指導者が意識するポイント。生徒に何をどう促すか。上手くなりたいならこのポイントを押さえる。

11880464_846330385485457_7912566856934338154_n

11907172_846330382152124_6502150323577063864_n朝起きたら、こんな連絡が。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。 銘苅元気?

先日、うちの選手が生活態度が悪くて話をしていた時に、

自分の思い通りにプレーがいかないから腐ってたと言っていました。

まぁそういうこともあるのかと、懇々とまだ夢の途中だろ?と言って聞かせていましたが、

ふと疑問に思って、どんな選手になりたいのか?と聞いてみたら、

銘苅になりたいって。

銘苅にはなれんだろ…と心で突っ込んで…

なんでも、銘苅がそこにいるだけで前向きになれるんだって。

だから自分もそうなりたいらしい。 笑

ならば、腐るな! ってことがありました。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えっ。(笑)

この子と関わったのはたった一日。

たった数時間。

メカルが指導はしたけど、一緒にハンドボールした時間なんて微々たるものなんですけど。。。

日本代表の濱口なんて、メカルがハンドボールしているの見たことなかったからね。

若い選手、若い世代の選手は、

メカルが日本リーグにいたことを知らないし、

そもそもあんた誰?って感じで、

この人がどんなプレイをするのかさえもわからないよね。

 

でもさ、この子みたいに、そんな風に感じる人もいるわけでしょ。

逆にさ、メカルがいった一言で

なんだこいつ、嫌い。

と思う人もいるかもしれないし、

ハンドボール嫌いだーと思うかもしれないじゃんね。

あらためて、言葉というか言動には気をつけないといけないと思った。

 

メカルも中高生時代は、、、

いや、大学時代も、

あー、社会人時代も、

そしていまでも、浮いてるかもしれません。

だけど、過去に鑑みていま思うところは、

自分の言動で周りに良くない影響を及ぼすことは避けた方がいい。

 

自分が好きなことをして生きてるわけで、誰かに好かれるために生きてるわけではない。

というのがメカルの基本的な考えですが、

それが周りにどんな影響を及ぼすのか?ということは少しだけ考えるようになりました。

誰かに好かれるために生きているわけではないけど、

誰かに嫌われてもいいと思っているわけではないしね。

誰かに好かれるために生きてるわけじゃないけど、

それが自分のためにしかならないのであれば

それは信念でも何でもなくて、

身勝手我儘自己中生産性皆無ムードブレイカーですからね。

メカルも気をつけよう。。。

 

いつも言いますが、

なりたい自分があるというのは大事なことです。

目指すべきところがしっかりとあって、

そこに向かう意志がある覚悟があるというのが何よりも大事。

でもさ、人間も弱いからさ、

その時その時でいろんな問題もあり、感情もあり、いろんな判断決断をするんですよね。

その判断基準として、

なりたくない自分にはならない、

楽しく正しいと思う方向、

自分だけではなく、どこかの誰かもハッピーになる

というものがあればいいですよね。

 

自分が思うようにプレイできないこと、ありますよ。

そりゃ、イライラもしますよ。

メカルも中高生時代、いや、大学時代、社会人時代も、

30歳になったいまでさえそうですが、

それをどう消化して昇華させていくか?

の切り替えの技術が必要ですね。

思考の切り替えはトレーニングすれば必ずできるはずだ。。。

それは自覚につながります。

自覚というのは自分を客観視できること。

詳しくは以下の記事をご参考に

自覚=字書く=自価格=時化苦。

冒頭のこの中学生に

自覚を持て、

いい影響を波及させよ、

切り替えの技術がどうのこうの

って言ってもダメね。

メカルだったら、

「そんな自分は好きなの?」

って聞いてみる。

さて、どう答えるかな??

メカルは教員ではないからさ、生徒指導も教育相談もしたことない。

できれば、今後のために、現場の先生がどんな声掛けをしてるかお聞きしたいですね。。。

 

恩師の新垣健先生は言っていました。

教育とは良き変化を促すこと。

これはいまでも忘れない。

あとは応急処置して医者に任せる、とも言っていたけど(笑)

指導ってさ、理解させて、納得させて行動させないといけないじゃんね。

その中に、必ず、気づきという部分があると思います。

気づきがあって、自分を顧みた時に、

どちらがいいのか?自分がどちらを選択するのか?

