講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@yahoo.co.jp

までご連絡ください。

 

【ハンドボール】情熱は指導者の条件。だけど…

ハンドボール、大好き~

って人、たくさんいるじゃないですか?

ハンドボールへの携わり方は様々です。
レフェリーもマネジメントする側の人も、
みんな必要な存在です。

で、やっぱり自分もハンドボール教えたいなぁって人もたくさんいるじゃないですか?

よし、ハンドボール教えたいから、将来は教員になって指導しよう!!

って考える人もきっとたくさんいると思います。

だけど、それって危険だなぁと思うのです。

なぜかと言えば、指導者としてではなく、教員としての時間の方が圧倒的に長いから。
教員としての仕事に魅力を感じずに、
指導したいから、教員が一番手っ取り早いという考えではまずいです。

教員になったとして、
自分が好きな競技の指導ができるとは限らないからです。
赴任したところに部がない場合は、どうする?
新しく創部して一から作り上げることも素晴らしいです。
でも、何も下地がないところで一からやるには相当な苦労ですよ。
実績がある、モチベーションも高い先生が、
モチベーションもない、何も知らない生徒を指導することも考えられます。

また、部活動がない特別支援学校に赴任することも考えられます。
そこでは考えている部活動の指導なんてできないと思います。

そんな時、どうするんですか?

俺はこんなになるはずじゃなかった。
俺はこんなところにいるはずの人間じゃない。
生徒も全然可愛く思えない。

そうして、休職するんですか??
公務員である先生ですよ?
プロの指導者じゃないんですよ?
生徒を選べないですよ??

教員というのは、教員という仕事をしっかりできる人間じゃないと
いけないと思うんですね。
日本ではコーチという仕事はごくわずかに限られていますので、
教員になればその競技に近いところにいるかもしれません。

でも、そんなモチベーションで教員になるのは危険だなぁ。と
最近考えていたんですね。

何より教員という仕事が好きじゃないとダメですよね。
その次に競技を指導することだと思います。

教員も会議や学校行事で部活動の指導を中心に生活することは
非常に難しいことと思います。
しかも、その部が強くなれば学校でのイニシアチブも取れたりするし、
危険度は高まります。
例えば、甲子園に何度も連れて行く先生の授業や、
素行は職場から嫌われていたりする先生もいるみたいです。
全国制覇しても学校での素行が悪くて、
教職員の間では評判の悪い生徒もいます。

教員がおまけで、部活動の指導がメインだと考えるのは危険ですよね。

しかも、以前にも書きましたが、
学校というのは閉鎖的、特異的な空間ですので、
他の先生の指導方法にものを言える雰囲気はあまりありません。

生徒は先生がいうことを黙って聞くので、
勘違いが起きやすいというのもあります。

メカルの恩師たちは、教務主任もすれば担任もする。
全国制覇しても生徒指導での人事で部のない学校に行って、
そこでまたハンドボールを指導したりしています。

学校内での仕事をしっかりしているから、
長期の遠征で抜けるときも周りがサポートして、
結果的に競技の指導をやりやすくしているんだと思います。

そういう人たちを見てるから、余計に思います。

メカルは教員になりたいなぁと思います、最終的には。
何年後になるかはわかりませんが。

なぜならば、メカルは人間が好きだからです。

教員になれなくても、スポーツに関わる理学療法士とか、インストラクターとか、
それができなくても、老人ホームとか、人間と関わる仕事がしたいと小学生の時から思っていました。

ハンガリーで将来的に教員になりたいんだというとビックリされます。
お前はコーチになるんじゃないのか?なった方がいいよ。と。
そう言われるあたり、教員と指導者という仕事がこっちでは別々に考えられていることがわかりますね。

日本という国では、指導者となると教員。というイメージはありますが、
今のままでは危険だなぁと思うのです。

もちろん、ハンドボールを媒体としての教育が望まれます。
それが過ぎると大変なことになりますね。

何が言いたいかわかりにくいと思いますが、
競技指導したいからと言って教員になるのはいろんな意味で迷惑だから、
教員という仕事を理解して納得した上でそれを目指すべきですよね。

