にわかふぁん

ラグビーの大躍進を見て、

ラグビーが好きになった。

ラグビーのファンになった。

という人も多いのではないでしょうか???

「にわラグビーファン」

と表現されたりしますが、

時間が経てば、ラグビーからは離れていくのでしょうか??

そんな、「にわか」な人はいらない。

何もわからないくせに。

という人、いるでしょうか??

もちろん、何も知らないままに周りに迷惑をかけるならば、

それは少し困りますが、

ラグビーに興味を持ってくれるのであれば、

それはウェルカムですよね。

そこでさ、

何も知らないくせに、

こっちは人気が出る前からずっとラグビーを応援してるんだから

お前たちとは違うんだ。。。

というファンがいたのなら、、、それはちょっと困りますよね。。

自分だけのものにしたい、自分たちだけの世界にしたい

というファンの人が多いと、それは結果的にラグビーの人気を下げることにつながるかもしれません。

 

ということをハンドボールに置き換えて以下のブログをご一読ください。

「にわかラグビーファンです」という人について

 

おもしろいですよね。

ハンドボールもルールが難しい、、、と思われている。

が、実はシンプルに考えるとそこまで難しくない、と思う。

日本人を魅了する立ち居振る舞い。

ハンドボールはヨーロッパを中心とするスポーツです。

ラグビーも元々日本のスポーツではない。後進国でしょう。

そこに大和魂とか日本人らしさをアピールした日本代表はやっぱり素晴らしいですね。

桜のエンブレムとかユニホームのカラーリングとか、

戦略的に日本らしさをアピールしていますね。

 

多くの日本人が、ラグビーを見て、

共感をしているからだと思います。

その共感が得られる仕掛けというのも大事ですね。

 

さて、ハンドボールの日本代表にそういう姿勢が見られるか、

楽しみですね☆

チャラっぽくなく、日本人として、

凛として美しく精悍な日本人として。

そんな日本代表はやっぱり愛されるというか

注目を集めるのかもしれません。

それがにわかでも三河でも荷川取でも何でも、

ハンドボールの入り口になるのかもしれません。

その入り口に立ってもらうこと、

ウィンドウショッピングとかでも、

そこに入ってみようかなー、と

思わせることが何よりも大事ですよね。

 

そのためには、、、やはり、、、

代表の活動が一番になるのかなー。

オリンピック予選が名古屋で開催することというのは、

チャンスですね。

このチャンス、活かしたいです。

 

画像は車体時代の小さな小さなファン。

ハンドボールが分からなくても、メカルはわかるもんねー。

小さな子でもハンドボールの世界にどんどん引き込んでいきたいですね~。

 

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。