講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

日本の試合

先日行なわれたクウェートとの試合を見ました。

結論から言えば、力負け。。。

メカルみたいな底辺の人間が言ってもしょうがないけど、

クウェートは強かった。

シュートもうまいし、時間の使い方も上手い。

たとえば、こっちが退場して数的不利のとき、

クウェートは1:1をしてフリースローをとり、

時間を使いにくる。

日本は一度もフリースローを得ることなくディスタンスシュートばかりで時間を使えない。得点できない。

レフェリーも5:5。

6:4でクウェートくらいかな。

あからさまなジャッジは無かった??

テレビでの映像でしか見ていないし、近くにいるともっと違うんだろうけど、先生と一緒に見ていても、妥当な笛が多かったかのように思う。

これまでの中東の笛ならなるはずのタイミングでならないし、

韓国はもっとひどいことをされているし。。

何よりもDFが・・・

やられているのが8とか7だとしたら守れない。

シュートも上手いし、バリエーションも豊富。

何よりもショックだったのは、会場の雰囲気。

あれだけブーイングもすればレフェリーだってつまらない。

ホームといえばそうなのかもしれないけど、少なくともテレビで見ている側にとってはあまりいい印象ではなかった。

試合中に注意されるくらいだもんね。

もしこれが、仕組まれたシナリオ通りならば、

あのレフェリーは相当の技術を持っている。。。

だって、現役でやってるメカルも、長年トップを見てきた先生もそう思うんだから、すごい。。

厳しい判定。

あるっちゃあるかも知れないけど・・・

ってジャッジが多い。

日本のレッドカードもらったところは映像を見る限り、

完全にDFシステムが機能してなくて、やられている場面。

遅れてアタックにいって、その手が相手選手の顔に当たっているんだから、意図的ではないにしても退場。

その選手はその前からも結構危ないプレイをしていたし、

レフェリーからも目をつけられていたのかも。

クウェートの選手に対しても明らかに後ろから押したプレイに対してレッドを出したし。

リマニッチもベンチで飛び上がってハンズアップを指示しているけど、選手の反応がいまいち。。

あれだけエキサイトしてる監督を団長が抑えるんだから、監督も精一杯やっていたなぁ。

と、
だらだらと独り言を言いました。。

はっきり言いますが、メカルはナショナルが嫌いなわけではありません。

勝ってオリンピックに行ってほしいです。

メカルみたいな人間がナショナルを評価できないことくらい分かっていますが、、、

メカルにできることを頑張ります。

とりあえず、こっからの試合を勝てるように今日はテレビで応援します。。

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。