Say hello from…ハンガリーカップちょー興奮。

228

今日はハンガリーカップの三位決定戦。

結果から言うと負けました。

25-27でした。

 

難しい試合でしたが、どうにかくらいついて行ったという感じです。

内容としては全然守れなかったので、チャンスがなかった感じです。

 

そして、決勝戦。

ベスプレムとセゲドの決勝は、、、

7mスローコンテストの末にベスプレムが勝ちました。

 

この試合はですね、、、すごかった。

素晴らしい試合でした。

 

試合は後半の序盤でセゲドが5点リードしていましたが、

ベスプレムが追い付いてからはシーソーゲーム。

残り4分を切ってから、完璧にズレた情況を、

ベスプレムのサイドのウガルデがカットして速攻に持ち込み、

2点差になるところで同点にしました。

 

これでもまたまた面白くなって、一気にベスプレムが行くか??

という流れを、キーパーのシエラがミドルシュートと、

そのリバウンドのカットインを連続でセーブ。

 

これでますます面白くなった試合は、

残り50秒弱でセゲドがタイムアウト。

パッシブの情況でしたが、フリースローを2,3回取って粘る。。

うわーーーーーーー7mじゃね。。。

というプレイもあったけど、結局はベスプレムボールに。

 

この時のセゲドの選手の怒りようは大変でした。

 

最後は微妙なところでフリースローになり、

そのボールを出した出さなかったで、

セゲドの監督がベスプレムの監督を突き飛ばして、

乱闘寸前。。。っていうか乱闘チックに選手が間に入っていました。

ノータイムフリースローが決まらず、

勝負は延長戦無しの7mスローコンテストに。

 

ベスプレムが外す。

セゲドが決める。

 

ベスプレムが外す。

セゲドが外す。

 

ベスプレムが決める。

セゲドが決める。

 

ベスプレムが決める。

セゲドが外す。

 

4本目を終えて、同点。

 

5本目は、、、

ベスプレムが決める。

 

セゲドが決めればサドンデス。

ここで、セゲドの選手が外してベスプレムの優勝。

 

7mを打つというのは本当に大変なことだと思いました。

チームの勝敗に直接関わるその場面で、

任されるんですからね。

 

最後に外したのが、昨シーズン一緒にプレイしたマルコだったんです。

逃げ出したくなるよなー、試合中も外したもんなー。

と思いながら見てました。

 

セゲドの選手は泣いている選手もいました。

世界トップレベルの選手でも一つの試合に対して

これだけの想いを持って取り組んでいるんだと思うと、

すごくうれしいというか、感銘を受けました。

 

会場は8500人収容の体育館で8割程度埋まっていたので、

7000人弱くらいいたかもしれませんね。

こんな環境で、大声援の中で、大ブーイングの中で

ハンドボールすることができるって、本当にスゲ~と思いました。

メカルはラッキーですね☆

 

あとですね、ホテルは4チームとも同じだったのですが、

そこで、ベスプレムのチェマロドリゲスと食事の時に会ったんです。

 

メカルと同じタイミングでハンガリーに来たので、4年め。

覚えてくれてるだろうけど、挨拶程度で話すことはなかったんです。

 

でも、食事の時に、向こうから握手をしてきて、

「オルテガがよろしくって言ってたよー。」

みたいな。

 

チョーテンション上がりました。

彼は本当に素晴らしいよねって言ったら、

「He is the best 」って言ってました。

 

世界トップレベルの選手からも慕われるというオルテガ監督は、

本当に素晴らしい人間なんだと思います。

 

なんかあちこちでつながって嬉しいですね。

 

土日で2試合。

水曜日と土曜日にはまたプレーオフがあります。

 

また準備をしないといけませんね。

個人的にはまだまだなので、継続あるのみ。。。

 

地震の被害もだんだんと整理されてきた感じですね。

まだまだ物資が足りないところもあるみたいです。

熊本国府高校のハンドボールコートにSOSの文字がありました。

熊本国府は高校時代に行ったこともありますし、

大学の先輩が監督をしてて、後輩の母校でもあります。

 

被害が大きくならないことを、

避難されている方が心身の状態が良好になることを、

引き続き祈念しております。

 

明日という日もこれまでの続き☆

 

 

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。