だってさ~、部活動の生徒以上にたくさんの生徒に対して授業をするわけだし。
部活の指導だけして他の生徒は「まぁ、いっか。」では困る。

いま、ハンドボール指導者を目指してる人。
その中で教員を目指してる人。
部活動指導ばかりではないですが、
教員という仕事に楽しさを見つけて、その中で
競技の指導をしながらコーチングをしてくださいね。

ちなみに、指導とコーチングは違うのです。

余談ですが、
好きではコーチは務まらないのです。

メカルの少年野球の監督は自身は野球経験はなし。
だけど、仕事終わってから練習にきてくれていました。
野球が好きで、息子がやってたからはまったんでしょうけど、
メカルは

「お前みたいなやつをうどの大木というんだよ。」

と言われたこともあり、好きではありませんでした。
指導者は指導者たる者として勉強し続けないといけませんね。
小学生だけど傷つきました、あの頃は(笑)

ご自分の時間を割いてまで面倒を見てくださることは尊敬します。
が、
情熱は絶対条件だけど、それだけでは非常に危険だということです。

シェアする

フォローする

コメント

  1. ちいさなおこちゃま より:

    銘苅選手に教えてもらう生徒は幸せだろうな~、と
    思います。
    少年野球などはボランティアで監督されている
    名前だけの監督なのかもしれないですね。
    私が子供の頃もポートボールのコーチが町内の
    方にお願いされ、お願いされ断りきれず引き受けて
    いました。なので事あるごとに拗ね、妙な言いがかりで
    とばっちりを今でも受けたことを覚えています。
    先生でも監督でもコーチでも人と接する、子供を
    育てるというのは大変なことで、教育に携わる以上
    しっかり意識を持って臨まなければいけないですね。

  2. クマ より:

    おばんです☆
    確かに…。友達にも何人か教師がいますが、よく愚痴を言っています。うちの父も教師でした。生徒と一番歳が近い先生だったようで、生徒からは人気者だったらしいです。野球部を特別扱いする教師達に『どうして他の生徒と同じ扱いをしないんだ!』的なことを言ったら辞職願を出すように言われ…生徒達が辞めさせるな運動を起こしたらしいですが…結局は転職したらしいです。私が産まれる前の話なのでかれこれ35年前の話ですけどね。対人間ってゆう職業はもちろん喜びもある反面難しさも大有りですね。私はそれがやりがいだと思っていますが♪

  3. こりし より:

    今日の内容はほんとに共感できます。
    息子達の顧問の先生は専門は野球でしたが前任がいたので全くの素人のハンド顧問になりました。自分で強豪校へ出向きハンドを勉強し息子達を県ベスト8へ導いてくれました。そしてハンド部以外の生徒にも公平で良くアドバイスをしてくれました。
    まさに理想の先生でしたがメカルさんと被るところがあるような。
    ちなみにその先生はメカルさんも会ったことがある先生なんです(^^;

  4. meka より:

    ちいさなおこちゃまさん
    メカルに教えてもらう子ども。
    幸せですかね~??
    足の先から髪の先まで幸せいっぱいにして帰してあげたいとは思っていますが。。。
    指導というのは難しいですね。
    メカルもいつも勉強です。
    クマさん
    教員の世界ってそんなんですよ。
    きっと野球部の先生が幅をきかせていたんですね。
    クラスのように仲のいい先生もいれば、関わりもない先生もいます。
    難しい職業だと思います。
    だからチームワークなんだと思いますがね。
    こりしさん
    メカルとあったこともあるんですか??
    それは、お顔を拝見したらわかるかも。。。
    でも、そうやって専門ではない先生方の情熱に支えられているハンドボール界ですよ。
    狭い世界なのでいろいろと苦労はあると思いますが、
    先生にはハンドボールにどっぷりはまって欲しいですね(笑)

  5. こりし より:

