講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

12月5,15,18,19,23,24,27,28,29,31日

すでに2月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

ループシュートで外したら怒られることあるけど、判断が違うのか、シュート技術が未熟なのかを見ないとね。

11218995_851867344931761_1097279341490850856_n

ブログで質問があったのですが、
うかしのシュート。

いわゆるループシュートをどうやって打つのか。

ということで考えてみると、よくわからないよねー。(笑)

それこそ感覚的なものが大きいから。

大きく二つのパターンがあるかと思います。

一つは、ボールの勢いを殺して浮かす方法と、

もう一つは、ボールに意図的な回転をつけて頭上を越すシュートです。

どちらも大事なのは、

ボールをコントロールするということです。

みなさんおなじみの、慣性の法則がありますので、

速く走れば走るほどに、ボールにもそのスピードが載っています。

そのスピードをいかにコントロールして打つのか、

ということになるかと思います。

メカルはキーパーが固まった瞬間に浮かせば入ると思っているので、

カットインとかでもよく浮かします。

前に詰める瞬間とかキーピング動作に入ろうとした瞬間などはチャンスですね。

慣性の法則がきいているので、遠目を狙うと枠外にいってしまうことがあります。

なので、浮かすときは近めのポストに投げる感じですね。

あと、ボールに回転をつけて打つ場合は、高度なテクニックが必要です。

これはメカルが打てないのでなんとも言えないのですが、

ボールを巻くようにしてドライブ回転をかけてボールを落とします。

力加減が難しいのですが、いつも言っている通りに、

技術の発達は力が抜けて行く過程において発生しますから、

適切な場所に、適切なタイミングで、適切な力を入れるというのがポイントですね。

ループで外したら怒られることありますよ。

弱いシュート、と取られかねませんからね。
でもそこに、きちんとした意図があって、

日頃からトレーニングしているのであれば、判断としては悪くないかもしれません。

判断が悪いのか、技術が未熟なのかを見極める必要があります。

結果は大事ですよ。
だけど、その本質を見れないのなら結果論でものを言うべきではないですね。

動画を載せておきます。
参考になるかどうかはわかりませんが。

あと、今日のメカチャンは

「おりひめジャパンを応援しよう~ドリカム計画~」

というテーマでお送りします。

時間は21時。

出演者募集。我こそはという方はお待ちしています。

画像はハンガリーでも大活躍のオムロンの血圧計。

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. 県民 より:

    メカルさん、ループシュートうまいですね(笑)

    大事なのは感覚や、判断能力を磨くことなんですね!今日早速やってみます^ ^

    今回のブログもまた参考になりました!ありがとうございました!

     

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。