講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

8月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

目指せトップ


昨日はレフェリーについて書いてしまったじゃんね。

メカルはレフェリーの資格さえありません。

日本リーグや各カテゴリーの全国大会では、
あちこちからレフェリーが集まって大会を運営してくれます。

強化とレフェリングは両輪だという話はご存知の通り。

だけど、レフェリーに聞けば、
試合をスムーズに運営しても褒められないし、
文句を言われてばっかり。。。と。

それが仕事でしょ!!?

とは思えないですよね。
レフェリーのプロじゃないから。

レフェリーは日本トップの試合を吹いたとしても、
手当なんて全然もらえていません。と思います。

ハンドボールは学校現場の先生方に依存することも多く、
学校という世界はやって当たり前みたいな空気がながれてて、
ほぼボランティアで成り立っていると思います。

そんな流れですかね?
だから、日本のスポーツにおいてレフェリーを尊重して、
レフェリーの地位がしっかりと確立されているスポーツは多くないと思います。

メカルが勝手に考えるレフェリーのモチベーションを上げる、
結果として競技力を上げる方法論、いきますよ。

それは、
レフェリーの手当を上げる!!!

当たり前ですね(笑)

一試合、60分、5万円。

どうですか?
みんなやりたくなるでしょ??

もちろん、日本のように年功序列で偉い人、地位が高い人が言うなら。。。

というのは通用しません。

国際レフェリーだろうが何だろうが、重大なミスをした、
試合をスムーズに運営できない。などの理由があれば、
降格してもらいます。もしくは資格停止。

そこには、専門家に加え、選手や現場の意見も反映される。

そしたら、レフェリーもビデオ見て研究するでしょ?
説明責任、果たすでしょ?
走り負けないようにトレーニングするでしょ?
他のペアに負けないように練習するでしょ?
明日が試合なら遠征だとしても体調を整えるでしょ?

それって、選手と一緒でしょ???

選手は生活がかかっていたり、チームの存続がかかっていたり、
日頃の厳しいトレーニングも乗り越えて試合に臨むんですよね。
だから、レフェリーも一緒なモチベーションでいたら、いいんだと思う。

そのためには手当をあげて、降格制度を導入した方がいいと思う。

選手はパフォーマンスがダメなら試合に出れないし、
ベンチアウトしてチームは降格するかもしれないし。

試合前日に顔を真っ赤にして飲んでる姿は選手に見せて欲しくないね、少なくとも。

と、偉そうに書きましたが、
レフェリーのみなさんがやってないというわけではありません。

そういう制度を導入したら、
お互いがモチベーションを保てて、いい環境になるということです。
強化もできるということです。

5万円もらえるなら、メカルは現役引退後、
どこでどんな仕事をしていても、メカルはトップレフェリー目指しますよ!!

ハンドボールに携われて、トップレベルに身を置けるなら。
そしてお金も其れなりにもらえるならもちろんです。
ライバルはいるでしょうが、そこは勝負ですね。

先日の試合でもレフェリーにもいろいろありました。

メカルは絶対にチャージではないと思う速攻での場面。
うちの監督が何をどう言ったかはわかりませんが、
ベンチ警告をもらいました。
なんでチャージか説明して、それでも抗議するなら警告にすればいいのにと思いました。
レフェリーusual
http://www.youtube.com/watch?v=nJdeVa0a-hQ&sns=em

次はメカルのシュートが入ったけど、笛を吹いちゃった場面。
ゴールかどうか確認してから吹いても遅くはないと思うけど、
人間だもの、吹いちゃった。からフリースロー。
その後ベンチに対して自分の非を認めています。

レフェリーgood
http://www.youtube.com/watch?v=fYdsNDLXREE&sns=em

いるんですよね、話も聞かずに自分を押し切る人。
ミスだと自分でもわかっててもそうなっちゃう。
逆に、ミスを認めることがいいことではないけど、
ミスしたならばそれなりの態度をしてくれたら、
じゃあ、次はお願いしますね。となります。場合によっては。

