講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

自分は悪くない、、、という意識

   

 先日の試合。 ラスト5秒で失点したシチュエーション。

試合後に監督やチームメイトに

「お前は何をしてるんだ!!!」

ってめっちゃ言われて、メカルのせいで負けた。

みたいな試合後の雰囲気。

でも、メカルはわからなかったわけ。

なんでメカルが悪いのか。。。

メカルは自分のマークを取った。

結果的にメカルの真下のスペースでやられたけど、

パスを出したバックプレーヤーはメカルのマーク。

5:5の状況でフリースロー。

キーパーがブロックに並んでて、数的不利。

コートプレーヤーが一人少ない状況で、

ノーマークができる計算だけども。

メカルが完全に悪いと思ってなかった。

ビデオ見たら、マークがダブってるわけではなく、

最終的に自分のマークを取って、

メカルは1:1を守ってバックプレーヤーにコンタクトしてる。

はっきり言って、メカルは悪くないわ、絶対。

もちろん、解決方法は他にもあるだろうけど。

って、安心したんだよね〜
ビデオ見て、そう思った。

だけど、それじゃいけないんだよね。

自分さえ良ければ、、、という考えではいけない。

だけど、自分は悪くない、、、という考えでもいけない。

自分は悪くないから関係ないし。

ではチームは成り立ちませんよね。
いじめがあったとして、、、

自分はいじめてないから、悪くない。

自分は悪くない。という一種の安心感とか、

保険的な考えでは集団は維持できません。

いじめられている人を見て、

良くないと思っていても、自分は悪くはない、加害者ではないから。

自分は悪くない、という安心感。

いいこともしないけど悪いこともしない。

極端な例えかもしれませんが。。。

ゴミが落ちているから拾えばいいことだけど、

拾わなくても悪くはない。

自分の責任の下での仕事ではないから。

悪くはない、という安心感に浸るよりも、

建設的に生産的に未来想像的に、

リスクを取ってでもいいことを、

いいと思われることをしていかないといけないなと。

客観的に見て、社会的に見て、自分の良心に問うてみて、

いいと思われることをしなければ。
自分は悪くない、と思っているだけではなく、

どうしたらその状況を守ることができたか、

もしもまた同じような状況になったらどうしようか?

もしもメカルが監督だったらどんな指示をしたか?

そう考えた方がいいですね。
自分は悪くないじゃん。

っていう視点で見たメカルは小さなやつだと思った。

まだまだだな、メカルは。

坂本龍馬みたいな男になりたいぜよ。
でもさ、自分は悪くない、という逃げ道も置いておかないと、

こっちでは言われっぱなしのやられっぱなしで

日本人らしくすべて受け入れていたら

自分が潰れてしまうわ。。。

図太さ、大事。

これ、わかる人にはわかる、、はず。

ということで、自分は悪くないという安心感とともに、

自信を深めることも大事で、

それを上記のように学びとして記憶しないといけません。
それに関連して。

まだ家にネットが通じず。

もう2週間経つんだけど。。。

スタッフに聞いたら、

I hope.

の回答(笑)
ネット会社に依頼してるけど遅いらしい。

きっと、自分は悪くない。

と思ってるな(笑)

こっちではね、そんなことばっかり。

そんな人ばかりではないけど、そんなことばっかり。

(笑)

画像は、パトカーが事故って信号を倒している様子。

警官も人だからさ、事故ることもあるだろうけど。

いや、、、少しは交通整理とかしろよ。。。
明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。