ハンドボールのシュートを速くする9

ハンドボールのシュートを速くする9

 

IMG_5380

ハンドボールのシュートを速くするポイント

ジャンプシュートを身につける

 

ここからは、ポイントというよりもコツというか意識するポイントをまとめます。

ハンドボールの試合において最も多くみられるシュートはジャンプシュートです。

ハンドボールの醍醐味ともいえるダイナミックなシュートを身につけたいものです。

以下、ジャンプシュートにおけるポイントです。

 

しっかりと踏み切る

ジャンプシュートを打つためには、しっかりと跳びあがることが大事です。

しっかりとジャンプするためには、踏切りが大事です。

踏み切るときはかかとからの着地で力強く踏み切るようにします。

つま先だけでは力強く踏み切ることができません。

ジャンプする直前には膝を少しだけ曲げて踏み込まないといけません。

走り抜けるように跳ぶこともあるんですが、

踏切りをしっかりと力強くする意識は大事ですね。

 

空中姿勢

ジャンプシュートで大事なことは、空中での姿勢です。

空中での姿勢を安定させるにはジャンプシュートのイメージが大事です。

過去記事参照。

多くの選手が、(右利きの場合)

右足が高く引き上げられ、左肩がゴールを向き、

左手が振り上げられています。

その時はバックスイングは完了され、肘は伸びきらずゆとりを持たせます。

試してみるとわかりますが、

右脚が上がらず、伸びたままだと高くジャンプできませんし、

シュートに力が伝わりません。

 

フォワードスイング

バックスイングからフォワードスイングに移行するときに、

引き上げた右脚をねじ込むように伸ばします。

右脚のかかとで地面を蹴るような感じです。

同時に左肩がひねり出されて右肩が前に出てきます。

その時、左肩が落ちないようにします。

ボールリリースの瞬間は、

身体が一枚板のようになり、ボールにエネルギーを伝えます。

最終局面では、気をつけの姿勢からくの字になるように、

上体でボールを抑え込むようにします。

 

ジャンプの方向

初級者においては、前に跳ぶことが大事だと思われます。

力をボールに込めやすいからです。

、前に跳ぶことを意識しすぎると、上体が前に突っ込みすぎてしまい、

空中のバランスを崩します。

結果的にリリースポイントが下がってしまうのであまり良くないです。

シュートを速くするには助走も大事ですし、

ある程度前に跳ぶことも大事ですが、

そのスピードをコントロールできる身体がないと難しいです。

基本のジャンプシュートが身につくと、

ジャンプの方向を考えます。

助走のスピードを真上に変換することを意識するといいと思います。

前にジャンプすると、DFに接触されてしまうので、

ジャンプする方向を、真上、横、後方と工夫することで

DFからの接触を避けながらも、DFのブロックをかわすことにつながります。

そして、真上にジャンプすることで、一番高いところでボールをリリースことができます。

 

動画はボールをもらって前ではなく、横に跳び、

DFのブロックをかわして打っています。

クイックシュートを打てるように入っているので、

DFが先にジャンプしています。

 

ジャンプすることで下半身から伝えられるエネルギーを

最終的にボールに伝えないといけないのですが、

連動、エネルギーフロー、止める、という部分で意識ができればいいかなと思います。

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。