講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月 6,9、13,24,30日

6月 2,3,9,10,17,24,30日その他平日も日帰りできるなら可能です。

すでに7月の依頼もあります。

お問い合わせください。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

トレーニングは工夫と器具を

今日は体育館がイベント事の準備でゴールが使えず

そこで4人3グループに別れてトレーニングをしました。

階段ダッシュや、不安定なクッションを使っての腹筋

ゴムチューブを使ったパスなんかをして10分で交代して、
それを2周するというものでした。

サーキット的な要素があると思いますが、
あまり息も上がらず。。(笑)

でも、ゴムチューブは使えるなぁと思います。

リハビリ用とかではなく、
幅が10センチくらい、厚さが5mmくらいあるやつで、
メカルがどんな引っ張っても切れないです。

全力で走っても切れないほど丈夫なやつを
後ろから引っ張られながらフットワークしたりパスしたりします。

こういうトレーニングってなかなか日本では経験できないから
面白いですよね。

今日はそのあとにTRXもやりました。
ちょうどFacebookでハンガリーのカヌー代表選手が行なっていたものを見たので。

やっぱりTRX、いいよ。
メカルは足首とか膝とか痛いところもあるけど、
それに負担をかけすぎないでトレーニングできるからね~。
やっぱり買って帰るべきだな☆

今日はベスプレムとの試合のDVDをもらったので動画を載せます。

速攻でのシュート

メカルはシュート力ないですが、まぁ、あそこで打てば誰でもシュートを決めることは可能ですね(笑)

基本的に舐められてるんで、下がられるんですが、ドリブルをつかずに打ってたらきっと取られてましたね。

ドリブルも有効活用すれば、悪いことではないので…

キーパーはクロアチア代表のアリロビッチだったので、世界選手権では彼を応援してました(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. やん より:

    いい経験できて、うらやましい^^チューブ、陸上競技で負荷かけるのに使うような感じ??
    あとTRXはハンガリーでけっこうメジャーになってる?日本だとまだまだ使ってるのはかなり一部の人だけど…あれ、ほしい!

  2. うめ より:

    TRXって、スポーツ業界では、ジワジワ人気なんですかね~。お土産確定ですか(^_^)トレーニングの仕方も違うんですね。あと少ししたら、佐賀でハンドボールの試合があります、久々の観戦で楽しみですV(^_^)V試合観戦したら、無性に走りたくなるんですよね。
    うめは、最近ジムをサボり気味だから、がんばらねば( ̄^ ̄)ゞ

  3. こま より:

    ハンドボール好きの芸能人が海外のハンドボールをピックアップする番組があれば良いんですけどねベタですけど
    タイトルは、「ワールドハンドボールダイジェスト」なんてね
    1時間番組で地上波夜中もしくわBS、CSかどっかで。
    ブログと関係ないコメントですいません。

  4. クマ より:

    おばんです☆
    チューブ…つらそう(>_<)つらそうだけど、そうゆうことが、身になるんですよね♪
    つらいことを一生懸命やるかやらないかでは、いざとゆう時に出る力は違うと思います。
    …って…今の時代ダメかな??今は楽しく、かつ身になるトレーニングをするべきなのかな??
    精神論は古い???…って言われても…経験&体験から言えることだから、考えは変えられない(^o^)v

  5. meka より:

    やんさん
    ゴムチューブは陸上とかでも使うようなやつだろうけど、あれよりも強度は強いよ。油断してるとコントロール効かなくなるから。
    TRXはライセンスとかいろいろあるみたいだけど、結構使ってる感じ。
    カヌーの選手とかも使ってるみたいだし☆
    うめさん
    ハンドボールの試合楽しみですね。
    ジムにTRXがあったらぜひやってくださいね。
    自分の体重を使うので、関節には優しいですけどきついですよ(笑)
    こまさん
    それは面白いですね!!
    今の世の中、ネットテレビもあるのでUstreamでメカルと対談しましょうって冗談で言っていました(笑)
    世界を語るにはメカルはまだまだ勉強不足なので、学びます☆
    いつかのそのときのために(笑)
    クマさん
    そうやって自信が経験したことしか教えることができないから、
    昔からの指導は残ってるんですよ。
    でも、いいものはいいで残りますからね。
    でもでも、指導者は常に学ばないといけません。
    これだけは絶対です☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。