【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

アジア選手権、オルテガJapan、終了

time 2016/01/29

 

 アジア選手権3位で終わりました。

このチームが本当に楽しくて好きです。

また明日整理してお伝えします。

取り急ぎ、たくさんの方々の応援に感謝申し上げます。

本当に本当にありがとうございます(≧∇≦)
みんな大好きですよ〜
明日という日もこれまでの続き☆

コメント

  • 幸いにも試合会場で3度日本選手を応援出来た者として、読者の方々と共有出来たらと思い、観客席の舞台裏を書きます。

    韓国戦;日韓それぞれ40-50人程の応援。そりゃそうだ、奄美大島程の小さな島(国)なのでそれぞれの在留邦人も少ないです。
    初戦の日本選手は、覇気がありました。
    ハーフタイムにお手洗い(トイレットペーパーがどこにもない)から戻る途中、白いジャージの高身長イケメンプレーヤーが歩いてくる。韓国?日本選手?と考えていると、すれ違い時に「こんちわー」後ろを振り返るとJAPANの文字が背中に。日本人選手礼儀正しい!

    バーレーン戦;銘苅さんが書いているとおり。日本の応援団以外は、会場全員男。観客が個人で持参したであろうハンドスピーカーで、試合中ずっとアザーン(お経のようなもの)を唱え、それに合わせてハッ、ハッっというような合唱、手拍子を全員でいれる。お国が違えば、応援も違うのねー、と実感。
    ハーフタイムは、廊下で皆さんお祈りをしていらっしゃいました。その他たばこも吸っておられましたので廊下はモクモク。
    私達が女子トイレに入っていると、どやどやどやと男の人も入ってきました。(男子トイレがいっぱいでたぶん待てない)中には、「おっーっと女子トイレだったね、ごめーん」(英語)と言う人もいました。トイレットペーパーはやはりどこにもありません。その替わりおしりシャワーがついているので、地元の方が入った後はフロアが水でぬれている。。。
    試合前、私達が会場に到着した時は、既に会場満杯、外にも人が溢れていましたが、会場警備の方々が、「日本人だよね、VIP入り口から入りなさい」(私個人はVIPではありません)と、あっち、こっちと指示してくれ、中に入ることが出来ました。が、中は勿論いっぱいで動けない。でも私達に気づいた人は隣の人々に、通してあげてと声かけて、日本人陣地へたどりつけました。ハーフタイム後、私が階段に座っていると、「ここに座って」とバーレーン青年が席を譲ってくれました。君が代や日本選手への大きなブーイングもありましたが、個人々のバーレーンの人は良い人が多いです。

    サウジ戦;バーレーンの決勝が次に控えているので、日本対サウジの試合からバーレーン人で満杯。日本陣地の近くに座っているバーレーン人は、パーランク―をかしてと言って、一緒に応援してくれました。日本陣地から離れている所でも”Nipponチャチャチャ”の手拍子に合わせてくれる人々もいました。廊下とトイレは、バーレーン戦と同じ。
    この日の日本選手は、生き生き!水を得た魚のように、コート中を駆け回っていました。応援している私達も充実感いっぱい。ハンドボールはコートと観客が近いですねー。選手の方々も好青年ばかりでスタッフの方々も気さくな方々ばかり(皆さん控えめな方)。えっ、オルテガさんも終了なのですか?引き続きやってほしいですね。このチームを応援出来て良かった!本当に良かった!ありがとう!

    by うちなー家族 €2016年1月30日 3:32 AM

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。