講習会、講演会のお問い合わせは

hlpmekaru@handball-mekaru.com

までご連絡ください。

 

世界最終予選と日本リーグプレーオフ


日本リーグも大詰め。
トヨタ自動車東日本が週末の東北シリーズで連勝し、

3位でプレーオフに進出が決定しましたね。
日本リーグ参入四年目?での初のプレーオフですね。
東日本大震災もあり、

いろんな想いがあったことかと思います。
宮城県の関係者の人に聞くと、

日本リーグチームがあって、

子どもたちの憧れや目標になっているらしい。
日本リーグが地元にある、

日本リーグの試合が地元である、

というのは、ハンドボール活性化には

やっぱり必要不可欠な要素かもしれませんね。
最後のプレーオフ争いは、

大同特殊鋼。

湧永と勝ち点で並ぶ可能性がありますが、

直接対決での得失点差で大同が上回っているため、

大同が4位ということになります。
プレーオフでは負けないという大同の不気味なほどの強さが、

プレーオフでどう発揮するか?楽しみですね。
女子も、プレーオフ進出は最終戦までもつれそうですね。。。

プレーオフは面白くなりそうです。

櫛田監督になって1年目の三重バイオレットアイリスも、

この1年でどんどんとしかけをだして、

新しい風を日本に吹かせています。

写真や動画でのチーム発信。

積極的ですよね。

JHLtvも始まって、

ネット中継で日本リーグの試合を見ることができるようになった

というのも大きな変化ですね。

より良いハンドボールにしていくために、

我々にできることをしていかないといけませんね。

ところで、メカチャンをご覧になりましたかー??

メカチャンはこちらから
石立、田邉の2人に出演をお願いして、

世界最終予選に向けての気持ちも話してもらいました。
まあ、話の半分以上は女性アスリートとはなんぞや、

のはなしだったりしたんですけどね。
女性だけではなく、男子も指導者も

健全な女性アスリートの理解を深めることは大事ですからね。
というわけで、90分ありますが、

ラジオ感覚で御視聴くださればと思います。

女子代表もオリンピックに向けて最後の望みにかけて、

全身全霊で準備していると思います。

ハンドボールをしている我々の、

日本人である我々の、

日本代表ですから、

応援していきたいですね。

石立、田邉の両選手にもご注目くださいね。
明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。