

指導は難しい。努力が報われないという経験は厳しい。しかし部活動は素晴らしい。

13010722_10208792912762160_8487915942862964034_n

ある先生とのやり取り。

新年度になり、県大会が始まった。

高校からハンドボールを始めた子たちが多い中、、、

先日、一勝した。

次はシード校。

これまでにない生徒たちの成長を感じる。

これまで感じなかった生徒たちへの気づき。

指導は難しい。時には厳しい指導もしないといけない。

自分の殻を破る。破らせるのは大変なことだ。。。

と。

おっしゃる通りですよね。

努力が報われないという経験も必要です。

そんな時に

何ができるのか、何を感じるのか、誰に何を感じるのか。

立ち止まるのか、周りのせいにするのか、サポートしてくれた人に気づけるか。

新たに戦略を立てられるのか、自分を顧みて受けいれられるか、

前に進もうとしたときにありがたみを感じられるのか。。。

それを知らないままに自分の世界でしか生きていないとなると、、、ね。

これってフツーの日常の中で経験できないものですからね。

部活動での経験も時には厳しいですよ。

人間関係もそうだし、自分のプレイの好不調もあるし、

怪我とか予想できない出来事がありますし。

しかし、社会は理不尽でもっと厳しいですから、

温室育ちで社会に出て不適合するよりは、

どうしようもないくらいに自分を追い込むよりは、

ひとりでも戦える体力と思考を持って、

弱さをさらけ出せる仲間とのつながりを持って、

勇気をくれる過去が大事です。

自分や仲間を信じられるという力が大事です。

それが諦めないということになりますからね。

これらを経験できるのが、

部活動かもしれませんね。

年に一度、

心から感動できるような瞬間に立ち会える教師という仕事は最高ですね。

生徒と一緒に教師も思い出深い時間になりますね。

まぁ、部活動だけではなく、クラブチームでも同じことが言えますけどね。。。

部活動とクラブチーム。

教育と育成。

うーん、いろいろ考えることが多い。(笑)

またいつか。。。

今週末からはゴールデンウィークに入る人もいるでしょうね。

高校生活最後の試合、を迎える人もいるかもしれません。

全国大会の決勝でも、地区大会の一回戦でも、

同じように、人生の中で思い出深い時として刻まれることを期待したいですね。

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。