まぁ、結局はレフェリーも人間性ですね(笑)

温泉につかりながらハンドボールのことも書かないといけないと思ったので、
これからはメカルを題材に少しずつ紹介して行きますね~(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. ハンド大好き人間 より:

    5万円ですか!いいですね!ハンドボールを知っている。やっている人はもちろんのこと。ハンドボールをしらない人でも、やりたいですと言ってくると思います。動機こそ不純ですが、ハンドボールを知って貰えるいい機会だと思います。以上のことから総合してメカルさんの意見に賛成です!ただそこにはいろんなことが絡み合ってくるんですよね。そういうことも考えなくてもいいようにしなくては! 

  2. もも より:

    ひさしびりにメカルさんのブログを見させていただきました(*^^*)
    わたしは高校に入ってからハンドとは
    離れてしまったけど、メカルさんのブログを見ていると
    また動きたくなってきちゃいます(/ω\*)笑
    レフェリーの人たちはほんとにすごいと思います。
    大変だけど、活躍している選手のように目立てるわけじゃないし、
    もちろん目立つためにプレーをしているわけじゃないですけど!
    深くはわかんないし、難しいこともわからないけど
    真面目になってくれているレフェリーの皆さんには感謝カンゲキ雨嵐です♡

  3. あんこ より:

    レフェリー報酬やランク付けや降格制度も賛成です。ただそれだけの資金があるのか?が問題ですね(@_@;)
    審判により試合は良くも悪くもなります。ワンプレーで流れも変わります。それがジャッジによってだと何か納得が行かなくて後味が悪いです(`´)どちらのチームにも公平でブレないレフェリングであって欲しいですよねえ!!

  4. もも より:

    あんこさん!!
    審判によって試合は良くも悪くもなるって
    すごい思いました!
    ちゃんとした試合で、わたしたち子供でもわかるようなことが
    審判のひとのジャッジミスで全体の空気が悪くなってしまったことも
    ありました。
    こうゆうのをなくすためにもレフェリーのモチベーションをあげる、
    とゆうメカルさんの考えを改めて理解しました(☆∀☆)

  5. クマ より:

    おばんです☆
    いい制度ですね♪審判も銘苅くんが仰る通り人間ですから間違いもあるでしょう…仕方ないじゃん…と、言いたくなるけど、生活がかかってる選手からしてみたら仕方ないじゃ済まされないですもんね(*_*)
    私はよく最初5分で、審判を見極めろって言われました。(大人になってからですが♪)チャージをガンガンとる、プッシングに厳しい、笛が遅い、すぐイエロー出す(他にもいろいろ)審判がいます。確かにそうとられる行為であれば別ですけど、『えー!?』と思う審判もいますよねf(^_^;確かにミスジャッジなしに試合を運んでくれる審判も多々いますけど、そんなことも含めて…試合なのかとも思います。
    運がなかったとか、あの審判のせいで負けたとか…後から言い訳はいくらでもできるけど、それでも…それでも!!勝たなきゃいけないんですよね♪
    必死にハンドボールをしている子供たちに『あの審判のせいで負けたんだよ』って言えませんもんね(^o^;)
    ミスジャッジをされても、観客の前ではそのジャッジを跳ね返すくらいのプレーを魅せる…それがハンドボール選手に望むことです☆

  6. るぷらatまつ より:

    ベンチ入りする選手・スタッフが各試合だせばオモロイという私見。
    例;一試合ひとり300円×20名×2=12000円÷2=6000円/審判1回
    学生級までならアリな相場。1日3試合吹けばオイシイ。
    会場の利用料払ってないんだから、それを思えば相場としては相応だと思う。
    ちなみに、銘苅さんの言われる5万円は、
    2500円/一人
    JHLで有料入場者一人分。チケット手売りで捻出可能。
    これで最高の演出をしてくれるのであればこんな手法も♪

  7. ☆キャン☆ より:

    私はね、自信を持って審判をしてほしい!!って思う。
    この前嫌だったことは…完璧なダブドリを見逃した後笑ってペアと目配せしたこと。
    失敗は誰でもあるけど、笑うことぢゃない。
    コートでは両チームが一生懸命プレーしてるんだから!!
    あとは…5万円の資金をどう捻出するかだよね!!
    また、リーグのベストレフェリーもリーグ全選手からの投票から選べばいいのに…と感じます!!

