講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

ぜひ見てもらいたい:自主性とスパルタ

皆さん、日曜日の朝、いかがお過ごしでしょうか??
今日は見てもらいたいものがあります!!
それは、、、
メカル力作の餃子~。

ブダペストにはアジアンショップがあって餃子の皮も売ってるらしいのですが、
メカルが住んでるツェグレドにはそんなのあるわけなーす。
なので、粉からよっちらよっちら作りました。
ひき肉も1キロ買って、白菜にニンニクに、キノコにいろいろ。
レシピで材料確認したらあとは完全な目分量です
作り始めてから食べ終わるまでに4時間くらいかかった。
超暇人。。。

皮なんてうまく伸ばせないし。
形が上手くいかないから、結局、棒餃子にしてどうにかしました
味はね、もう最高でした☆
また同じものを作れと言われたら無理でしょうけどね
というのは冗談で、ここからが本番です。
お時間に余裕があるであろう日曜日。
この動画をご覧ください。

動画はこちらから。13分程度
メカルもブログのコメントで教えてもらったのですが、
見た瞬間、「あぁ、いいなぁ。」と思いました。
あらすじは福岡の高校ラグビー。
全国でも有名な東福岡と毎年のように県大会の決勝で対戦する筑紫高校。
両校は自主性を重んじる東福岡と、スパルタ式の筑紫という正反対の性格。
もちろん指導者の考え方が一番大きいのでしょうが、
動画を見ていて、どちらも素晴らしい教育だなぁと思いました。
東福岡の先生も昔はガンガンにスパルタだったらしいのですが、
今では、トレーニングの目的を話し合って、選手に任せている部分が大きいみたいです。
対する筑紫は高校からラグビーを始める生徒も少なくない中、
徹底してチームプレイをしたり、チーム作りを意識していると思います。
どちらも指導者のワールドです。
どちらも選手は一生懸命だと思います。
どちらも得るものがあると思います。
どちらもラグビーだと思います。
メカルはどちらが良いとは言えません。
素晴らしいと思ったのは、指導者同士が尊重し合っているところでしょうか?
スタイルが違うけど、お互いを認め合うところが良いです。
ここでメカル個人の意見を少し。
自主性を重んじるメリット
選手が考えて行動する。
選手が自立しやすい。
モチベーションは高い。
自主性を重んじるデメリット
ついていけない選手はついていけない。
我慢が必要なので時間がかかる。
選手に任せると言う指導者の言い訳のもとになる可能性がある。
妥協する可能性がある。
スパルタ式のメリット
選手はやることがはっきりしているので迷いは少ない。
限界まで追い込むことができる。
ある程度の形にはめたほうが時間はかからない。
スパルタ式のデメリット
やらされる練習では選手が考えない可能性がある。
モチベーションが上手くなりたいからではなく、怒られたくないというものになる。
この指導者じゃないとできないということになりうる。
もっとあるのでしょうけど、ざっとこんなもんでしょうか。
どちらもチームを作る上で難しいと思います。
自主性といっても、何も考えない人間が好き勝手なことをするのとでは違います。
記憶と言うのは知識と経験ですから、

その記憶がないと何をしていけばいいのかわからないですし、
選手が気づくまで待つというのは根気が要ります。
それこそ、適切なタイミングで適切な助言をすることをしないと
チームにはなりません。
それが何年も強いというのはやはり伝統なんだと思います。先輩を見て
後輩が学んでいく、または教え伝えられていくんだと思います。
スパルタと言ってもただやらせるのではなく、選手の気持ちを
一つの方向にむけるというのはものすごくエネルギーが必要です。
映像の中でもありますが、筑紫は完全にチームとしての形がありますよね。
指導者の言葉のかけ方や、ロッカールームでの工夫なんかも素晴らしいと思います。
また、できないことができるようになるとか、自分の限界に挑戦するとか、
仲間と一緒に熱くなれるものに没頭するとか、

そういう経験がやっぱり後々活きると思います。
前者は初心者ではしんどいかもしれませんね。
とかいうメカルはハンドボールを始めた当初、
自主性があったかと言うとそうではなかったと思います。
今では東江さんも功子先生も50を過ぎて少しは冗談の一つも言えるようになりましたが、
当時はやっぱり怖かったしね~
でも、やらされてる感じはなかったです。
やらされてるハンドボールを嫌っていますし、いつも考えてやりなさいと言ってました。
メカルの入学と同時に功子先生が赴任して、ハンドボール部を作って、
メカルは中2から始めたけど、ハンドボール経験者0から2年と4カ月で全国大会に出て3位にもなったから今考えたらすごいもんです。
考えてやる余裕はないけど、がむしゃらに取り組んだら、いつの間にかうまくなってた。
それが当時はわからないけど、後々になって整理されて理解される。感じでしょうか?
だからスパルタかと言われればそうかもしれませんが、
自主性が育まれたかと言えばその通りですね。
だから、自主性もスパルタも一概には言えないんですよね。。。
もちろん、スパルタの中に体罰があってはいけないですけど。
でも、東江さんはメカル達が卒業する時に、
「これまで教えたハンドボールはまだ入口にしか立っていない。」

