講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

⚪️⚪️の代名詞。こんなこと言われたら嬉しい。すごく嬉しいのに。

 今日さ、ツイッター見てたら、見つけたのね。

  
おい、みきと!!!

ルーズボールに飛び込んで

「メカルアツシみたいだったでしょ」

って、いいやん!!(笑)
1人の選手としてさ、

⚪️⚪️みたいに動けとか、⚪️⚪️みたいになりたいと言われることは、

非常に嬉しいことですね。

選手の意識の中で、⚪️⚪️みたいなプレイをしたいと

思うことも嬉しいですが、

指導者が⚪️⚪️みたいに、、、と言ってくれたらまた嬉しいですね。

明日からルーズボールを取った選手への褒め言葉は

「メカルアツシみたいだね」って
なることを願っています。。。
そして、あと少しでイベント最新号が発売されるのに、

弟からの助言で本屋に走ってイベントを買ったらしい。。。


弟氏、ナイスなグッジョブ。

そして、そのツイートを見て、
イベントを買いに行った友人よーこ氏。

ナイスなトータルモビリティ。

ハンドボーラーとしてトータルモビリティは大事。

そして、ルーズボールに飛び込んだみきと。


  

ルーズボールを真似てみたいと思うところ。

地味だけどだいじなとこ。。。

何かしらを感じてくれただけ感謝ですね。

アジア選手権では、選手みんながボールに飛び込んでいました。

成田も仁も素晴らしいボールセーブをしていました。

そういう部分で何かを感じて、

同じ一点という価値観を共有したいですね。

選手として素直に嬉しい出来事でした。

明日から、ルーズボールを大事にする選手が増えますように。

ルーズボールへの評価が得点と同等の価値あるものになりますように。

選手としてこんなに嬉しいことはないぜよ。

ヤマハ発動機スポーツ振興財団の面接で

「いつか、子どもたちが僕のマネをしてハンドボールする日が夢です」

いったことが、現実になったぜよ。

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。