講習会、講演会のお問い合わせは

mkrats43@gmail.com

までご連絡ください。

講習可能日

5月19、26日

6月の依頼も来ていますので、

夏休み中などもお気軽にお問い合わせください。

ハンガリーのトレーニング

昨日はハンガリーの休日。
みんなバカンスに出かけて、積極的休養をしたみたいです。

しかし、積極的過ぎ??

みんな今日のコンディション悪そうだけど(笑)

今日は午前の練習では30分のランニング、途中階段の昇降をします。

その後、サッカーしてウエイト。

午後はアップしてキーパーしてシュート練習。

シュート練習からポストを使った2:2。

その後、6:6のゲームして終わり。

ハンガリーにきて思うことは、
日本とトレーニングのテンポが違うってことです。

展開が早い。
同じ練習を長々しない。
ストーリー性がある。

メカルが講習会とかやるときに意識してたのは、
ストーリー性とテンポでした。

メインの練習をするためにアップも違います。
段階を追ってやって、最後にドン!!
ってゲームしてみるという感じでした。

まぁ、しゃべりも長いんだけどね(笑)

わかる人はわかる??

ハンガリーではまさにそんな感じ。

アップはサッカーして楽しくやればいいんですが、
キーパー練習でもコートプレーヤーは止まらないように、
コートプレーヤーにも練習になるようなエクササイズをいれてから
キーパー練習します。

こっちに来てから、一回も同じ練習を繰り返したことがないです。

もちろん、反復というのは大事なんですが、
しばらくやると選手も飽きるし、要領を覚えてしまえば、
発展という点では多くは望めないかもしれません。

だけど、毎日違う練習をすれば、新しい課題に毎日取り組むことになりますし飽きて同じプレイを繰り返すこともないですよね。

もちろん、こっちの指導者はプロだから、そうやってトレーニングを考えて、チームを勝たせることが仕事です。

日本のように同じフットワークを同じように声出して、やることはないです。

毎日違う練習。
どうなの??

基本は…と思いますよね。

毎日違う練習をしているから、課題解決能力は高いと思います。

OFの目的は点を取ること。

DFの目的は失点しないこと。

Get the goal or Save the goal

なんですよね。

だったら、いろんな情況でそれを求めて、
やったほうが予想できない試合中に活きると思います。

何度も繰り返して、身体知として身につける日本と
いろんなことをして課題解決、目的達成を目指すハンガリーって感じ??

うまく説明できないけど
ハンガリーは日々変化があるということ~

でも、日本のやり方が悪いわけではなく、
メカルも反復、反復でここまで育ててもらいましたから、
いいことでもあるんですよ。

日本の良さはもっとある!!

それを明日も探したいと思います☆

今日のハンガリーはこんなとこ
道が悪い。ボコボコの道だけど日本の車が活躍してます。

画像は今日の晩ご飯。
メカルはご飯にチーズを乗せるだけで美味しくいただけます☆
そしてご飯のお供にふりかけは天才的な発明!!(笑)

銘苅メソッド~強く投げるためのトレーニング

シェアする

フォローする

コメント

  1. ちいさなおこちゃま より:

    練習の仕方にも国民性が出るのかしら。
    ハンガリーの練習方法の良いところも
    たくさん取り入れていいとこ取りして
    ください(^0^)
    今日も一日頑張りましょ~♪

  2. こうへい父 より:

    メカルさんブログ読んでると!
    「自分で考える」みたいな刺激を受けます(^^)
    ハンガリーの国状に興味持って
    調べてみたりもして(^^)/
    単身、スゴいですね!
    頑張ってください(^_^)v

  3. より:

    ごはんにチーズですか・・・
    私の田舎はご飯にバターと醤油です。
    バターかけご飯のお供は、生卵~
    又はたらこ(明太子)
    主人には、「お一人様の時にやってくれ」といわれます(泣)

  4. うめ より:

    ハンガリーでご飯粒…いいですね。とりあえずは日本から持ち込みですかね。練習の仕方もお国柄(?)があるんですかね~。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。