と言っていました。
私のハンドボールがすべてではない、

もっともっといろんなハンドボールがあるという意味だったのだと思います。
そういう点では、やはり柔軟な考え方で、型にぎちぎちにはめたハンドボールではないということですよね。
話を戻して、
この動画がいつのものかわかりませんが、他の動画には
新チームになって84-0で負けたのに、花園をかけた試合では2点差まで詰めていました。
その惨敗の時には、
「負けは俺のせいだからお前らは安心しろ。」

という言葉をかけていました。
そして何ヶ月後の試合では、肉薄する試合になるんですからね~、すごいことだ。
メカルは男女でも指導の方法は違うと思います。
何が良くて何がダメかなんてメカルは言えません。
その人らしさが出ていれば、
その人らしさが受け入れられるならいいんじゃないかと。
結局、方法論は個性ですからね。
先日、後輩には言いましたが、
若いうちはあれこれ考えずにガンガンやればいいんじゃないの?と思います。
大学院で勉強したからって、初任者のうちから
ノープレーノーエラーでは面白くないですからね。
若いうちは突っ走って、ベテランになってからベテランらしい先生になればいいんじゃないかと。
その時に大事なのは上の人間のサポートですね。
いい先輩に巡り合えるといいんですが・・・
長くなりましたが、何が言いたいかというと我々はダイヤモンドだと言うことです。
ダイヤモンドはダイヤモンドでしか研けません。
ということは、
我々は、自分自身で己を磨きあげるか、
同じように硬い意志と輝きを放つ人間に出会い、そこで磨いてもらうしかないということですね。
どこで何を学んでも、自分らしくいる、自分らしく取り組むということですね。
自戒を込めて。。。

皆さんによい出会いが訪れますように~。

シェアする

フォローする

コメント

  1. うめ より:

    あっ、ラグビーの話は番組かニュースでみました。そのときは、さらっとスポーツはいいなぁと流してました。改めて、いまみると指導方針は正反対ですが、どちらもスポーツの素晴らしさや先生と生徒の絆の強さが伝わってきますね。
    数日前に、体育学科や教育現場の話がありましたが…、数年前うめは学校の先生と仕事をしてました。学校の先生は、チームではなく個人である傾向が強い気がしました。だからなのか、時々意見の衝突はありました^_^;先生同士でもなかなか、お互いのテリトリーには、立ち入れないようですね、完全に縦社会ですし。良くも悪くも生徒は、担任や担当の先生の影響を直にうけますもんね。まだ、うめのころは、それでもよかったのでしょうが、今の社会は、複雑すぎて、先生や生徒の家庭環境が絡みあって、正と悪の判断がつきづらいのかも…。自分自身考えが、グルグルしてきました。結果、教育現場で事件がおきたからといっても、そこだけではなく、社会全体で考えないと…。こんなこと、いっていたら、何にも解決できませんね。
    まっ、人生経験が少ないうめがいうのもなんですがね(^^;;
    自衛隊風の銘苅さんもステキですよ~(^_-)-☆

  2. クマ より:

    こんにちは☆
    何日か前の髪カットの件読みました(^o^;)おっかしいなぁ…毎日見てるハズなのにぃ(>_<)
    若く見えるよ♪
    どっちがいいんでしょうねぇ♪私もわかりません↓その学年には合っても、次の学年には合わなかったとかありますよねぇ…先輩→後輩へもかなり重要ですよね。その点私の先輩
    方は本当にありがたかったです♪
    若い時にはガンガン…私もそう思います♪ってゆうか、何歳になってもガンガン…いきたいです(^o^)v

  3. ちいさなおこちゃま より:

    餃子、おいしそうにできてますね!
    ひき肉1キロ、って何個作ったのでしょうか!??
    包んであとは冷凍!?
    スポーツ、部活などの分野だけではなく、家庭でも
    自主性やスパルタを考えることがあります。
    家庭でもコーチングは必要です。上手くできなくて
    もがいてますよ~。。。

  4. こま より:

