プロフェッショナルとは。お金を払ってでも何かをお願いしたい人。

 

 プロフェッショナルとは、

お金をもらっているのではなく、

お金を払ってでもその人に頼みたいという人。

 

というのもネットで見ました。

 

あー、そうだな。。。と

一瞬で納得しました。

 

餅は餅屋。

と言われるように、

お金を払ってでもその餅を食べたいというのが、

餅屋としてのプロフェッショナルですよね。

 

ハンドボールをしてお金をもらっているのがプロではなく、

お金を払ってでもその人のプレイを見たいというのが、

プロですよね。

 

お金を払ったのに、子どもたちに見せたくない態度とか、

取り組みだとそれはプロフェッショナルとは言えないですね。

確かにハンドボールをしてお金をもらっているけど。

 

お金を払ってでも、その試合を見に行きたい、

その選手を見に行きたい、と思われる選手、どれくらいいるでしょう。

 

メカルに会うためにここまで来ました。

という人、どれだけいるでしょうね。。。

 

錦糸町にわざわざ集まってくださった方もいるし、

体育館まで来てくださった方もいるし、

お金を払ってでも子どもたちを指導してほしいというところもあります。

 

本当にありがたいことです。

 

メカルがプロじゃないと思ったら、

もう集まらないだろうし、呼んでくれないでしょうね。

お金を払ってでも、積み立てしてでも、

また呼びたい、会いたいと思わせるような、

リピーターを増やさないといけないですし、

一目あっただけで魅了するなにかを磨かないといけません。

 

 

メカル、高いな。。。

と思われるのか、

メカルに会うためにこれだけ準備する価値がある。。。

と思われるのか、どっちでしょうね。

 

本当のプロフェッショナルになるために、

やっぱりしっかりとした姿勢を貫かないといけないなと思いました。

 

お金をもらっているからプロというのではなく、

お金を払ってでもメカルにお願いしたいと言われる

プロフェッショナルの仕事ができるようにしたいと思います。

あと、日本の女子。

健闘しましたがオリンピックには行けませんでした。

しかし、たくさんの方がお金を払ってフランスでの試合を見たことかと思います。

お金を払ってでも試合を見たいと思わせてくれる選手たちはやっぱりプロに近いでしょうね。

1週間後にはプレーオフもあります。

引き続き、代表選手の、日本トップレベルの選手たちの一挙手一投足にご注目くださいね☆

画像はパラチンタというハンガリークレープ。

とりあえず粉と砂糖と卵と水を混ぜて焼いてみた。

これにこの前作った自家製りんごジャムとカッテージチーズを巻いて食べた。

うん、これはこれでいい感じ。

プロじゃないけど、お金出してまで外で食べるほどでもないわな。

という感じです。(笑)
 明日という日もこれまでの続き☆

 

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。