    追記です。
    その先生は残念ながら小学に異動されハンドから離れてしまいました。ただ教え子(息子と仲間達)は高校でもハンドを続け、ハンド部以外の卒業生からは今もいろんな相談の手紙が来るそうです。ま、異動のおかげ?で私と先生の関係は先生と生徒の親から単なる飲み友達になったわけですが、親の私が関係を断たせたくない先生でした。
    いつか、メカルさんとその先生と一緒に週一ハンドと飲み会をする。のが私の目標です。

  6. あかばね より:

    ブログを読んで二つ感じたことがありました。
    一つは、「情熱」について。
    なるほどなあ、と思いました。
    確かに、「情熱」のみで、何とかなるものではない。
    そして、「情熱」とか「愛情」って、独りよがりとか、
    一部の人にしか、伝わっていないこともあるのが、
    より難しいな、と思います。
    「あの先生、すごい情熱だよね」って友達にいったら、
    「えー、そうかな」って言われたことあります。
    そりゃあ、生徒も何十人っているんだから、
    いろんな経験や環境、価値観を持っているでしょう。
    「愛のムチ」も、「信頼関係」も、
    時には、一方的なこともあるのかなーと思いました。
    先生の独りよがりの場合も、生徒の独りよがりの場合も。
    ってことすら疑わないのが、「信頼関係」なのでしょうが。
    もう一つは、「教員」と「コーチ」。
    メカルさんのおっしゃるとおり、
    日本では、兼ねている場合が多くあるので、
    確かに、そこで問題が起きることも多いのでしょうね。
    個人的には、「体罰」も、
    私は「コーチ」にはあってはならないと思うけど、
    「教員」では、時にはありうるかもしれないと思います。
    つまり、スポーツで、その競技の技術はもちろん、
    楽しさだったり、魅力を伝えていく「コーチング」の手段として、「体罰」という選択肢はあるべきものではないけど、
    (うまくさせる方法は、他にあるはず)
    「教員」として、「生徒」が「人」としての道を外れていたり、
    学校の生徒としてルールを守らなければ、
    それを分かってもらう必要はあると思います。
    私は、先生でも、コーチでもないので、間違っているかもしれないし、
    「そんな簡単なことじゃない!」かもしれないし、
    メカルさんのブログに、
    こんなに長文コメントで申し訳なく思います。
    ただ、メカルさんブログを読みながら、
    「体罰」で命を自ら絶ってしまった生徒のことを思い出し、
    いろんなことを考えてしまいました。
    メカルさんは、将来、先生になるとのこと!
    今、ハンガリーで、ハングリーな生活をされていることは、
    未来の教え子にとっても、きっと大きな財産になると思います。
    応援しています!
    長文コメント、失礼いたしました。

  7. meka より:

    こりしさん
    素晴らしい先生なんですね☆
    なかなかそういう先生に出会うのもないですから、
    一生恩師と言えるように成長した姿を毎年見せる場があるといいですね~。
    あかばねさん
    長文??
    メカルの文章に比べたら全然なので、これからもよろしくお願いします。
    教員とコーチはまた似て異なりますよね。
    家庭での教育が及ばないところを学校がすると思うのですが、いまは教育に不都合な情報もいろいろあって大変ですよね。親が子供をコントロールできない時代ですから。
    親ができないものを学校の責任にするのはおかしな話です。じゃあ、学校が親権持って保護者かって。
    手に負えない子供にしたのは社会でも学校でもなくて、家庭でしょ?って思います。
    きっと、亡くなった高校生の親も落ち着いたらきついと思います。心のどこかで、誰かのせいにしたいんだろうけど、家庭でその子の異変に気付けなかったのかとか、体罰があると知っててなんで行動しなかったのかとか。
    矢印が自分に向いたとき、お子さんのことを思ったとき、しんどいと思います。すべてを誰かのせいにするのは簡単なんですけどね。
    もしも、そうじゃないとしたらそれは家庭としての働きがなかったということですからね。
    メカルは指導者じゃなくて、教育者になりたいんですよ。ハンドボールの指導もできる教育者。が理想なんですけどね~。
    どうなることか。。。笑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。