講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

指導する時に意識していること

今日は昨日のコメントに関して。。。

指導する時に意識していることは何か?ということでした。

メカルはプロの指導者ではないのですが、
頼まれたらどこでも、対象がどの年代でもやってきました。
最近はそういうこともないのですが、日本での話を少し。

メカルが意識していることは
気づき、発見、欲求が生まれることです。
あとはハンドボールを好きになってもらうことですね。

メカルは一つのチームを継続的に見ることはほとんどないので、
指導するとなるとスポットコーチということになります。

スポットとなると、また違うと思うのですが、
非日常ということになります。
また、メカルがこの子達とハンドボールするのはきっと一生に一度です。

だから楽しかった~で終わるような数時間にはしたくないです。

ハンドボールの技術や戦術はもちろんですが、
どこに行っても、ハンドボールから離れても
通じるような考え方を伝えるようにしています。

また、メカルがやるトレーニングはメカルしかできないと思っています。
同じメニューを翌日にやっても同じ空気は作れないと思うのです。
でも、考え方を伝えておけば、誰かが思い出してみんなに喚起してくれるかもしれません。
その何かを一人が一つずつ覚えてくれれば、
毎日、思い出して全員が意識を持ってくれることになります。

後日、選手の取り組みが変わったとか、
元気になったとか聞くと嬉しいですね☆

ハンドボール好きはハンドボールそのものが作ります。
ハンドボール嫌いはハンドボールの指導者が作ります。

ハンドボールを好きになってもらうために、
指導者はハンドボールそのものの楽しさを伝えて行くことです。
その方法論は個性がありますが、
苦しさばかりでは楽しくも感じません。

大切なのは、記憶を残すことです。
記憶というのは、知識と経験ですから、
ハンドボールの知識、人生の知識、
そして、成功体験。もしくはできていないという自覚。
そういう経験が残ればいいかなぁと。

トレーニングの中で、気づき、発見、欲求が生まれる
ようにしています。

こうやって動いたらいいんだ。
そんなこともできるの?
あぁ、自分はこれが出来てないなぁ。
今日は出来なかったけど、明日はこうしてみよう。

と思ってくれたらそれでいいです。
もちろん、楽しくて充実感があって、達成感があるトレーニングを目指しますが。。。

いまは選手なのですが、振り返りでは、
できたこと、できなかったこと、明日は試してみようと思うこと
それを整理するようにしています。

潜在的に意識するところはこんなもんですね。

トレーニングの方法論としては
運動量の確保と、
ストーリー性とテンポのあるトレーニングです。

事前に指導者の先生と話をして、その日のテーマを確認します。
話の中でその日のトレーニングを考えます。
なので、子供達を惹きつけるのができるかどうか、
当たり外れがありますね(笑)

どうなんでしょう??
メカルの指導現場を見たことある方は教えてくださいね。

質問の答えになっているかどうかわかりませんが、
またこのようなコメントがあればお答えしていきたいと思います☆
ダメだしをお待ちしています。。。

今日のワンチャンス
耳に痛い意見にヒントがある。
Open your ears to critical opinions.

ハワード・シュルツ
スターバックスCEO

画像は菊地先生からもらったお米
アメリカ産らしいけど、ハンガリー産より美味しいの☆

シェアする

フォローする

コメント

  1. かば より:

    コメントのお返事ありがとうございます!
    すごく共感する部分が多かったです!
    できた事、できなかった事、次にやる事の整理をすることは人が幸せになる為の生き方だと思います!!
    また色んな事を聞きたいと同時に、直接お話しを聞きたいとも思いました!
    またどこかで会うと思いますが、その時は宜しくお願いします。

  2. あんこ より:

    子供の指導は難しいですよね。自分の子ですら難しいと思いますもん。怒り過ぎるとテンションガタ落ちするし、ヘタするとスイッチ切れるどころかブレーカー自体落ちてしまって、どうにもならない時があります((^^;) そうなるともう目が死んだ魚のようです(-.-)。ダメだこりゃ状態 (笑)です。

  3. クマ より:

    おばんです☆
    人に教えるってただでさえ難しいけど、子供はさらに難しいですね。
    いわゆるスポットコーチがいらした場合、教わって2週間くらいはいいんですけど、また戻る…それは、その2週間にどうやるかなんでしょうね~(*_*)
    忘れるわけじゃないけど、力が抜け出いくって感じかな(^o^;)どうにか力をキープまたはアップするためにまた指導者は常に考えなきゃならないですね。難しいけど、そんな考える毎日たのしいんだろうなぁ…♪

  4. meka より:

    かばさん
    以前、お会いしたことはありますか??
    指導方法についてはなかなか議論をする場がないですので、
    いつかしてみたいですね。
    これからもよろしくお願いします。
    あんこさん
    メカルはまだ自分の子供を育てたことはありませんが、
    どうやって指導していくんでしょうね~。
    親として自分が死んでもたくましく生きていけるような人に育って欲しいです。
    クマさん
    そうだと思います。
    メカルがそうやってスポットでコーチをしてもらっても
    翌日からはまた同じ練習だし、もしトレーニングとして取り入れても
    同じ空気感ではできません。
    でも、考え方なら自分の意識だけで継続できますから、
    その瞬間に何を残すかですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。