講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

君はオルテガジャパンを知ってるか?選手編第2部。と東京新聞掲載。

今日は皆さん、東京新聞を買いにいってね。

メカルが載ってるのねー。

  

クリスマスの日に、日本選手権を見に行く午前。

愛知県の千種高校に行ったのねー。

その時の写真。

バーターで映るかもしれないと期待した高校生諸君、申し訳ない。。。(笑)

やるのかやらないのか。

イエスが生れた日にノーとは言わせない。

って言ったら、進学校の生徒は誰もわかってくれなかったわ。。。(笑)

さて、今日もいきますよ。

は知ってるかシリーズの選手編第二部。

今日は背番号9-13番ね。

9番

森淳

呼び方 もり

特徴 栄養合宿

今大会は怪我のために途中で帰国することになってしまったが、

大会期間中は選手グループのラインなどに毎回メッセージを送ってくれて、

一緒に戦ってくれた。

膝の怪我が治れば攻守ともに日本を支えてくれると思う。

リハビリとバイキングの食事という栄養合宿を経て、

どれだけパワーアップしたのか日本リーグでは注目したいところ。

  

10番

小室大地

呼び方 こむろちゃん コムラー

特徴 気は優しいが力持ち

攻守ともに身体を張って地味なこともしっかりとこなしてくれた。

第一子が生れてすぐにビデオカメラを買っちゃうパパ。

膝の痛みにも耐えて、アクシデントも乗り越えて、

しっかりとまとめてくれました。

小泉元首相なら絶対に、

痛みに耐えてよく頑張った。というはず。

  

  

12番

木村昌丈

呼び方 サリー

特徴 似ている動物はクマ

先輩を特に先輩と思っていないところがゲームでの勝負強さにつながっている。

試合中は何度もピンチを救った。

特に大きな声を出してメンバーに気を配る部分で助けられた。

動かないでよく観察し、ここぞというときに瞬発力を活かしたキーピングをする。

茨城出身だが、沖縄の話で盛り上がることができる。

似てるモンスターはサリー

  

  

13番

笠原謙哉

呼び方 かさにゃん キャシャーン

特徴 笑撃の巨人

日本で一番のビッグマン。

基本に忠実に、地道ながらもしっかりと身体を作って、動きを作って、

ハンドボールを学習してきた。

ただ、まだ足りない。と本人も自覚しているところ。

あと10キロ増やして今と同じ動きをしてほしい。

手を上げるなど基本的なことをおろそかにしない。

器用なタイプではないが、一発芸などは器用にこなす。

ぜひ日本リーグ会場では「かさにゃん」と呼んでほしいところ。

  

  

そんな感じ(笑)

あと二回で選手紹介も終わります。

しばしお付き合いを☆

明日という日もこれまでの続き☆

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。