【ハンドボール】銘苅淳のおにあくま

おごらず にくまず あせらず くさらず まけるな

すべての子どもたちの夢を叶えることはできないかも。でも言える、夢を持とうって。目指している君はかっこいいって。

time 2015/08/28

 

11954611_847261472059015_1367659359596764972_n

今日は朝起きたらさ、嬉しい連絡があったんですよね。

それがね、画像ですよ。

11201609_847266348725194_1821402242043270260_n

この夏に紋別に行ったときに交流した小学生です。

選手と交流して、

ハンドボール頑張りたい、

コーチになりたい、

大人になっても試合したい、

全日本選手になりたい、と。

そして優しいお金持ちになりたい、と(笑)

 

これっていいですよね。

夏の紋別は、紋別市や協会の多くのサポートがありました。

たくさんのお金を使って、一年かけて準備をされたことと思います。

しかしですね、こういう子がいる、出てきた、ということ自体に

価値がありますよね。

我々としても子どもたちと交流して、

何かしらのものを伝えることができたのかな、、、

嬉しくなりますね☆

小学生の講習会をした翌日、自分の練習もないのに我々のトレーニングを見学に来ていたんです。

二階にいたから、降りてきてもらって、すぐそばのベンチに座って見てもらいました。

 

実際に選手に触って感じること、

選手と話して感じること、

近くで見て感じること、

たくさんありますよね。

その体験をさせてあげるという部分で、

紋別の方々も費用対効果を実感するかもしれません。

 

サッカー協会は

「すべての子どもたちの夢を叶えることはできないかもしれないが、

すべての子どもたちに夢を持ってもらうことはできる」

と言っています。

その通りです。

すべての夢を叶えることはなかなかできないかも、しれません。

だけども、夢をもって進んでもらうことはできます。

その進んでいる子どもたちは輝いています。

それを見守る保護者も嬉しいでしょう。

その目指す力というものが大事なんです。

目指す力を育むのは夢なんですよ。

夢を持つ力を育んでほしいですよね。

見つけてほしいですよね。

 

そしてやっぱり行きつく先は、

トップ選手はその夢をもってもらうこと、

目指す力を育むことを担っているんですよね。

その競技から託されているかもしれません。

 

大金持ちになって、いい車に乗りたい、かもしれません。

あんなにすごいプレイをしたい、かもしれません。

大観衆の前でガッツポーズしたい、かもしれません。

 

子どもたちがそう感じるのであれば、

それは目指す力を育むひとつです

モチベーションですよね。

 

逆に、素行も悪い、ルールも破る、めちゃくちゃ。

という選手を誰も目指さないですよね。

子どもたちの夢にはならないもん。

飲酒運転してつかまったとかになったらさ。。。

 

っていうかさ、小学4年生が50歳までの目標を書いているんですよ。

メカルの20年前の目標なんて全く覚えていません。

この子がいまのメカルと同じ30歳になった時、

どんな感じになっているのでしょうか?

願わくば、一つ一つ、夢を叶え続けてほしいですね。

その夢を安心して目指せる環境、

目指す力を推し進める環境を作りたいものだ。。。

目指したいものがある、そのリトルプッシュをしてあげる。

自分を信じる力を伸ばしてあげる、その信じる力に安心を補強してあげる。

 

この子が書いた50歳までの夢。

メカルも考えてみたぜ。

その名も、

「裏日本協会の50年構想」

これは後日発表するとして、

今週日曜日のメカチャンはこの

「裏日本協会の50年構想」について話をしたいと思います。

あと、関東の秋リーグが始まるので、その様子も話してもらおうかなと思います。

お楽しみに

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

 

 

コメント

コメントを残す

銘苅淳

銘苅淳

ハンドボールプレーヤーの銘苅淳です。 1985年4月3日生まれ。 沖縄県浦添市出身。 [詳細]

スポンサー募集

アマゾン

ハッピーハンドボール第2弾

アメーバブログ

ビーレジェンド


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。