メカデミー、開催☆

今日はアウェイでリーグでした。

相手はトップチームが1部でやってるチームの2軍、

U-23で構成されたチームです。

もうね、試合に入る時からおかしかったんだよ。

余裕ぶっこいてるのか、なんなのか知らないけどさ、

明らかに動きがおかしいし。

シュートも全然入らんし。

ノーマークもサイドシュートも。

ディスタンスとかブロックされたり。

相手キーパーが当たってたというのもあるけどね。

メカルは後半から試合に出たけど、

一時は4点差まで離されます。

それでもどうにか残り2分で追いつく。

残り8秒で相手は4人。

そこでシュートをキーパーに取られて引き分けました。

なんか、試合後のロッカーでは緊急ミーティングしてたけど、

なるべくしてなった結果だろって感じなんだよね。

まぁ、しょうがない。

力がないチームが余裕持ってやってたらダメなんだよ。

そこに気づけよって感じです。

さて、そんなことよりも、画像です。

あのですね、以前よりブログでアナウンスしていた

目指せ修造チャレンジ!!

みたいなプライベートキャンプを行います!!

修造チャレンジはテニス協会が主導でやってるタレント発掘育成だと思います。

でも、今回のメカルのはそんなのじゃない。

誰が選んだわけでもなく、自分の意思のみで参加可能。

その名も メカルアカデミー 

略して、メカデミー。(笑)

メカルチャレンジにしようかなーとか思っていたんだけど、

完全パクリだったらダメだなと思って(笑)

内容は画像にもありますが、

場所は三重県鈴鹿市。スポーツの杜 。

1/2 は午後に集合して個人面談とミーティング

1/3は早朝から動き出して、午前午後とハンドボールして夜はミーティング

1/4も早朝から動き出して、午前午後とハンドボールして解散。

公共の施設等を使いますし、

参加料という形で、お金を払って参加してもらうことになります。

対象は小学4年生から一般までの選手。

先着でMAXでも20人です。

指導者としての参加はこの人数には含まれません。

男女もあるかもしれませんが、

基本的にやることは変わらないと思います。

もちろん、配慮はします。

全国から誰が来るかわからないけど、

お金を払ってでも、ハンドボールするぜ!!

っていう人が集まればいいなぁと思います。

ハンドボールでこんなことやるのは普通じゃないと思われるかもしれませんが、

ヨーロッパでは結構やってます。

ナジとかも毎年夏にはプライベートキャンプやってるし、

選手と子どもたちがこんな風に関われる機会もなかなかないので、

いいかなーと思います。

まぁ、メカルとナジなんて比較対象にもならないけども。。。

行く行くはさ、若い選手がどんどんと海外に出てさ、

毎年夏には全国あちこちでプライベートキャンプとか出来たらいいよね。

フランスの杏利とかさ、

チームメイトも一緒にやれば面白いしね〜。

いろんな人と、いつもとは違う人と、

一緒にハンドボールをして、一緒に生活して、

自分を磨きに磨いてほしいと思います。

問い合わせと申し込みはチラシにもありますが、

下記のメールまでお願いします。

hlpmekaru@handball-mekaru.com

申し込みの開始は11月2日、22時。

いつもは朝7時くらいまでにブログを更新する心意気でやってますが、

今日はアウェイで試合だったためそれができず、

いつもの通勤通学の時間に間に合いませんでした。

加えて、社会人の人など会社だし、家に帰ってから考えることもあるでしょうし。

まぁ、ないとは思うけど、すぐに定員いっぱいになって、

ブログ読むのが遅くなってしまい、、、ということがないように。。(笑)

2016年はみんなが正月をしている時に、

ヘッドスタートするんですよ。

どんなことをしようかなとか、

どんな話をしようかなとか考えているんですけど、

めちゃ楽しいね(笑)

ちょっと、あちこちから引っ張ってきて、

ハンドボールではないところから

ハンドボールへのアプローチが出来ればいいなと思います。

保護者の方も同じ宿泊施設に泊まることができるように調整しますが、

部屋割りなどはこちらで決めたいと思います。

もし通いで参加したいという方がいれば、

トレーニングのみの参加を検討しますが、

宿泊等を通してのプログラムを考えているので、

数に余裕があれば、、、とさせてください。

こちらの都合で場所やプログラムが変更することも考えられますが

今のところ、この予定で行きます!!

みなさんに会えることを楽しみにしてるね〜

美和ちゃんに会えることの次ぐらいに楽しみにしてるね〜(笑)

明日も自分史上最高の自分に挑戦しよう☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。