講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

4月 14日以外対応可能。

6月の依頼も来ていますので、

お気軽にお問い合わせください。

継続的にチームを指導できたらと思っています。複数回割を作ろうかと考え中…

昨日の番組から・・

昨日の「最後のナイチンゲール」についていろいろと考えたことを書きましたが、改めて感じたことは「教育の大切さ」

戦前の皇民化教育によって沖縄でも方言を禁じられたり、戦闘員として借り出されたりしたことは皆さんご存知だと思いますが、そこには教育が大きな影響を与えていたことは確実です。

メカルも産まれた瞬間から親も、先生も、地域の人間もみんなが「鬼畜米英」だと言っていたらそう信じるだろうし、もしも国のために死ぬことが「美」で、捕虜になるより自決しなさいと言われたらするかも知れない。戦争がいやだと言う人間を非国民だとののしったかも知れないし、自ら進んで兵隊になったかもしれない。。。

実際にテレビで見たことだが、北朝鮮の幼稚園の運動会での話。

運動会と言えばかけっこがありますよね??

その幼稚園でもかけっこの映像があったのですが、バトンが棒です。走った先にはブッシュ、小泉に似せた人形があって子供たちは棒でその人形を何回も叩いて帰ってくるものでした、。

何も知らない子供のころからそのような教育を受けていたのなら、大人になったときに自分の命を捨ててでも日本人を殺す。という人間がそだっても不思議ではありません。。。

昔、日本も韓国なんかを日本化教育したように、自分の思うとおりにしたいなら徹底した教育が必要だし、そこには自由はないし力技で洗脳していくことが近道なのかもしれません。

教育ができていないからおかしな世の中になるし、それを学校とか教師のせいにばかりして親のすべき教育をおろそかにするからいじめ、不登校、性犯罪など近年の教育問題が起こるのだと思う。

将来教育者として生きていきたい自分ですが、今のままではきっとハンドの指導は出来ても、いい教育はできないかも。

過去を知らないものは現在においても盲目であると言う言葉があるように過去をしっかりと見つめてでかい考えで教育できる人間になりたいです。

ドラマとしてはすっきりはしないものの、教育について考えるいい機会になりました。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。