講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

4月 14日以外対応可能。

6月の依頼も来ていますので、

お気軽にお問い合わせください。

継続的にチームを指導できたらと思っています。複数回割を作ろうかと考え中…

アウトカットインに関する考察

今日は午前中からウエイトしてプールで泳いできました。

土曜日の体育館ではオジちゃんずがフットサル大会してました。
ハンガリーは本当にスポーツ好きな人が多いです。

しかもオッちゃんたち朝から更衣室でビール飲んで試合してるわけ。
もう、隣を歩くと酒臭い(笑)

こうやってスポーツを楽しんでいるんだろうなぁと思いました。

スポーツが文化になっているんですね。

今日のテーマはコメントにあったんですが、
アウトカットインですね。

DFが強力な場合、アウトカットインは難しいですよね。
でも、アウトを攻めないとDFも広がらないですし、
守られてしまいますよね。

メカルはフェイントがキレるわけではないのですが、突破しないといけない場面ではフェイントをかけることもあります。

動画にあったアウトカットインはDFがホールディングにくることを予想して
半身かわしています。
メカルはすこ抜きすることはできませんけどね~

メカルが高校の時に熊本国府高校の鎌田先生に教えてもらいました。
目の前に壁があるようなイメージで、その壁を避けるように突破してみよ、と。

DFを削るように行くのではなく、壁があるようなイメージを持って
行くようにしています。

あと、アウトに行く前にインにボールをもらいに行くようにしています。
アウトにいくなら、そのスペースを広くしておきたいので、
一度インにもらいに行くことにしています。

そこで右足でもらうようにしています。
理想はインにボールをもらいに行きながら、
ボールをもらう瞬間に右足でジャンプして、
着地をDFとずれたアウトの位置に、右足でするようにします。
ボールをもらいながら右足でケンケンステップをするということですね。
これは中学のときからずっとそう習ってきました。
酒巻さんも同じことを言っていたので、
東江さんや酒巻さんのハンドボールはそういう感じだと思います。

メカルみたいにフェイントがキレなくても、
一度ボールをもらいに行く時に、
右足でもらえば、DFがインに構えて、固まることがあります。
DFを固めることができ、半身かわせれば突破ができることがあります。

そして、カットイン後のシュートですが、
無理に中に飛び込もうとしないことですね。
昨日の試合もありましたが、アウトに抜いたのに無理に中に飛び込もうとすると
DFとの接触もありますし、シュート体勢が悪くなることがあります。
中に飛べる時には跳べばいいと思いますが、
無理して中に跳ばずに、上に跳べばいいと思います。
チャンピオンズリーグ見てるとそんな気がします。

基本、インに行く時も同じですね☆
逆フェイントをするという、
メカルが中学の時は四角パスでもやっていた当たり前のことですが、
まぁ、どこの世界でも通じることはありますね。

今日の動画もベスプレムとの試合ですが、
これはインにいったもの。

インフェイント

ボールをもらう前にアウトに行って、
ボールを右足でもらう時にはインでかわせているという状況がいいのですが、
今回はボールをもらってからのプレイになっていますね。
だから、警告は取れたけど、シュートまではパワーがなかったです。
まぁ、目の前が208センチなのでしょうがない(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. るぷらatまつ より:

    gk目線かつ経験則にすぎませんが、
    どうであれポストがどうからんでいるかに尽きると私は思います。
    アウトにカットイン前提で仕掛けるてことは、基本ズラシかカットインしかないっす。
    でも、ポストの立ち振る舞い次第でパターンは無限にひろがっているです。
    曲者ポストの存在がバックプレーヤーを生かしてくれて、サイドがそれお補完するような展開がイチバンいやです。
    特に欧州でから、淡白な展開からズゴーント打っていくんが主流だとおもいますが、
    メカルサンニいうまでもなく、なにもしないぽすとじゃはなしにならないすよね。

  2. うめ より:

    ハンドボール経験者にとっては、うんうんって感じでしょうが、未経験者のうめにとっては、何度読んでも頭に入りませんね。経験って、大切ですね(^_-)-☆

  3. meka より:

    るぷらatまつさん
    ポストの役割は大きいですね。
    こちらのポストはやっぱり位置どり勝負で勝てないことには話になりません。
    そのかわり、小さくてもめっちゃ強いポストがいます。
    メカルと同じくらいの身長で体重は100キロ以上あると思います。
    それでいて機動力もあったりするので、位置どりで負けたらなかなか守れません。
    日本の選手でポストとして対抗できる選手は数少ないでしょうね。
    うめさん
    ちんぷんかんぷんでしたか??(笑)
    そんな時もあります
    実際に話をすればわかってもらえるとは思いますけどね~
    まぁ、そんな時は読み逃げが一番です(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。