マネーの話。寄付金?協賛金?メリットは??

今日はマネーの話です。

日本政府が子どもの貧困問題に対して寄付を呼び掛けた、らしい。

記事はこちら

 

最近、寄付って流行っていますよね。。。

日本には寄付の文化ってあまりないのですが、

寄付をすることによって税金対策になるらしい。

ふるさと納税とかってそういう仕組みですよね??

 

詳しくは知らないけど、

所得が多くなれば多くなるほどに税金は高くなります。

累進課税制度、ですね。

だけど、所得じゃなければそこに税金はかからない。

 

だから、経費として使えばいいんですよ。

社内でイベントをするとか、

それこそ、クラブチームを持つとかして、

そこに意味を持たせれば、経費になります。

 

経費を上げて、所得を少なくすれば、税金も低くなる。

 

話がそれました。。。(笑)

 

政府が寄付を募る。

ってどういうこと??

日本にいるだけでいろんな税金納めているのにね。

 

ラジオで聞きました。

政府というか、中央の組織は、

より良くしていくためにお金を集めて、それを再分配するのが仕事です。

末端の人が補えない部分を、お金を集めて何らかのメリットとして再分配する。

北欧などは高い税金だけど、高いお金を集めている分、

高い福祉などのサービスがあるから納得されてお金を納めている。

 

だれもさ、なんに使うかわからないお金を出さないですよね。

何に使うかわからないけど、とりあえず足りないから出して。

というのでは、相当な余裕があるとかじゃない限り、なかなか出せないのでは?と思います。

 

最近話題のクラウドファンディング。

あるプロジェクトのために、これくらい必要だから、寄付をしてください。

その代わり、寄付額に応じて何らかのバックをしますよ、というもの。

一応、メカルもアスリートエールってやってるんだよ。

ファン登録してもらったら、メルマガが届く。

ことになってるけど、最近はあんまりメルマガ配信できていないけど。。。

アスリートエール 銘苅淳

アスリートエールは寄付という形ではないのね。

協賛金。

あなたの活動に対して、協賛しますということ。

協賛ということは協賛メリットがある、ということ。

この人にお金を出したら、何かしら返ってくる。

それがグッズとかのものかもしれないし、

活躍して戦績が上がることかもしれない。

それが物質的にも精神的にもメリットがあると感じれば、

協賛しますよね。

 

そもそも政府はそういうやりくりの部分を税金からやらないとダメじゃない??

子どもの貧困問題とか言って寄付を募る前にさ、やることあるんじゃない??

例えばさ、外国人留学生とかにいくら使ってると思う??

日本のことを嫌いだと平気で言う国にいくら使ってると思う?

自国からの渡航費や学費、生活費、もろもろの返さなくてもいいお金、

給付型の奨学金のようなものを外国人留学生に使ってる。

 

日本にはお金がなくて進学を諦めたりする人、どれだけいると思ってるの?

バイトしたりして学費生活費をまかなっている人どれだけいると思ってるの?

そういう部分からあてればいいんじゃない?って思うんだよねー。

 

考え方がイージーなことはわかっています。

だけど、我々からしたらそうじゃないの?

そんな寄付を募る前に、やることあるんじゃないの?

それを集めたところでどうやって問題は解決できるの?

 

いろいろと思うところはあるんですよ。

そのお金が集まったところで解決できる見通しがあるなら、

目標とするものがあるのであれば、

それに協賛しようと思いますけどね。

 

余裕のある人、好きな人、お金ください。

じゃあ、なかなか出さないでしょう。。。

 

現代社会では何をするにしてもお金は大事です。

集めたお金をメリットがある形で再分配するのであれば、

誰もが歓迎して出すでしょう。。。

でも、嫌々ながら出してもね、

いつまでも人の情に訴えて自立しないようであればね、

長くは続かないんじゃないかと思うんですよねー。

 

まぁ、メカルも人との縁で、情に甘えてここまで来ましたが。

その人たちに何かしらのメリットをバックできているでしょうか???

まだだと思います。

今後生きていく中で、

こりもせずにもらって、少しだけお返しして、という

自転車操業的な人生にしていきたいと思います。。。

 

画像は金運が上がりそうな蛇。

 

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

ちらし

メカルアカデミーの参加、

まだ募集しています☆

ご検討中の方はお早めに。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。