というのが、行動につながって、変化になるんですよね?

ということはですね、

美辞麗句を並べてもダメなんですよ、結局は。

キレイごとを言ってると、理解させて、納得させることはできるかもしれません。

メカルも過去に口が達者だとも思っているであろう指導者に出会って、

正義感あるような美辞麗句を並べているんだけども、

全く心に響かないことがありました。

それは、言葉を武器に、どうにかしてこちらを負かそうとしている。

いや、指導というのは、相手を言い負かすのではなくて、

同じ方向に進む協力をすることであってさ、

正義や正論は大事だけど、それを武器にしてはダメですよ。

 

もちろん、ダメなものはダメで、理由はない。

という部分もありますよ。

人を殺したらダメなんだ。人をだまして自分が利益を得てはダメなんだ。

 

いかにして気づかせてあげられるのか。

そのタイミングは、その方法は?

待つの?いまなの??

難しいですね。

だからこそ、コーチングに絶対的な正解はないですよね。

ビンタ一発が人生を変えるかもしれませんよ。

体罰はしてないけど、「お前なんか役に立たない、帰れよ」

って一言で自尊心がなくなって学校に行けなくなるかもしれませんよ。

 

何が正解かわからないですよ。

お互いの関係性で同じ方向を向くことができたら、

それは正解かはわからないけど、より良い、かもしれません。

気づきがあって、こうしてみたいって欲求が生れて、前向きな行動が出て、

良き変化になるかもしれませんね。

 

さて、みなさんは「自分のこと好きですか?」

「こんな自分は嫌いだ」と思いながら生きている人を見てても楽しくはないですよね。

自分の弱さも何もかも含めて、自分のことを好きにさせてあげたいですよね。

目の前で何か問題を抱えている子には、特に。

 

現場の生徒指導をされている、とりわけ中学校の先生方、

本当に大変だと思います。

そうやって考えると、これまで携わってくださった先生方に感謝でいっぱいですね☆

 

まぁ、いつものことですが、指導者ではない、教員でもない人間の

真面目な戯言ですのでご承知おきください。

 

あと、脚が痛いからって病院行ってきました。

レントゲンもエコーも異常なし。

オーバーユースらしい。。。

最近はそんなこともなかったけど、

夏からの蓄積が出たのかな。。。

でも、休めばどうにかなりそうです。。。

ご心配くださった皆さんどうもありがとうございます。

 

画像はメカルが教育実習生の時の

初めての教え子たちからもらった写真とメッセージ。

当時から、食事とかアップルパイとか言ってたんですよ。

彼らも社会人。

何か残ってるかな、、、メカルの何かが。。。(笑)

 

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

 
ハンドボール

Commentsこの記事についたコメント

5件のコメント
  • takahashi より:

    誰かに好かれるために生きてるわけじゃないけど、誰かに好かれる為に生きて下さい(笑)

    そうすれば家族が出来ますから!(b^ー°)
    そうなればハッピーでしょー?

  • こうじ より:

    銘苅さん

    いつもブログ拝見させていただいてます!高校一年生です。

    バリッチが現役時代よくやっていた、突然ジャンプせずに打つ、サドンシュートと言うのかよく分からないのですが、そういうのがあると思います。伝わりにくくてごめんなさい。

    僕自身、あまり身長もなく(167cmながらチームでセンターをさせていただいてます)あんなプレーは出来ないだろうと思っていたし、日本人があんなプレーしているのもあまり見ないし、体格のあるヨーロッパの選手だから出来るのだろうと自分に言い聞かせながら?やってきたのですが、やっぱりかっこいいし、憧れてしまいます。

    我々にも、あんなことは出来るのでしょうか?

    • mekaru atsushi より:

      体格を一番に考えているという時点ですでに自分の可能性を狭めています。
      もったいないです、そういう考え方は。。。
      必ずできるはずです、できるような準備をすれば、ですが。
      後日、ブログにまとめたいと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。