スポーツの価値はどこにあるか?影響力、インパクトのあるハンドボール界にしよう。

まずは動画をご覧ください☆

どう思いますかー??

これってきっとリーグ戦で公式戦だと思うんですよね、レベルは別として。

それでもさ、こういうことができるって良くない??

この大人な対応。

選手だけではなく、レフェリーも一緒に参加して、

この子の思い出づくりをしている。

スポーツってどんな価値があるんでしょうか?

プレイに価値がありますか?

遊びですよ、元々は。

そのプレイそのものをいくらやっても食べていくことはできません。

そのプレイによって生まれる影響力に価値があるんですよね。

だって、何点とってもそれが直接お金になることはないし、

食べ物が降ってくるわけではないです。

だけど、そこに、チームを勝たせる、ファンが喜ぶという影響力という価値が生まれるから、

その対価としてお金がもらえて、プロとして、職業として生きていけるんですよね。

なぜ影響力が及ぼされるのかと考えると、

共感という部分があるからですよね。

プロ野球ではなく、甲子園にあれだけ盛り上がるというのは、

なぜでしょう。。。

プロの方がすごいプレイもするし、

プレイの質としては甲子園球児よりも上なはずです。

だけど、甲子園の方が盛り上がったりする。

地元の学校が出るということもあります。

高校生らしさ、というひたむきさとか、はつらつさとか、

そういう共感する部分というか影響力に価値があるから人気が出る。

プレイの良し悪しも大事です。

だけど、トップリーグだけではなく、

下部リーグだとしても、

スポーツの影響力が及ぼすものの価値があるからこそ、

人が見てエキサイトするし、そこには対価としてお金を払う、

という行為がうまれるわけですね。

 

だからこそ、スポーツをしている我々はスポーツの価値を高めないといけないのです。

個人としての価値を高めていかないといけないのです。

影響力を大きくしないといけないのです。

職業としてスポーツしている我々だけでないです。

中学生も高校生も、大学生も一般も、そう。

なぜならば、我々はあとからあとから来る者のために

土地を耕して、種をまくんです。

いま、それをしないと、

土地がやせ、作物を取るだけ取って、食べつくしてしまいます。

未来から託されているんですよね、我々は。

実際にハンドボールを始める人は、

ハンドボールをしている人を見て始めると思います。

楽しそうにハンドボールをしている。

ハンドボールをして幸せになっている。

それを見て、ハンドボールを始めるんですよね。

ひたむきに取り組んでいる、

一所懸命にやっている。

そんな姿勢に共感をして応援をして支えてくれて、

それがまた選手の力になるんですよね。

 

高校生の時はよかった。

大人になるにつれて、必死さを忘れる?

必死になることがかっこ悪い?

そんなことないですよね。

「一所懸命がかっこいい」

これは小学生から高齢者までそうあってほしいですもんね。

いい歳して何を必死に。。。

なんて考えの方が、どうかしてるぜ。

高校野球にはそれを求めて、そうじゃなかったら「らしくない」っていうのにね。

ファンキーなおじいになりたいものだ。。。

影響力、この5人に期待しましょう☆(笑)

11921751_843782795740216_3910121694464246276_n

あー、誰かがメカルの隣でうたた寝してたら、

何も言わずにメカルの肩を貸してあげたい。

まずはそこから始めたい。。。

このでっかい肩。多少ごつごつしてるけど、

包容力はあると思うんだよねー(笑)

最近メカルの胸を貸したのは泣きじゃくる中学三年生の男子だけだわ、、、(笑)

 

明日も自分史上、最高の自分に挑戦しよう☆

 

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • takahashi より:

    一生懸命と言うか、たまに一緒に、ちょいちょいってプレイすると、最近の?中学生は『大人気ない』って言うんですけどねー(^^;

    アホー、オッサンなんだから簡単に守れーとか言ってみたり(笑)

    • mekaru atsushi より:

      それも言葉を覚えた中学生らしいですね(笑)
      そんなこと言えないくらいにすっげープレイをすればきっと
      羨望のまなざしになります☆

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。