【ハンドボール】思ったところに投げれない時

この前のコメントでシュートが思ったところにいかない。
というものがありました。

その時は、リストを意識したらどうでしょう??
と答えたのですが、それもちょっと違うかなーと。

その時は、自分がリストを使えてなかったからそう答えたのですが、
投げるって、脚だよなぁと思って。
細かいところは極めていけば大事で、こだわりも出てくると思いますが、
中学生や高校生にリストがどうのこうの、というよりは、
もっと大きな部分での修正が必要だろうなと思って。

メカルはパスの時に思ったところに行かない時は、
膝を折るようにしています。
膝を折ることによって体幹を意識することができて、
ボールが安定します。
個人的な感想ですが。。。

脚で投げるんだ!!
とはよく言いましたが、自分も意識しないとできないですね。

では、ジャンプシュートの場合はどうか?
と言われれば、これも脚を意識する時があります。
ジャンプシュートの基本、踏み切り脚の逆はしっかりと引き上げられているのか?
とか、足はどこを向いてジャンプしているか?とか、
左肩はどうなっているのか?とか。

それを意識することによって、体幹を固めることにもつながるかなぁと思います。

細かいところばかり意識すると、
それ以前の大事なポイントが抜ける時があるので。。。

基本と応用を繰り返して、基本に戻ることが必要ですね。
戻るところがあるというのが大事。
やっぱり、基本が大事ということでしょうか。

あっという間に2月だよ~。
明日は試合。
大事な試合。いろんな意味で。
プレイでは迷わずに没頭できますように。
正しい判断ができますように。

2014年も31日連続でいい1日でした☆

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。