  8. クマ より:

    おばんです☆
    いい制度ですね♪審判も銘苅くんが仰る通り人間ですから間違いもあるでしょう…仕方ないじゃん…と、言いたくなるけど、生活がかかってる選手からしてみたら仕方ないじゃ済まされないですもんね(*_*)
    私はよく最初5分で、審判を見極めろって言われました。(大人になってからですが♪)チャージをガンガンとる、プッシングに厳しい、笛が遅い、すぐイエロー出す(他にもいろいろ)審判がいます。確かにそうとられる行為であれば別ですけど、『えー!?』と思う審判もいますよねf(^_^;確かにミスジャッジなしに試合を運んでくれる審判も多々いますけど、そんなことも含めて…試合なのかとも思います。
    運がなかったとか、あの審判のせいで負けたとか…後から言い訳はいくらでもできるけど、それでも…それでも!!勝たなきゃいけないんですよね♪
    必死にハンドボールをしている子供たちに『あの審判のせいで負けたんだよ』って言えませんもんね(^o^;)
    ミスジャッジをされても、観客の前ではそのジャッジを跳ね返すくらいのプレーを魅せる…それがハンドボール選手に望むことです☆

  9. meka より:

    ハンド大好き人間さん
    動機は最初は不純でもいいんですよね(笑)
    続けて行くうちに本質的な楽しさとかわかればいいと思います。
    ただ、ハンドボールの世界は狭いし閉鎖的でもあるので、
    なかなか初心者というか外様は受け入れられないんですよね~。。。
    あんこさん
    長くハンドボールに携わっているあんこさんはいろんな経験をされているでしょうが、こんなメカルもジャッジに不満のあった試合はたくさんあります。
    自分の試合もそうですが、他の試合を見ててもそうです。
    どうにもならないミスは選手にもあるので、しょうがないんですけどね。。。
    ももさん
    レフェリーも不真面目にやってるわけではないですが、
    一生懸命に吹いてくれるとやっぱり嬉しいですよね。
    メカルはハンガリーでも納得の笛ならちゃんとお礼を言います。
    傲慢なレフェリングだけはやめて欲しいですよね。
    感謝感激雨嵐って、嵐の歌???
    るぷらatまつさん
    それは面白いですね(笑)
    選手はお金を払ってるんだからちゃんとやれって思いますよね!!
    あれ、でもこれってお金を払ってるんだからちゃんとやれっていう観客と同じですね(笑)でもお互いがそういう緊張感があればいいと思います。
    お金がないとはいうけれど、それを生み出すことはなかなかアクションとして出てきませんね。
    クマさん
    レフェリングも難しいんですよ。。。
    最初の五分と言うけれど後半では人が変わったかのようなレフェリングもありますからね(笑)警告を使い切るようにするとか、なかなかうまくはいかないですね。でも、吹いてみないとわからないことばっかりなので、メカルも何も言えませんけど。。。(笑)
    キャンさん
    メカルもそれは思います。
    レフェリーとして名前が上がってるけど、誰が選んだの?って。
    選手の中では評判良くないのに、ベストレフェリーなの??って。思います。
    結局は名前ですよね~。ネームバリュー。
    レフェリーには選手から後ろ指さされない言動をして欲しいと思います。
    メカルは観客席で試合を見てる時に、足を前の席の背もたれに置いてるだけでも、このレフェリーは信頼できないと思います

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。