自分の価値と文化としてのハンドボール

以前も話をしましたが、プロとはどういうことを指すのか??

メカルはハンドボールすることが仕事。

仕事として収入を得て、生計を立てることができる状態のことを言うのだと思います。

ハンドボールすることが仕事ですから、ハンドボールができなくなったとき、

チームに貢献できないと判断された時には、プレイを続けることが難しくなります。

リスクもありますが、それがプロの世界だよなぁ。と思うようになりました。

先日もスポンサーの話をしましたが、

なぜスポンサーが必要か?となると、

それは、ないよりもあった方が競技に集中できるし、

パフォーマンスも上がると考えているからです。

お金をもらえることももちろんうれしいのですが、

商品提供という形でサポートしてくれるのならば、パフォーマンスに直結します。

そして、その商品をPRすることで、良さを伝えて、

皆さんが使うようになり、みんながその良さを共有できるのであれば

企業にとっても、メカルのパフォーマンス向上にとっても、

それをみて使ってみた皆さんもハッピーになると思うんですよね~。

だからプロとしてハンドボールで生活するために、

スポンサーとしてみんながハッピーになることを望む企業を探すわけです。

その企業にとってメカルが媒体として使えるかどうかはまた別の話ですけどね。

結局はメカルにそれだけの価値があるかどうかということです。

来シーズンの契約に関しても、

チームにとってどれくらいの待遇をして、サラリーを払ってでも残って欲しいか、

その価値があるのかどうかという判断ですね。

例えば、メカルが講習会をします。

でもメカルはハンドボールが仕事ですから

1時間当たり10万円かかります。

ということにしましょう。

呼びますか??

まず、誰もメカルにそれだけの価値を見出さないでしょう。

でも、それがサッカーの岡田監督ならどうでしょうか?

もしくは女子バレーの真鍋監督。

実績も十分の監督が来るとなれば、10万円を出す人もいるでしょう。


まぁ、それだけの価値があるかどうかという話ですね。

メカルはプロの指導者でもなければコーチの資格さえない。

まぁ、あのコーチ資格もどうかと思うけど、、、

その話は置いておいて。

メカルが現役のころに生徒一人当たり300円の負担をお願いしますと言ったら、

激怒されて断れ“!!って言われたことがあります。

義理人情の島、沖縄だったからかもしれませんが、

メカルは少なからずショックを受けました。

ただなら来てもいいけど、お金払うならいいや。

って事ですよね。

メカルがきちんと説明しなかったのも悪いのですが、

その300円で牛乳とパンとチーズを買って、トレーニング後の栄養補給も抱き合わせで教えてあげれば、ティーチングモーメントとして最適だと思ったんですよ。

それをサプライズでやろうと思って説明しなかったから却下ですよ。

メカルにネームバリューがあるなら一人300円でも安いって言うかもしれません。

逆に、ポケットマネーからでも出してあげたいと思うかもしれません。

そういうことを想わせるだけの何もなかったということですね。

メカルも一時帰国中の予定とかいろいろと考えてるのですが、

なんか自分の価値がどれだけあるかとかわからないから、怖いですね。

でも、いろんな人と話をする中で、ボランティアで講習会とかするのはやめた方がいいということになりました。

それはなぜかというと、ハンドボールが発展しないからです。

ハンドボールを文化としてとらえた場合、

文化は食事や生活習慣のように生活の一部ですから、

それに対して対価を支払って行くことが求められます。

例えば牛丼に3000円払えないけど、うな重には払います。

たまに贅沢をするとか、おいしいそれなりのものには対価を払っても

それが当然になります。

同じようなことがハンドボールでも言えると思うんですよね~。

学校部活動を中心として発展してきたハンドボールが、

ボランティアの意識が強い教員の世界観の中を抜け出せません。

でも、文化として発展するためにはやって当たり前でしょ?

という認識から、対価は支払います。という認識に変わらないといけないと思います。

例えばさ、フリーライターみたいに自分の書いたものが評価されて収入が発生するとなると、フリーライターはよりいいものを書こうとします。

ハンドボールの指導者も全国で10人、最低賃金を決めてプロのト

Commentsこの記事についたコメント

7件のコメント
  • ninniku no9 より:

    あっちゃん、実家に来なさい!でらうみゃ~ひつまぶしご馳走するだがや。

  • ちいさなおこちゃま より:

    来ていただけるなら300円は安すぎるのでは、
    と思います。正直一人1000円で来ていただける
    のでしたら、大変ありがたいと思うのですが。。。
    監督・コーチにこういった話がありますよ~、
    と紹介したいです。

  • クマ より:

    おばんです☆
    私の微々たる力じゃ銘苅くんにもし、来てもらったとしても、ガッカリさせてしまうんじゃないかと…中○先生くらいの力があったら…。
    確かに…講習会とかおいくら??って思うときもあるけど、子供たちにとってはお金じゃないんですよね♪あの笑顔や必死さを見てたらわかります。そんな大切な時間を作ってあげられる選手方はかけがえのない存在です。羨ましくも思います。一時帰国では銘苅くんのお陰で日本に笑顔の花が咲きますね♪場所決まったら行きたいなぁ♪

  • meka より:

    wakunaga No9さん
    ご実家はうなぎ屋さんなの??
    そんなのメカルが愛知にいるときに誘ってよ~(笑)
    行く行く☆今度教えてね~
    ちいさなおこちゃまさん
    いや、価値のないものには100円でさえ出したくないのが人間ですよ(笑)メカルがどれだけの価値があるのかわかりませんが、300円の価値もなかった時があったというのは事実です。その指導者は好きでも嫌いでもないからいいんですけどね(笑)
    クマさん
    確かに、、、講習会の相場ってわからないですよね?
    メカルもわからないですもん。。。
    でも、ほかにも沢山のかたが講習会とかされてますけど、どんなことをしているのかというのが気になります。
    だってお金を取れる講習会をしているなら見てみたいですもんね~。
    メカルはまだまだお金を取れることができるかどうかわかりません。

  • こりし より:

    メカルさんをメカルさんと知った今は、メカルさんならお金をだしても来ていただきたいです。
    その人がどういう人物でどういう行動をしているのか、または自分との関わりはどうなのかによってお金を払う価値があるかないがかわってくると思います。
    海外で顔晴っていろんな情報発信をしているからこそだと感じます。

  • Muramatsu より:

    あっちゃん
    タイミングもあると思うよ
     
    300円払うって誰かが先に言ったならそれに合わせて動く習慣も沖縄は強いし
     
    逆に力がある人が多数派を抑えて意見を通す場合もあるけど…
     
    あっちゃんに価値があるかどうかは父兄はそんなに考えないと思う。
     
    沖縄は金の価値観も難しいからね
     
    偉そうですまぬ
     
    ただあっちゃんがそのときとった行動、考え方は間違ってないと思うよ
     
    やるべき人がやるべきことをして収入を得るのも
    経費かけるのもすごく必要なことだと思います

  • meka より:

    こりしさん
    そうやってメカルを覚えていてくださるコアな人たちに支えられて生きています(笑)
    海外がどうこうとかメカルにはあまり言えませんが、
    日本にいるとなかなか知ることができないことをこれからも発信素ていけたらなぁと思います。
    Muramatsuさん
    顧問の先生に内容を伝えなかったのも、部費とかで出して欲しくなかったからなんです。
    形式的には自分でお金を出して、ハンドボールをする。
    そのことで時間も大事にするだろうし、モチベーションも上がると思ったので。
    もちろん、お金をもらっているだけ、それに見合うものを還元しないといけないというプレッシャーもありますけどね。

コメントを残す