ハンドボールのシュートを速くする4 

ハンドボールのシュートを速くするポイント

ステップシュートをしっかりと打てるようにする。

 

ハンドボールの醍醐味は、豪快なジャンプシュートかもしれません。

試合の中でもジャンプシュートが一番用いられます。

しかし、基本的なシュートを身につけるためにもまずはステップシュートをトレーニングしましょう。

 

ステップシュートの利点

 

まずはステップシュートの利点ですが、

  • 地面に足がついているので状態が安定している。
  • 地面に足がついているので変化やバリエーションが多い。
  • 地面に足がついているので力が逃げにくく伝えやすい

 

などがあると思います。

ステップシュートが打てる選手はボールを持った瞬間にシュートチャンスとなります。

なので、DFとしては常にステップシュートを警戒することになるので、

アドバンテージを持つことができます。

 

ステップシュートのトレーニング

まずは、ステップシュートを打つために足の運びを覚えましょう。

これもパスと同様に足の運びなどを意識した方がいいです。

線を引いたりして、足を運ぶ目安を作ってあげましょう。

サイドステップから始めたり、クロスステップから始めたりして、

いろいろなステップを踏んでステップシュートをトレーニングしましょう。

 

ステップシュートのポイント

まずはしっかりと上から投げることが大事です。

これは基本なので、毎日行ってもいいと思います。

次に地面に足がついているという利点をいかして、

サイドスローやアンダーハンドスローにも挑戦したいものです。

これは身体への負荷が大きいので、

小さいボールを使ったり、連投して負荷をかけすぎないようにした方がいいです。

ステップだとジャンプシュートでは難しい体勢でも打てるので、

ステップシュートでトレーニングしてから、

ジャンプシュートにつなげていきたいですね。

 

DFを立たせる

ステップシュートを打つにあたり、

GKから見えないように、

予想できないタイミングや場所からシュートを打てるようにしたいものです。

DFを立たせて、キーパーの逆をつけるようにするのもいいですね。

DFが右側を守って、GKが左側を取りに行ってるのに、

左側を打っていてはなかなか入りません。

DFが守っている側を打てるようにしたいものです。

 

力を伝える方法

ボールを力いっぱい投げろと言っても、

なかなか思った通りにはいきません。

しっかりと体全体を使ってボールに力を伝えられるようにしたいものです。

ボールを思いっきり床にたたきつけるというのもいいかもしれません。

重力を利用して思いっきり床にたたきつけます。

その時は上体をしっかりとかぶせるようにします。

腕を振り切ることも大事ですが、

床にたたきつけるにも、リストが大事です。

べろーんとたたきつけるのではなく、

スパーンっとキレを意識したいです。

 

 

体幹の力を意識する

ジャンプシュートだと、ジャンプすることに精一杯になってしまいがちですが、

ステップシュートだと身体の内側から力を出すことが意識しやすいかもしれません。

身体に力がこもっている、という自意識も大事です。

まずはしっかりと踏み込んでボールに力を伝えることを

身体に覚えさせましょう。

なかなか力いっぱいボールを投げることもないのですが、

しっかりとステップを踏んで思い切り投げるという感覚を覚えたいものです。。

 

173

ご参考までに。。。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。