日の丸をつけることと背負うこと。なにかを背負って生きていくって、しんどい。

IMG_5809

今日は久しぶりにメカチャンやりました。

時間は日曜日の夕方ということで皆さんが忙しい時間帯で

LIVEでご視聴くださった方は少なかったですが。(笑)

約50分なので、ラジオ感覚でお聞きください。

その中での話。

日の丸をつける選手と日の丸を背負う選手。

の違いを少しだけ話をしました。

 

今まではさ、日の丸を背負う心意気で取り組むのが代表選手だと思っていました。。。

だけどさ、日の丸を背負う選手を輩出する心意気で

指導している指導者はどれくらいいるんでしょうね。。。

 

というのも、日本では賭博問題で大変です。

メカルは桃田選手のこれまでの取り組みに関して共感することもあります。

 

外から見られているという意識を持って、

身なりにも気を遣い、

バドミントン選手ってかっこいいんだ!!

って思わせたい、と言っていたそうです。

トップ選手として高い意識を持っていると思います。

 

ルックスもいいしかっこいいしね。

だけど、先日も書きましたが、

それを指導する立場の人も問題ですよね。

 

そもそも、指導する立場の人間が、

日の丸を背負う選手を輩出しようと思っているのであれば、、、

そのカテゴリーで勝つことが最重要課題とはならないはずだ。

もし、

「小学生に日の丸を背負うとかなんとか、、、

わからんでしょ。。。」

というのであれば、

子どもたちが将来日本代表になりたい。

という夢を無視してることにもなりかねません。。。

指導者として、選手の想いを無視するのはあまり良くないですよね。

もちろん、全員が全員日本代表を目指してるとは思えないけど、

全員が全員、日本一を目指しているとは言えないけど。

それを目指すという過程における何かを手段として

人間としてアスリートとして育んでいきたい、という想いを

指導者は持つべきでしょうね。。。

 

有望選手としてエリートの道を歩んでいると、

それ以外の世界、社会と接する機会が少ないので、

区別がつかなくなるかもしれません。

 

スポーツ選手の影響力という部分をこれまでも書いてきましたが、

選手だけじゃないな、、、と思った放送でした。

 

我々の周りにはいろんなものがあります。

日本という国においても、ちょっとしたことで一般人が法を犯すことも出るかと思います。

いろんな誘惑があって、いろんな情報があふれている日本。

自分でしっかりと選別して区別していかないと大変なことになりますね。

 

桃田選手もバドミントン界をけん引して、背負っているという認識があったかもしれません。

だけど、端的に言えば、それと今回の賭博という行為がリンクしていなかったのでしょうね。

信頼している先輩に誘われたら、なかなか断れないですしね。

まぁ、違法というのがちょっとね。

 

さて、日本のハンドボール界にハンドボールを背負っているという認識を持っている選手がどれだけいるでしょうね。

トップリーグでやる選手なら全員持っていてほしいものだ。

 

とかいうメカルはですね、、、

背負っているという感覚はない。笑

 

自分の人生しか背負ってないわ。

結婚もしていないし、誰かの人生を背負っているわけでもないし。

いまは自分が一番かわいいからさ、まだなにかを背負って生きていきたくない

あー、結婚したい(笑)

 

 

もう皆さん、忘れていると思いますが、

一年前のハンドボール界は大変でしたよ。

今回の賭博問題も対岸の火事ではない、、、

ただ、世界的に活躍するアスリートか、

オリンピック種目だけど、アジアでも勝てない競技か、

世間の注目度や情報の流れ方というのは違いますね。

 

まぁ、桃田選手がいった賭博場には、

一般人も絶対いたはずで、その一般人の人はテレビに出て謝罪会見をすることはない。

同じことをしていても、世間や社会に及ぼす影響というのは違うんですね。

 

だからこそ、トップ選手というのは、日常から気を付けて、

大変な思いをするんです。

トップ選手という意識を持ち続けているのはしんどいですからね。

それを苦にすることなくさらっとするのが、

スポーツが育む、スポーツに期待される手段的な目的だと思います。

 

なにかを背負って生きていく。

そういう意識、持っていきたいですよね。

だけどさ、それが重荷になってしまうと、しんどいですよね。

 

意識は持ちたいけど、背負いすぎて猫背になったり、腰が曲がったりしたら本末転倒だわ。

 

背筋を伸ばして、想いを身にまとい、

重い思いをしないように、しっかりと地に足をつけて、

安定感が出るようにトレーニングしていきたいものだ。

 

さぁ、みんな、スクワットしよう。

 

誰かの何かを少々のこと背負ったとしても苦にならず、

自分の進む道を自分のペースで歩めるように、

少しくらい険しくても止まらないように。

 

日々自分に挑戦して、自分を高めていけるように、

スクワット、しよう。

 

そして、スクワットしたら、ビーレジェのプロテイン飲もう。。。(笑)

bana_creatine (1)bana_belegend

 

明日というもこれまでの続き☆

 

Commentsこの記事についたコメント

5件のコメント
  • 麻婆丼 より:

    アスリートエールのメルマガを購読させていただいているのですが、今日のシュートを速くする3がリンクにアクセスしても「見つかりません」となってしまいます。正常にアップされているのでしょうか。

  • ちもまむ より:

    アスリートエールのメール読んでびっくり!
    身体を鍛えてる人は大丈夫かもしれませんが
    事故は後から不調が出ることあるので気をつけてくださいね(´•ω•`)
    とりあえずなんともなくて良かったですね!
    。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    • mekaru atsushi より:

      人に運転してもらっているので自分でできることは少ないですが、
      人を乗せて運転するときは気をつけようと思いました(笑)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。