    早速見てくれましたか。いや~どうもありがとうございます。
    先生も生徒も同じ目線で愛を持って接してくれていると言う事です。桜宮高校のバスケットの顧問は、メディアが悪者に撒くしたてているのでしょうか全く愛を感じなかったですね。
    体罰は、どうしようもないヤンキーに非常識にするものです。
    ざっくりとしたコメントですがこの辺で。

  5. えか より:

    はじめまして、こんにちは!
    私は大学生のスイマーです。
    学部の女子3人中、2人がハンド部なもんだからハンドが大好きになって、大阪から福岡のインカレまで行っちゃうほど大好きです。笑
    メカルさんのブログは、水泳関係の方からポンっととんで見つけましたが、読んで一瞬でファンになりました!笑
    考え方が物凄くしっかりしていて、勉強になります!!!更にハンドボールが好きになりました!
    4月からは教育関係の仕事につくのですが
    自分らしい指導ができたらいいなと思いました。
    はい、がんばります。笑
    メカルさんも美味しい料理に、練習に、頑張って下さい^^

  6. meka より:

    うめさん
    小学校とか見てると思いますが、一年間、担任のワールドで生活すると、
    子供達も担任の色に変わっているんです。
    厳しい先生もいるし、中途半端な先生もいます。
    子供達もそういうコミュニティの中で生きるので。
    教師というのは影響力のある仕事ですね。
    クマさん
    歳をとってもガンガンやればいいと思いますよ。
    だけど、自分が自分がして、あとに残る人財を育てるためには、
    ガンガン行きすぎるのはこれまた危険ですね。
    自分しかいないと思うことも大事ですが、
    思いすぎると結果的に衰退します。
    ちいさなおこちゃまさん
    家庭ではスパルタと自主性と両方を育んでいますよね。
    わからないものはしっかり教える。
    自分でできるように促す。
    やっぱり家庭での教育が基本となりそうです。
    餃子は残ったものは冷凍しました。
    ひき肉は半分余ってるので、これもどうしようかな(笑)
    こまさん
    素晴らしい情報をありがとうございます。
    メカルは感動さえしました。
    いろんな方法論がありますが、その人らしく、
    また子供達はそれを求めて進学してる気もします。
    彼らの次のステージでの活躍が知りたいですね☆
    えかさん
    スイマーが参考になることはありますかね?。(笑)
    メカルに水泳を教えて欲しいくらいです。
    このブログも好き勝手やってるので、
    否定なり肯定なり、何でもいいから、何かを考えるきっかけになればいいなぁと思います。
    教育に関する職につくとのこと。
    未来の宝の子供達をよろしくお願いします。

  7. あかばね より:

    動画、拝見しました。私も、感動しました。
    東福岡と筑紫では、入ってくる生徒のラグビー技術も異なるだろうし、
    ほんと、どちらが良い、とは一概には言えないけど、
    私も凄いなあと思ったのは、どちらの先生も、
    それぞれを尊重しているところでした。
    やっぱり指導者には、いろんな引き出しを持っていてほしいし、
    その中で、これを選択している、という理由を持っていて欲しいです。
    あと、スキルを教える技術は、やっぱりちゃんと持っていてほしいかな。
    仕事でもそうだけど、「自主性に任せるから」と言われても、
    基本を教えてもらわないなかで、自主性と言われても、
    中々難しいところがあります。
    その上で、オリジナリティが乗ることが望ましいし、
    その基本を教えるところで、どのようなコーチングか、
    という話なんだろうな、と思いました。
    今、日本はお昼前です。
    めかるさんのブログは、美味しそうな写真がいっぱいでとてもお腹がすきます。

  8. meka より:

    あかばねさん
    赤羽には美味しいお店がたくさんあるじゃないですか~??
    メカルは桜ダイニングが好きですけど(笑)
    自主性という言葉を盾に、技術、戦術を教えることができない人はたくさんいると思います。
    それこそ、技術は自分で磨くものだ、というような人。
    できないのは話を聞かないあいつが悪いという人。
    そのくせ何のアプローチもしない人。
    天才肌、感覚、わがままでやってきて、それを伝えることができずに、
    俺たちの頃は、、、とかいう人。
    たくさんいますよ。知っていますよ。
    あと、日本のお家芸の女子、大丈夫ですかね??
    国のスタッフがそうなっちゃう??
    という日本という国は、世界から見たらおかしな国です。
    そんなことするのは、差別がある国か、日本か、朝鮮半島の国か、くらいでしょうね。。。
    あと、どんな競技でも、現場とマネジメントをする協会トップは感覚のズレがあるんだと認識しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。