講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

10月24、31日

すでに1月の依頼もあります。

お気軽にお問い合わせください。

挨拶は世界共通

挨拶は世界共通です。

ハンガリーでは毎日、顔を合わせては握手とかします。

日本だったら、うぃーっすくらいで終わらせますが、
必ず一人一人に握手して回るんですよ。

メカルは少し面倒だと思うのですが、
少し遅れてきて、監督が話してる前を横切ってまでもそうするんだから、
この文化がいかに大事かわかりますね(笑)

そして握手しながら言うわけです。

目を見て、ハローなり、シィアなり。

この時にですねすごく思うのが、
外人、目が青い!!!

もうね、びっくりするくらい青い。

あなたの瞳にはエメラルドグリーンの海があるのですか??

ってくらいに。

もちろん、青じゃなくて茶色の人や黒い人もいますけどね。

まつげも長いし、やっぱり外人だなぁと思うわけです。

でね、こっちの人は目があったりするとウィンクしてくるわけ。

握手しながらウィンクとかされたら、ビビるよ。

しかも、金髪で目が青い外人でしょ??

これは日本の女性がされたらイチコロだな。

メカルでもドキッとするもん。
この人、メカルに気があるんじゃないか??って。

でも、全員がやってる訳よ。
いい年したおっちゃんも(笑)

ってなわけでメカルもウィンク練習しようかな(笑)
でも、日本人がやったら違うんだよね~。

変な人だと軽い人だと思われるよね~

でもメカルはやるぜ!!!
メカルは決めてるんだけど、
子供にはありがとうという時に必ずウィンクしようと思って。

そしたら子供は自分がありがとうという時にウィンクするでしょ??
それを小さい子供がやったら、超可愛くない??
まぁ、メカルの子供は可愛いってもうすでに決まってるんだけど、
それを仕込んだらやばいっしょ!?ってことでメカルもウィンクしようかなと思ったのでした~(笑)

どうでもいいですね☆

今日の本題いきますよ。

この前の試合から映像を
http://www.youtube.com/watch?v=xquQ4l9LL50&sns=em

これは単なるシュートなんですが、
メカルの目の前のDFは推定230センチ前後。
それでも、タイミングとDFを操作すれば頭の上から打てますね。
ヤクルト並みのジャンプはしていますが。
だって、メカルは手を伸ばせば230センチより高いですから。
そして、手首をギュン!!って使えば下まで打てますね。

ポイントは、ボールをもらう前にちょこまかと動いてDFに的を絞らせないことと、
腕を最後まで振り切らないことですね。
イメージとしては逆に投げた後に、手首が戻ってくるくらいです。

振り切ってしまうとDFに手が当たるし、
止めるということでエネルギーをボールに伝えています。

これは特異的な投げ方かもしれませんが、
エネルギーフローを考えて止めるという動作を考えた時に理にかなっていると思います。
無意識のうちに腕を完全に振り切らずに止めてシュートしている選手もたくさんいますね~。
小中学生には少し負担があるかもしれない??
そんなことない?
腕を止めてシュートするというよりは、
振り切らずに、線ではなく、点で爆発的にエネルギーを伝える感じです。

ペク選手なんかはこんなシュートばっかりでしたね。

明日以降も、気が向けば少しはハンドボールのことを書きます☆(笑)

画像はクロアチア代表のアリロビッチに取られた場面ね。
DFかわして流し上に打ったつもりが写真みたら全然流しじゃないし。(笑)
打った時はブラインドだったから流し上にコントロールできてたら入ったかもなぁ。
練習が足りませんね。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. あんこ より:

    そうですね!(笑)
    日本には挨拶でウインクの習慣はないので、面と向ってやられたら自分に気があるのか?と、こんなおばさんでも心ときめく♪わぁ~きっと(爆笑)
    でもメカルさん。日本で合う人全員にやったら、きっと
    <外国であぶないヤツになって帰って来た!>と勘違いされるでしょうから人を選んでやった方がいいよ・・・(笑)

  2. 一生懸命 より:

    初コメントです(^o^)/
    日本は挨拶を比較的してますけど
    他国の方はもっと大事にされてますよね。
    自分も外国にいったことあるので分かるんですけど知り合いじゃなくてもどんどんくるので
    自分はびっくりしました(笑)
    腕全体で打つのはやっぱり
    よくないんでしょうか?
    めかるさんはいつも手首で打ってますか?

  3. shunkoh より:

    銘苅選手のかわいいお子さんはきっと
    おめめもくりくりでウィンクが似合うでしょうね!
    かわいいだろうなぁ~。
    握手することは大切みたいですね。
    子供達とは必ず触れ合うようにして
    います。今は・・・。そのうち触らせて
    もらえなくなりそう(^ ^;)

  4. クマ より:

    おばんです☆
    銘苅くんも会うとき握手しますよね(^o^)???毎回してる感じがしますけど♪
    あ…軽いとは思ってませんので(^-^)v
    手首でギュン!!ね♪分かりやすいd=(^o^)=b
    ブロックの手が上がる前に打ってるんじゃないんですか?

  5. meka より:

    あんこさん
    そうですね、人を選ばないと。。。(笑)
    まずはツインズで試してみましょうかね~??
    どうですか?(笑)
    一生懸命さん
    海外はお店にはいる時も挨拶しますね~。
    今日なんか女子高生らしき人物に挨拶されて微笑み返すくらいしかできなかったけど(笑)
    シュートは腕全体というよりも、体全体で打つべきでしょうが、
    メカルはそこまで器用な選手ではないので、手首に特化しています(笑)
    思いっきり投げればいいというものじゃなくて、キーパーの逆をつくような手首の返は大事だと思ってるので。
    今日は、キューバ人のキーパー相手に7mを打ちましたが、最後に手首を返すシュートは全く反応できていませんでした。最後のオプションとして手首を使えるというのは大きいと思います☆
    shunkohさん
    やっぱりボディタッチは大事ですよ。
    メカルは意図的にハイタッチとかさせますが、それだけでもなんか、非日常だし、安心感とか出てきますし、楽しくなりますからね☆
    握手とかハグとか挨拶としてはすごくいいことだと思います!!
    クマさん
    メカルの稚拙な卒業論文によると、DFの間においたディスタンスシュートのうち、もっとも多いのが頭の上です。次にDFとDFの間。
    すなわっち、DFの手が上がる前に打てるということが大事になってくるわけです。よって、シュートまで時間の短いクイックシュートが大事なわけです。
    だからバックスイングやボールの保持位置が大事になって来るんですよ~。
    これもいつかまとめますね(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。