指導しました!!

昨日まで高校生を指導する機会がありました。

筑波でハンドするのはただ強くなるだけでなく、一番は仲間作りと地域貢献。

男女で400人近い高校生を学生全体で指導しました。
メカルはもともと教員となって指導するために筑波を選んだのですがこのような指導の機会を与えてもらえるだけでも幸せなのかも。。

チームによって力も集中力も性格も違っていて、しかも初めて見る選手、チームなので容易ではありません。

本当に指導って難しいんですね。

メカルがトレーニングをするときに一番意識するのはストーリー性。メインテーマをしぼり、アップからフットワーク、シュート練習、メイン練習・・・というようにつながりをもって練習が出来るようにしています。

50人を狭い体育館でさばいたり、100人近くを一斉にトレーニングさせたり。。実際に指導の現場に行くと、これまでのメカルのように恵まれた環境やメンバーでハンドが出来るなんてほうが珍しいのかも。
ほんとに良い機会でした☆☆☆

指導者の先生方からもいろんな情報を知ることが出来たし、考えることも考え方もいろいろでした!!

今回、時間も短く基本的なことしか伝えることが出来なかったのですが、トレーニングの中で選手の中に「気づき・発見・欲求」がうまれたのなら成功だったのかな。。そんな練習が出来るように頑張ったつもりです。。。

しかし、誰に言われたでもいないのにメカルが高校生に「修造」と呼ばれていたのを知ったのは今日になって後輩からでした・・・

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。